2019年7月18日

【2019年度 第1回復職&リフレッシュトレーニング 7/16(火)行いました!】

復職&リフレッシュトレーニングは、育児・介護等で休職・離職中の医師に医療現場との気持ちの距離を縮めてスムーズな復職を促すプログラムです。就労中の方も、知識をリフレッシュしたい方はご参加いただけます。

今回は【胸部CTの活用法~呼吸器内科医の視点から~】をテーマに開催しました。参加者は6名で、うち初参加は4名でした。院内1名、県内病院2名、育休中1名、離職中2名でした。

icon_exclaim.gif復職&リフレッシュトレーニングのDVDを貸し出ししています。視聴をご希望の方は、センターまでご連絡ください。


↑講師の呼吸器内科 石本 裕士先生

 今回は、呼吸器内科医の視点から胸部CTを見るポイントを教えていただきました。見逃せない大事な疾患の単純エックス線とCTでの特徴、病態を理解したうえでの画像の見方などを、たくさんの画像を提示していただきながら、わかりやすく説明していただきました。「明日からのCT画像の見方が変わる!」 と思える有意義な内容でした。

 

  

<参加者の声>
・解剖や病態などを考えながらCTを見ることで、理解が深まることが良くわかりました。
・とても聞きやすく、わかりやすかったです。


トレーニング後の「パパ・ママドクター意見交換会」は、講師の石本先生と5名の参加がありました。参加者同士で、育休中の先生には復職時のアドバイス、離職中の先生には情報収集のアドバイスなどがありました。石本先生からは、以前一緒に働いていた時間制約のあるママドクターの働きぶりについて、感謝していたとの感想をいただき、これから復職するママドクターを励ましてくださいました。今回は、パパ&ママドクターはじめ、いろんな立場の方にご参加いただき、短い時間でしたが濃密な意見交換会になりました。センターからは、子育てに関しては「人に頼る力」も大切で、「長崎医師保育サポートシステム」の利用をお勧めしました。

icon_redface.gif託児室では、育休中の医師のお子さん1名をお預かりしました。第1子を初めて預けるため、ママドクターも緊張されたそうですが、サポーターさんから託児中の過ごし方を聞いて、安心した様子で笑顔で帰って行かれました。初めてのお子さんの場合、託児に慣れる練習にもなりますので、復職前にこのような機会をお試しください。

↑託児風景

icon_exclaim.gif復職&リフレッシュトレーニングに関する記事はこちら


2019年6月19日

2019年度 保育サポートシステム 保育サポーター説明会・研修会

日時:2019年6月13日(木)13:30~16:00
場所:長崎大学病院 第一会議室 中央診療棟2階
参加:25名(保育サポーター登録検討中20名、登録済5名)
 
プログラム(講師:敬称略)
<説明会>
南 貴子  長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンター 副センター長
瀬戸 牧子 長崎県医師会 常任理事
<研修会>
樺山 智子 日本赤十字社長崎県支部 参事
      すくすく支援セミナー~赤十字幼児安全法~

<有馬コーディネーターからの報告>

icon_razz.gif●保育サポーター説明会

 南貴子副センター長より、子育て中の医師の就労継続がシステムの目的であり、育児支援の具体的な活動内容や2019年度の活動状況、長崎市ファミリーサポートとの違い、保育サポーター登録までの流れなど概要を説明しました。
 また、システムの協働推進団体である長崎県医師会の瀬戸牧子常任理事は、「核家族化が進み、育児を手伝ってくれる人が身近に少なくなっている。保育サポーターさんは家族と同じような頼りになる存在。皆さんのサポートを得て、子育て中の医師も働き続けることができ、長崎の医療に貢献することができる。あなたの活動が長崎の医療を元気にします!」と話し、参加者へ保育サポーターへの登録を呼びかけました。

↑長崎県医師会 瀬戸牧子常任理事

 icon_lol.gif●保育サポーター研修会
 日本赤十字社長崎県支部の樺山智子氏をお迎えし、子どもの事故の予防や対処方法を「赤十字幼児安全法」に基づき、実践を交えて教えていただきました。

【研修会で学んだ主な内容】
1.年齢別の子どもの行動・体の特徴と、発生しやすい事故の種類
2.誤飲・誤嚥の対処方法や誤飲チェッカーの紹介
3.ケガの手当の基本(止血・苦痛の軽減・感染防止)や身近なものを使った応急処置
4.送迎サポートの際に注意すべき交通事故や、チャイルドシートの正しい装着方法
5.夏場に発生しやすい水まわりの事故や、熱中症・脱水症の症状とその対処方法
6.病児・病後児のお子さんを預かる場合の看護の方法
 (体温計の正しい使い方や発熱時の熱の冷まし方、けいれんを起こした際の対処方法)
7.その他、転落・転倒や火傷、鼻血など発生しやすい事故・ケガへの予防と対処方法


 
                   ↑1.子どもの視界の狭さをチェック

 
 ↑2.乳・幼児の人形を使用して、気道異物除去法(背部叩打法、腹部突き上げ法、胸骨圧迫法)を実践

 
 ↑3.ストッキングやハンカチを使用した止血方法を、2人1組で実践

 
 ↑5.熱中症について         ↑6.おでこで測る肌に触れない最新体温計

 ↑7.正しい鼻血の止血法

 実際に保育サポーターとして活動することを想定して、丁寧に説明していただきました。
参加者は実践を通して、樺山氏に対処のコツを教えてもらったり質問をしながら真剣に取り組まれ、もしもの時の心構えや予備知識を深める有意義な時間を過ごされました。

 安全第一の保育が大前提です。予期せぬ事故を起こさないためにも、年に1度の本研修会で、適切な対処方法を知る、繰り返し再確認することはとても大切です。

icon_razz.gif保育サポーターにご登録希望の方や未研修の方は、研修会のDVD受講が必須となります。より多くの方に保育サポーターとして医師の子育てを支える本活動に賛同していただけると幸いです。

 昨今、医師の働き方改革への関心が高まっており、昨年度に引き続き今年度もテレビ局2社の取材・報道がありました。インタビューや撮影にご協力をいただき、誠にありがとうございました。

●2018年度の「保育サポーター説明会・研修会」の様子はこちら
●長崎医師保育サポートシステム Webサイト活動報告もぜひご覧ください。


2019年6月13日

リーダーとして活躍している長崎大学医学部卒業医師を紹介。医療、研究や社会活動など多方面での活躍を目指すキャリアの道しるべとしてご覧ください。

VOL.12 伊藤 瑞子 先生

・あおばクリニック 前院長


2019年5月23日

icon_exclaim.gif2019年6月からマタニティ スクラブの貸し出しが可能になりました。


県内病院にいるワークライフバランス推進員の連携協力により、センターの活動が広く周知され、佐世保・大村や対馬の病院でマタニティ白衣やパンツの利用者が増え、浸透してきたことを実感しています。

利用者の増加に伴い、必要数が増えたことや新品に交換する時期となり、あじさいプロジェクト活動の連携機関にあたる長崎県医師会にご相談したところ、白衣とスクラブの購入費を補助していただきました。

icon_redface.gif新たに白衣2着分(1名に2着貸出)と、スクラブ6着分(1名に3着貸出×2名分)が増えました。レンタル料・送料は無料です。クリーニング代のみご負担ください。ご希望の方は、センターへご連絡ください。

マタニティ白衣・スクラブ・パンツ貸出の詳細はこちら

【利用者推移(人)】 2019年5月 時点

 利用者数

 うち医師 
 利用数

 うち長崎大学病院 
 以外の医師利用数

 2012年度 3 3 -
 2013年度 6 3 -
 2014年度 3 3 -
 2015年度 12 9 1
 2016年度 15 13 1
 2017年度 14 7 3
 2018年度 14 9 6
 2019年度 2 1 0
合計 69 48 11

2019年4月17日

 「長崎医師保育サポートシステム」は、育児支援を必要とする医師と、保育サポーター(子育ての援助ができる方)を、コーディネーターがマッチングを行うことで、県内の子育て中の医師の仕事と子育ての両立や就労継続を支援します。

【2018年度活動実績】 2018/4/1~2019/3/31
<新規登録>
・医師         11名
・保育サポーター   30名

<登録数>
・医師          54名(うち2018年度に利用した医師 21名)
・保育サポーター   127名(うち2018年度に活動した保育サポーター 30名)

<主な活動内容>
◎サポートの頻度は、少数回から週6日、不定期など幅広くご利用いただきました。
◎サポート時間は、平均で1回2時間前後が多いです。
 ・医師宅やサポーター宅での保育
 ・保育園や幼稚園⇔医師宅の送迎
 ・習い事や塾⇔医師宅の送迎
 ・保育園から勤務先内託児室への送り
 ・勤務先内託児室での保育
 ・幼稚園バスのバス停⇔医師宅の送迎
 ・病気のお子さんの医師宅での保育 など
  プラス上記保育と合わせて家事支援

<2018年度に利用した医師の声>
・資格試験の勉強ができた!
・学会・勉強会に参加して診療に役立った!
・論文の準備ができた!
・頼れる先があると、安心!

<2018年度に活動した保育サポーターの声>
・お役に立てることが嬉しいです
・安全に十分気を配っています
・お子さんに会えることを楽しみにしています

icon_razz.gif子育て中の医師のみなさま
新年度になり、保育園や小学校へ入園・入学など、お子さんの生活環境が変わったご家庭も多いかと思います。
「仕事も子育ても大切にしたい、充実させたい」そんな医師のみなさま、「保育サポートシステム」を利用してみませんか?コーディネーターまでご相談ください。
icon_lol.gif子育て中の医師を応援してくださる保育サポーターさんを大募集しています!
ぜひ、子育て支援の活動に力を貸してくださるようなお知り合いの方に、本システムをご紹介ください。

お問い合わせや資料請求は、お気軽にコチラからお申し込みください。

icon_exclaim.gif長崎医師保育サポートシステムの詳細はコチラ 活動情報はコチラ

※お問い合わせ先
長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンター
長崎医師保育サポートシステム コーディネーター:有馬
E-MAIL:info01アットマークnagasaki-ajisai.jp
    (「アットマーク」を「@」に換えて下さい)


1 2 3 4 68