2018年1月18日

 今年度から、長崎大学病院以外の県内9病院にワークライフバランス推進員が在籍しています。ワークライフバランス推進員は、医師のワークライフバランス実現に関する相談窓口、情報発信、企画などの役割を担っています。
 今回の意見交換会から、長崎みなとメディカルセンター、長崎原爆病院、済生会長崎病院の推進員にも、開催のお知らせと参加のお声かけをしました。開催時間帯が勤務中のためご参加いただくことは難しいですが、県内病院の推進員総勢34名へ議事録を配付し、あじさいプロジェクト活動の周知を図っていきたいと考えます。

【第2回意見交換会】
日時:平成30年1月16日(火)16:30~17:10
場所:長崎大学病院1階 教職員専用ラウンジ タリーズコーヒー奥
出席者:8名

<今年度の取り組み報告>
4月:マタニティパンツの県内全域レンタル・イブニングシッターサービスの継続
   保育サポートシステムを諫早・大村地区への拡大
   利用医師H28:24名→H29:18名(院外4名)
5月:医局長訪問24部署 H29女性医師実態調査(医局所属女性医師394名 育休中23名)
6月:医師の両立支援状況調査・女性医師の勤務状況把握・女性医師ネットワークづくり
   対象は長崎県内149病院と1,355診療所(女性医師の新規把握43名)
7月:医学部3年生キャリア講習会 協力医師:耳鼻木原先生、熱研泉田先生、
   総診依田先生、麻酔岡田先生
   WLB推進員が県内10病院に在籍・あじさいホームページ改修
8月:キャリアアップセミナー 英語プレゼン・統計入門 参加36名(院外5名)
9月:9月・1月:「医学生、研修医等をサポートするための会 ロールモデル探し」
   輝く卒業生インタビュー 荒木貴子先生、髙見裕子先生
10月:佐世保共済病院インタビュー、休職者リストの更新(推進員へ復職者情報確認)
11月:京都府立医科大学 病児保育施設受入見学
    復トレ 薬疹・心肺蘇生・胸部X線 参加28名(院外7名・育休離職中11名)
1月:1/16 第2回WLB推進員 意見交換会
2月:2/2 メディカル・ワークライフバランスセンター運営委員会(第1回はメール会議)

 今年最後の第2回ワークライフバランス推進員意見交換会は、院内の推進員8名に参加いただきました。
 センターの取り組みの中の「医学生・研修医等をサポートするための会」は、担当している学生講義で引き続きフォローしていくこととし、推進員に参加・協力いただいた「ロールモデル探し」のセミナーは次年度未計画であることを報告しました。また、復職&リフレッシュトレーニングでは、ママドクターの意見交換会を同時開催し、有用な情報交換の場となっているため、各診療科の休職中の先生へ参加を促してほしい旨お伝えしました。次年度のキャリアアップセミナーのテーマを企画するにあたり、希望や講師選出等を別途提案いただくようお願いしました。
 また、第1回開催時に討議した院内病児保育の進捗について、成り行きは不明瞭ですが、検討が進められている旨、報告しました。推進員からの要望では、介護サポート、佐世保地区の育児サポート、男性医師のワークライフバランスに対する意識調査、病院管理者の意識改革などについて意見が出ました。
 院内の各診療科・診療部門の推進員の先生方とセンターとの協力体制が構築されてきており、スムーズなサポート体制が可能になっていると感じます。次年度も引き続きよろしくお願いいたします。


2017年12月27日

長崎大学市民公開講座
「多様性の尊重 ダイバーシティと大学の未来」

[日  時] 平成29年12月8日(金)15:00~17:10
[会  場] 長崎大学坂本キャンパス 良順会館2Fボードインホール
[対  象] 一般市民(長崎大学教職員、学生を含む)

[プログラム] 
【開演挨拶】河野 茂 長崎大学 学長
【来賓挨拶】文部科学省 大臣官房審議官 信濃 正範 氏
【基調講演】
「Beyond the Bias and Barriers」
~無意識のバイアス Unconscious Biasを知っていますか?~
 <講 師>
 大坪 久子 氏 元日本大学総合科学研究所 教授(女性研究者支援推進ユニット長)
       日本大学薬学部薬学研究所 上席研究員
【事業報告】
「働き方改革」と「仕事と介護の両立」長大モデル~長崎大学における女性研究者支援~
 伊東 昌子  長崎大学 副学長/ダイバーシティ推進センター長
 井口 茂   長崎大学 医歯薬学総合研究科(保健学専攻)教授
 久芳 さやか 長崎大学 医歯薬学総合研究科 地域包括ケア教育センター 助教
【講  評】 浦里 延明 氏 国立研究開発法人 科学技術振興機構 主任調査員
【閉会挨拶】 福永 博俊 長崎大学理事(総務担当)/副学長(計画評価担当)

<総合司会> 矢野 香 地方創生推進本部キャリア支援センター准教授

【基調講演】
 講師の大坪久子先生は、米国で研究者として生活されていた経験があり、米国の女性研究者支援の歴史、「無意識のバイアス(偏見)※」が及ぼす様々な研究事例を発表されました。誰もが潜在的に持っている無意識のバイアスによる影響を最小限におさえるために、個人として、また大学で働く職員として、どのような「知識」を持ち、どのように「意識を醸成」するべきかを教えてくださいました。
 日本で生活をしていると、人種・宗教・民族・貧富について表立って問題視する環境にあまりなく、主に比較対照が男女で議論されがちです。身近な取り組みとして、採用・人事に関わる業務で、「評価」や「判断」をする際に、無意識のバイアスの働き方を「知る」、また「意識」して、負の影響を最小限におさえるために「各大学(職場)に合った採用・人事のガイドラインを作成しましょう」と発言されました。

※「無意識のバイアス(アンコンシャス・バイアス)」とは、日本語で「無意識の偏見」「無意識の思い込み」と訳される概念、自分自身が気づいていないものの見方や捉え方のゆがみ・偏りを表します。瞬間的かつ無意識的に生じる知的連想プロセスの一種であり、過去の経験や習慣、周囲の環境などから身につくものです。「男性は運転がうまい」「若い人は発想が新鮮」「女性だから出しゃばらないほうがいい」などが典型例。組織運営やマネジメントにおいても、こうした先入観や固定観念が判断にゆがみを与え、適切な意思決定の妨げになりかねないと問題視されています。(日本最大のHRネットワーク『日本の人事部』参照

【事業報告】
 平成27年~32年度 文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)」の中間報告として、ダイバーシティ推進センターの3年間の取り組み発表が行われました。

 報告記事の詳細は、長崎大学ダイバーシティ推進センターのホームページをご覧ください。(作成中)


2017年12月11日

今年度よりレンタルを開始したマタニティパンツ(白色)に加え、今回新たに紺色のマタニティパンツを準備しました。
薄地のマタニティ白衣と同様の「ルコックスポルティフ メディカルウェア」ブランドです。
レンタル料・送料は無料で、クリーニング代のみご負担ください。
詳しくは、コチラをご覧ください。
ご希望の方は、当センターへご連絡ください。


2017年12月7日

佐世保共済病院でのインタビュー記事を追加しました。


2017年11月21日

京都府立医科大学 男女共同参画推進センターと病児保育室「こがもの視察
11月9日~10日、京都府立医科大学を訪問し、女性研究者への支援制度をお尋ねしたり、病児保育室を見学させていただきました。

男女共同参画推進センター>
 京都府立医科大学の男女共同参画推進センターが行っている魅力ある取り組みのひとつに、フューチャー・ステップ研究員(非常勤短時間)の制度があります。平成24年創設され、教員、専攻医もしくは大学院生等で、出産、育児、介護等の事由(以下「育児等」という。)により、正規の勤務時間による職務遂行が困難で、育児等の期間が終了した後も継続的に主として研究業務を行う意欲のある優秀な研究者が、週28時間の短時間勤務で雇用される制度です。
 女性医師の利用がほとんどで、特に大学院卒業後の研究継続のために利用し、科研費獲得が可能となり、その後、教員へのステップアップを達成している方もいるそうです。研究補助員1名も雇用してくれます。大学からこの制度に1,000万円/年の運用資金提供があるとのことでした。

icon_razz.gif日本全国の大学で、男女共同参画に対するいろんな取組が行なわれています。長崎大学・長崎大学病院において、実施していない取組が少なくなるように、頑張っていきたいと思いました。

<病児保育室「こがも」>
 平成23年7月開室し、現在は7年目だそうです。開室後~平成28年度まで、各年度の登録者数(57名→155名)・登録児童(83名→240名)延べ利用児数(260名→653名)と、増え続けています。
icon_eek.gif運営は平成28年度からは内閣府の企業主導型保育事業費補助金で設立した学内保育所の病児保育室加算の利用と利用料収入で黒字運営となっているそうです。

保育対象 :生後6か月~小学校6年生までの病中・病後の子で、京都府立医科大学・京都府立大学の教職員等の子
定   員:5名(傷害保険の関係で、定員厳守)
開室時間帯:月曜~金曜日、午前7時45分~午後5時30分(祝休日・年末年始を除く)
      ※平均利用時間=7.5時間/子1人当たり
登 録 料:子1人当たり 年間1,000円
利用料金 :子1人当たり  1時間  500円(30分以上切り上げ)
 ※京都市の委託運営の施設は日額2,000円。平均利用時間を考慮すると、2,000円より高額。
予   約:平日午前7時~午後5時30分 電話で予約
 ※上記以外の平日午後5時30分以降~午前7時まで、土日祝日はWeb予約で便利。
  キャンセルは午前7時まで、それ以降のキャンセルは一律2,000円徴収。
事前診察 :医療機関を受診し、診察医連絡票を記入、当日持参が原則。事前診察に行けない場合は、要相談で、保護者判断により受け入れ可能。施設内での薬の処方なし、投薬は可能。感染症罹患の場合は、診察医連絡票での許可が必要。
昼   食:持参、離乳食・小児食は院内の給食サービスや生協の出前注文が可能
           敷地内ローソンにて、離乳食セットを購入可能
お や つ:持参、敷地内ローソンにて、購入可能
支   払:給料天引き(利用への補助は無し)
保 育 室:2室
 ※1室はパーテーションで仕切り、2メートル間隔を取り、合計5区画で隔離可能。
受入除外基準:麻疹(はしか)、重症の下痢・嘔吐、重症の咳・喘鳴、流行性角結膜炎、脱水症状、呼吸困難、その他医師により受け入れ不可能と判断された場合
 ※病児保育室では医療行為ができないため、全身状態が悪いお子さんの受入は不可能。
●スタッフ
室 長:森本昌史先生(小児科医・看護学科教授)
副室長:三沢あき子先生(小児科医・併任講師)、森潤先生(小児科医・助教)
回診医:小児科医3名(うち1名は担当助教)
 ※曜日による当番制で担当
保育スタッフ:保育士3名(1人=3.5日/週、45分休憩、社会保障あり)と地域スタッフ(保育士資格保有者6名、時給1,000円)7名が、子どもの人数に合わせて出勤。
 ※スタッフを確保できない場合は、子どもの預かり人数制限あり、平成29年度(4月~10月開室日139日)のお断りは15日19名(1割強)で、その理由は満員(8日)、スタッフ不足(5日)、流行性角結膜炎(2日)。
看護師:常駐なし、要請にて来室あり

 回診医の来室時間は決まっておらず、都合に合わせて来室して診察します。早めに診察してほしい子どもがいる場合は、連絡して早めに来てもらえるそうです。これまで、緊急の事態になり、医師を呼び出したことはないそうです。
 開設から3年間は、システムの構築・運用が大変だったそうですが、現在は最適なシステムになっていると、副室長の三沢先生も、保育士さんも話されていました。

 
↑病児保育室「こがも」は、床暖房完備


↑入口近くの隔離用スペース、床暖房マットあり

<学内保育所「くすのき」>
平成27年(2015年)12月10日開所
保育対象 :2か月~3歳未満児で、京都府立医科大学および京都府立大学の教職員の子
開所時間帯:月曜~土曜日、午前7時30分から午後6時30分(祝日・年末年始を除く)
運営方法 :外部委託
定  員 :定員26名(通常保育10名、一時保育29名)平成29年10月31日現在


1 2 3 4 59