2018年7月4日

第124回日本循環器学会九州地方会
日時:平成30年6月30日(土) 11:00~12:15
会場:かごしま県民交流センター

第124回日本循環器学会九州地方会(鹿児島市)において、日本循環器学会九州支部の主催で、第9回男女共同参画講演「ワークライフシナジーを語ろう!~先輩に聞きたいこと、後輩に伝えたいこと~」があり、コメンテーターとして参加した南副センター長からの報告です。

・座長2名
嘉川亜希子先生 (腎愛会 上山病院)、窪田佳代子先生 (鹿児島大学大学院 心臓血管・高血圧内科)
・講演1名
大郷恵子先生(国立循環器病研究センター 病理部)
・コメンテーター3名
大郷恵子先生、野原夢先生(久留米大学医学部 心臓血管内科部門)、南貴子先生(長崎大学 循環器内科)

<南副センター長所感>
今回は、若い先生が今感じている率直な不安や疑問などをスライド提示で質問があり、実体験をもとに先輩女性医師(コメンテーター)の立場からアドバイスを行う企画でした。

講演もされた大郷先生はお子さん1人、野原先生は2人、南は3人の子育て経験がありました。先輩医師それぞれの自己紹介後に質問タイムとなりました。
若い先生からは、循環器医師としての働き方に関して、サブスペシャリティの選び方や、放射線被ばくの問題などが尋ねられました。結婚・妊娠に関しては、妊娠のタイミングと専門医取得のタイミングなど。そして育児と復職に関しては、短時間勤務の経験(先輩医師3人とも経験あり)、男性の育児・家事への協力に関してなど、具体的な質問に対して、先輩医師が経験をもとにアドバイスしました。

循環器医師として仕事を継続するにあたり、キャリアの進め方、両立の方法は人それぞれで、どんな形も継続可能であるということが、若い先生方に伝わったのではないでしょうか。また、日本循環器学会は、早くから総会・地方会の「学会託児を完備」しており、子どもがいても学会参加ができる、大変すばらしい学会です。


2018年6月27日

【平成30年度 第1回復職&リフレッシュトレーニング 6/25(月)開催しました!】

復職&リフレッシュトレーニングは、育児・介護等で休職・離職中の医師に医療現場との気持ちの距離を縮めてスムーズな復職を促すプログラムです。就労中の方も、知識をリフレッシュしたい方はご参加いただけます。

今回は【めまい~それほど難しくないめまい患者の診方~】をテーマに開催しました。参加者は6名で、うち初参加は2名でした。地域病院から1名、学内から3名、育休中2名でした。

icon_exclaim.gif復職&リフレッシュトレーニングのDVDを貸し出ししています。視聴をご希望の方は、センターまでご連絡ください。


↑講師の耳鼻咽喉科・頭頸部外科 木原 千春先生

 今年度最初の復職トレーニングは、「めまい」のお話しでした。ふらふら・ふわふわ・ぐるぐる…といった症状を訴える患者さんをどのように診察していくかを眼振の動画も供覧して教えていただきました。まず、頻度は少ないが、危険な「中枢性めまい」を疑ったら、MRI検査をすること。ふらつくが、何とか立てるのは、中枢性めまいではないこと。よく耳にする「メニエール病」は、実際には多くないこと。一番頻度が多い「良性発作性頭位めまい症」や、「椎骨脳底動脈循環不全」についても、詳しく教えていただきました。

 

 

<<参加者アンケートより>>
・眼振やBPPVの治療などの動画も多く、とてもわかりやすかった。
・めまいは、初めて見聞する分野だったが、大変勉強になった。
・育休中で、育児・家事中心の生活だが、復職に向けて気持ちの面でもいい機会になった。

 トレーニング後のママドクター意見交換会には、講師の先生を含め6名に参加していただきました。両立の悩みでは、「出産・育児により焦りを感じるが、子どもの年齢と専門医取得時期のベストなタイミングを模索している」「仕事中心にすると子どもに対して申し訳ないと感じるので、バランスの取り方が難しい」「塾は小学何年生から通わせたらよいか」などの意見がでました。子育ての途中で、ゆっくりしたペースで仕事をした経験のある先生からは、「保育園の時期は土曜日も預けられて、楽だった」「高校生になると進学の問題が出てくる」「子育てにお金がかかるので貯金も大事」など、経験に基づくアドバイスが挙がりました。

icon_redface.gif託児室では、育休中の方2名のお子さんをお預かりしました。

復職&リフレッシュトレーニングに関する記事はこちら


2018年6月18日

2018年4月より「長崎医師保育サポートシステム」の運営を、あじさいプロジェクト事務局 長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンターが行っています。
育児支援を必要とする医師と、保育サポーター(子育ての援助ができる方)を、コーディネーターがマッチングを行い、医師の仕事と子育ての両立や就労継続を支援します。

4~5月の新規登録は、医師2名、保育サポーター8名(2014年からの通常月で過去最高の登録数)です。みなさまにポスターやチラシの周知・掲示のご協力をいただき、成果につなげることができました。ご協力、誠にありがとうございます。

<システム登録数> 2018/6/18時点
・医師       45名(うち4~5月利用 15名)
・保育サポーター 120名(うち4~5月活動 20名)

<システムへ4~5月の資料請求(認知経路)>
・医師        4件(メールや大学病院内説明会)
・保育サポーター  14件(自治会掲示板、大学教職員、大学病院外来など)

<4~5月の主な活動内容>
・医師宅やサポーター宅での保育
・習い事・塾⇔医師宅の送迎
・医師がお子さんのお世話をする間の家事
・病気のお子さんの医師宅での保育

icon_razz.gif子育て中の医師のみなさま
仕事と子育てを両立するなかで、困った時は保育サポートシステムを利用してみませんか?
ご質問やご不安なことは、コーディネーターまでご相談ください。
登録をご検討されている方には、資料をお届けしますので、お気軽にお問い合わせください。
資料請求はこちら

icon_lol.gif子育て中の医師家族を支えてくださる保育サポーターさんを幅広く募集しています!
ぜひ、子育て支援の活動に力を貸してくださるようなお知り合い・ご友人・ご近所の方に本システムをご紹介ください。
資料請求はこちら

保育サポートシステムの情報はこちらで随時更新しております。ぜひご覧ください。

<お問い合わせ先>
長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンター
長崎医師保育サポートシステム コーディネーター:有馬
E-MAIL:info01アットマークnagasaki-ajisai.jp
    (「アットマーク」を「@」に換えて下さい)


2018年6月15日

子育て医師のための「長崎医師保育サポートシステム説明会」開催
<日 時>
1回目/平成30年6月6日(水)16:30~17:00
2回目/平成30年6月14日(木)16:30~17:00
<場 所>
長崎大学病院 多目的指導室(中央診療棟2階)
<内 容>
長崎医師保育サポートシステムの概要
申込から支援を受けるまでの流れ
<対 象>
長崎市、西海市、時津町、長与町、諫早市、大村市に居住または働いている医師。勤務医・開業医・研修医など。(対象外の場合は応相談)
※パートナーが主婦・主夫でも可。

長崎大学病院で説明会を2回行いました。長崎市の「ファミリー・サポート・センターながさき」との違いや利用の多い育児支援内容、システムの現状報告などを話しました。保育サポーターの自家用車で事故が起きた場合や保育サポーターへ依頼するタイミング、保育園への保育サポーターの身分証明についてなど、具体的な質問にお答えできるよい機会となりました。さまざまなケースに柔軟に対応していけるように努力していきたいと思います。
 

 

保育サポートシステムの情報はこちらで随時更新しています。ぜひご覧ください。

icon_razz.gif随時、ご質問や資料請求を受け付けていますので、お気軽にご連絡ください。

<お問い合わせ先>
長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンター
長崎医師保育サポートシステム コーディネーター:有馬
E-MAIL:info01アットマークnagasaki-ajisai.jp
    (「アットマーク」を「@」に換えて下さい)


2018年5月31日

【長崎医師保育サポートシステムとは?】
長崎県からの受託事業「あじさいプロジェクト」活動の一環として、2018年4月より「長崎医師保育サポートシステム」の運営をあじさいプロジェクト事務局 長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンター(以下「センター」という。)が行います。2014年4月に設置された「長崎県医師会保育サポートシステム」の運営主体・事務局をセンターに移管します。長崎県医師会は、協働推進団体として連携して活動を行います。

【目的】
医師は診療・教育・研究などを担い、その過重労働が常態化しています。この状況に加えて出産・育児というライフイベントが重なると、医師の業務の継続は困難を極めます。本事業は、県内の子育て中の医師が「仕事と育児の両立」を図れるように、育児支援を必要とする医師と保育サポーターの情報を蓄積し、コーディネーターがそれぞれのニーズに沿った保育サポーターの情報提供・紹介を行うことにより、医師の就労継続を支援することが目的です。迅速かつ細やかに要望に対応するために、センターと長崎県医師会にコーディネーターを配置します。本事業により、子育て中の医師が就労を継続でき、長崎県の医療に貢献できると期待されます。

子育て医師のための「長崎医師保育サポートシステム説明会」開催
<日 時>
1回目/平成30年6月6日(水)16:30~17:00
2回目/平成30年6月14日(木)16:30~17:00
<場 所>
長崎大学病院 多目的指導室(中央診療棟2階)
<内 容>
長崎医師保育サポートシステムの概要
申込から支援を受けるまでの流れ
<対 象>
長崎市、西海市、時津町、長与町、諫早市、大村市に居住または働いている医師。勤務医・開業医・研修医など。
※パートナーが主婦・主夫でも可(対象外の場合は応相談)。
<申 込>
不要

★現在、産・育休中で、復職予定の方も、ご参加お待ちしていますicon_redface.gif

●保育サポートシステムの情報はこちらで随時更新しております。ぜひご覧ください。


1 2 3 4 62