2021年4月6日

icon_redface.gif2021年度がスタートしました。
メディカル・ワークライフバランスセンターが行う主な両立支援策をご紹介します。

新年度からは、保育園や小学校へ入園・入学など、お子さんの生活環境が変わるご家庭も多いと思います。
「仕事も子育ても大切にしたい、充実させたい」とお考えの医師のみなさま、センターにご相談ください。

1.長崎医師保育サポートシステム
 対象:長崎・県央医療圏と、佐世保医療圏の5病院、上五島医療圏の1病院で働く医師
 昨年度の利用医師数は、過去最多。

2.当直リスタート支援
 対象:長崎大学院で働く女性医師
 昨年度は、約8年ぶりに休日の日直を行い、当直再開の足掛かりにされた医師がいます。

3.マタニティ白衣・スクラブ・パンツ貸出
 対象:県内の医療機関で働く医師と長崎大学病院で働く医療に従事する職員
 昨年度の貸出総数と院外への貸出数は、過去最多。

4.イブニングシッター
 対象:長崎大学病院教職員


2021年3月15日

●第1回 運営委員会(メール会議)
日時:2020年7月17日(金)
運営委員:12名

議題
1.運営委員の編成について
2.2020年度事業計画について
3.ワークライフバランス推進員について
4.仕事と介護の両立サポートについて
5.当直リスタート支援について

 中尾一彦委員長が、2020年度の継続事業等について、委員へメール会議で審議を行い、異議なく了承されました。

●第2回 運営委員会(メール会議)
日時:2020年10月14日(水)
運営委員:12名

議題
1.当直リスタート支援 運用開始について

 中尾一彦委員長が、当直リスタート支援の運用開始について、委員へメール会議で審議を行い、異議なく了承されました。

●第3回 運営委員会
日時:2021年3月12日(金)16:30~17:30
場所:長崎大学病院 第一会議室
運営委員出席:12名 欠席:0名

議題
1.2020年度事業実績報告
2.その他

 南副センター長より、引き続き事務取扱は病院長となることを報告しました。
 また、2020年度のメディカル・ワークライフバランスセンターの活動について報告および説明を行いました。
 委員からは、介護の教職員相談会の継続希望や男性の育児休業取得促進のための義務化内容の質問などが挙がりました。

 これからも皆様からのご指導、ご鞭撻をいただきながら、各機関・部署との連携を深めつつ、地道な活動を目指してまいります。
何卒よろしくお願いいたしますicon_razz.gif


2021年3月1日

センターの1年間の取り組みをまとめた、2020年度「あじさいプロジェクト活動報告書」を作成しました。
長崎県内病院をはじめ、長崎大学内や学外関連機関、あじさいプロジェクトの活動にご協力いただいたみなさまへ順次お届けします。

<2020年度 あじさいプロジェクト活動報告書>


長崎大学病院に勤務する男性職員の育児休業取得者コメント集を作成しました。
長崎県内病院をはじめ、長崎大学内や学外関連機関、あじさいプロジェクトの活動にご協力いただいたみなさま、今年医学部を卒業する学生等へ順次お届けします。

<長崎大学病院 男性職員の育児休業取得者コメント集>

 

★「あじさいプロジェクト」の取り組みについて、ご意見・ご要望などお待ちしています。
お問い合わせフォームからお寄せください。

icon_razz.gifWebサイトトップページの「あじさいプロジェクト刊行物/報告書/DVD」のバナーをクリックすると、両立ガイドブックやセンター紹介パンフレット、活動報告書などの資料請求やダウンロードができます。


2021年2月15日

 メディカル・ワークライフバランスセンターでは、2018年度より4か年の計画で、現行システムと並行し、一部取扱が異なる「地域病院における長崎医師保育サポートシステム」事業を進めています。
 本事業では、長崎・県央医療圏以外の地域において、主に子育て中の医師が複数勤務している病院ごとに、センターからシステム導入を推奨・支援します。システムを導入した病院は、協動推進団体として事務協力担当者を選出し、センターと連携して周知活動やコーディネート業務を行います。2020年度は、『職員の両立支援策としてぜひ導入したい』と理事長から直々にご依頼くださる病院もありました。

<導入病院>

2018年度:佐世保共済病院
2019年度:長崎県上五島病院、佐世保中央病院
2020年度:千住病院、長崎労災病院、佐世保市総合医療センター

<活動実績> 2018~2020年度

導入病院 申込医師 利用医師 保育サポーター 活動保育サポーター
佐世保医療圏 3名 2名 11名 1名
上五島医療圏 1名 0名 0名 0名

                          2021/2/12現在


佐世保市、新上五島町で活動できる保育サポーターを募集しています。
お問い合わせや資料請求は、コチラからお申し込みください。

icon_redface.gifあじさいプロジェクト活動の一環である「長崎医師保育サポートシステム」が、医師の仕事と生活の両立を実現するための支援となるように尽力します。温かい支援の輪が広がりますよう、みなさまのご協力をよろしくお願いします。


「長崎医師保育サポートシステム」は、育児支援を必要とする医師と保育サポーター(子育ての援助ができる方)を、コーディネーターがマッチングを行うことで、医師の仕事と子育ての両立や就労継続を支援します。

★「長崎医師保育サポートシステム通信2020年度号」を発行しました!
広報活動の一環として、また医師と保育サポーターのみなさまへの情報発信として作成しました。システムの活動報告や、利用医師と活動保育サポーターからのメッセージ、活動後に提出する「保育サポーター活動報告書」が3枚複写に変更になる点などをご紹介しています。
<長崎医師保育サポートシステム通信>

icon_razz.gif子育て中の医師のみなさま
「仕事も子育ても大切にしたい、充実させたい」と考える医師のみなさま、
「長崎医師保育サポートシステム」を利用してみませんか?
「登録を迷っている方」「システムについて詳しく知りたい方」は、コーディネーターまでご相談ください。
<医師向けチラシ>

icon_surprised.gif子育て中の医師を応援してくださる保育サポーターさんを大募集しています!
諫早市・大村市・佐世保市で活動できる方も募集中です。
ぜひ、子育て支援の活動に力を貸してくださるお知り合いの方に、本システムをご紹介ください。
<保育サポーター募集チラシ>

お問い合わせや資料請求は、お気軽にコチラからお申し込みください。

icon_exclaim.gif長崎医師保育サポートシステムの詳細はコチラ 活動情報はコチラ

※お問い合わせ先
長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンター
長崎医師保育サポートシステム コーディネーター:有馬
E-MAIL:info01アットマークnagasaki-ajisai.jp
    (「アットマーク」を「@」に換えて下さい)


1 2 3 4 76