2017年11月16日

【平成29年度 第3回復職&リフレッシュトレーニング 11/13(月)開催しました!】

復職&リフレッシュトレーニングは、育児・介護等で休職・離職中の医師に医療現場との気持ちの距離を縮めてスムーズな復職を促すプログラムです。就労中の方も、知識をリフレッシュしたい方はご参加いただけます。

今回は【胸部単純X線写真読影の基本~まずは異常に気づきましょう~】をテーマに開催しました。参加者は今年度最多の13名で、うち初参加は5名でした。地域病院から3名、学内から3名、育休中6名、離職中1名でした。

icon_exclaim.gif復職&リフレッシュトレーニングの講義を録画したDVDをレンタルしています。参加できなかった回で視聴をご希望の方は、センターまでご連絡ください。


↑講師の放射線科 島本 綾先生

 今回の講師は、長崎大学病院の復帰医として仕事と育児を両立させながら、短時間勤務をされている放射線科 医員 島本綾先生でした。胸部単純X線写真の読影を始める前の注意点、読影の順番を決めること、鑑別診断のためのチェックポイントなど、読影の手法を教えていただきました。たくさんのスライドを供覧いただき、すぐには異常に気付かないスライドもあり不安になりましたが、「なんらかの異常を発見したら、CTを施行して放射線医に読影してもらって、確認する流れをつくることができれば大丈夫。」とアドバイスがあり、安心しました。

 

 

<<参加者アンケートより>>
・胸部単純X線写真は、ずっと不安な内容だったので、とても勉強になりました。
・基本的なことからわかりやすく説明していただき勉強になりました。見落としやすい部分を注意していきたいです。
・基礎的な知識をすっかり忘れてしまい、いただいた資料を参考に復習していきたいと思います。
・胸写の基本的な見方を勉強できて大変良かったですが、同時に奥深さに不安にもなりました。


 トレーニング後の『ママドクター意見交換会』は、5名の参加でした。保育園に預けると、冬季の感染症疾患は避けられないため、その覚悟と病児保育施設のことを、これから復職する先生へお伝えしました。また、お互いのパートナーのイクメンぶりを発表したり、小学生の放課後の時間の使い方(学童保育や習い事など)についての情報交換を行いました。この会では、復職後の子育て環境について、安心できる内容があったのではないかと思います。

icon_redface.gif時節柄来春にかけて復職予定の先生が多く参加され、託児室も過去最多となる7名の乳幼児のお子さんをお預かりしました。最初は賑やかな泣き声が隣に設置した託児室から聞こえてきていましたが、途中からは時々聞こえるだけで、ベテランのシッターさんとマンツーマンで楽しく過ごせていたようでした。

復職&リフレッシュトレーニングに関する記事はこちら


平成29年度 ながさき女性医師の会 講演会
市民公開講座 「女性と排尿障害」


日 時 : 平成29年11月11日(土) 14:00~16:00
会 場 : 長崎ブリックホール 3階会議室
主 催 : ながさき女性医師の会

 基調講演の講師 杠葉美樹先生は、今年7月まで長崎大学病院の泌尿器科に勤務されており、9月から地元の長崎市横尾で「みきクリニック」を開業されました。長崎みなとメディカルセンターが行っているマーメイド外来(女性専用外来)を担当したことをきっかけに開業を考えられ、長崎市内で唯一の女性泌尿器科開業医となられました。

 女性のからだのしくみ、排尿のしくみ、尿もれなどの悩みに対する解決策などを丁寧に教えていただきました。禁煙・塩分制限・便秘の解消は頻尿の改善にも効果があるそうです。また女性同士という安心感もあり、女性参加者は気軽に質問をされていました。

 次に、尿もれに対する新しい治療法について、長崎北病院 副院長の瀬戸牧子先生が話されました。最後に、長崎北病院 理学療法士の松尾晶子先生より、尿漏れ予防に効果のある骨盤底筋体操を指導していただき、会場の参加者全員で練習をしました。

 女性特有の悩みについて、女性の専門家から教えていただき、リラックスして参加することができました。


2017年11月7日

岡山MUSCATフォーラム「育メン・育ボス・育自」

日時:平成29年11月3日(金・祝)13:30~16:30
会場:地域医療人育成センターおかやま 3階 MUSCATホール
主催:岡山大学医療人キャリアセンターMUSCAT

■基調講演  『国における女性医師支援の取組』
演者:櫻本 恭司 氏 (厚生労働省 医政局医事課 医師臨床研修推進室 医師臨床研修専門官)
■特別講演  『男性も女性も輝けるワークライフバランス~キャリアを続ける方法~』
演者:石蔵 文信 氏 (大阪大学人間科学研究科 未来共創センター 招へい教授)
■パネルディスカッション
 『育メン・育ボス・育自』
-パネリスト-
・神﨑 寛子 氏 (公益社団法人 岡山県医師会 理事)
・岡田 あゆみ 氏(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 小児医科学 准教授)
・池田 宏国 氏(岡山大学病院 乳腺・内分泌外科 助教)
・小川 千加子 氏 (岡山大学病院 産科婦人科 医員(キャリア支援枠))
-コメンテーター-
・櫻本 恭司 氏(厚生労働省 医政局医事課 医師臨床研修推進室 医師臨床研修専門官)
・石蔵 文信 氏 (大阪大学人間科学研究科 未来共創センター 招へい教授)



<南副センター長感想>
 岡山大学では、平成19年より「女性を生かすキャリア支援計画」に取り組み、平成22年度より県の委託を受けて「MUSCATプロジェクト」として岡山県下の医師の出産・育児・介護を支援し、環境整備を行っておられ、すでに11年目だそうです。「あじさいプロジェクト」立ち上げの時から、参考にさせていただいている先駆者であり、今でも私たちの前を走っておられます。

 今回8回目となるMUSCATフォーラムでは、『育メン、育ボス、育自』というテーマで、男性に焦点を当てて男女共同参画・女性医師支援を考える会でした。これまでのMUSCATフォーラムと比較して、男性参加者が多いとのことで、岡山の男性医師の意識はすでに高まっていると感じました。
 開会挨拶をされた岡山大学 病院長の金澤右先生は、「MUSCATプロジェクト」が目に見える効果を上げており、ご自身の医局の医師も”MUSCAT支援”を受けていると話されました。

 次に、岡山大学 医療人キャリアセンター MUSCAT センター長の片岡仁美先生より、「MUSCAT プロジェクト」の概要説明があり、女性を生かすキャリア支援からスタートして、現在は医師不足地域でのサポートも行っているとのことです。
 基調講演は「国における女性医師支援の取組」として、厚生労働省医政局の櫻本恭司先生が話されました。医学部卒後10年の先生で、共働き・子育てをしながら厚労省での激務をこなされております。今年3月にも久留米大学病院「元気プロジェクト報告会」で櫻本先生の講演を拝聴しましたが、久留米大の先生が発表された「やる気スイッチ」にも触れられ、「復職の声掛け」は、やる気スイッチのひとつであるとのことでした。
 私共のセンターが、春・秋に医局長とワークライフバランス推進員に確認している”復職状況確認”や”復職&リフレッシュトレーニング”は、間接的・直接的に、休職中の女性医師のモチベーションを上げるスイッチ活動になっていると確信できました。
 
 特別講演の石蔵文信先生は、パートナーと3人の娘さんは医師とのことです。3人目のお孫さんの誕生をきっかけに、大阪樟蔭女子大学を今年の春に退職され、最近は主に「育爺」となり、循環器疾患やメンタルケアを行う日々を過ごされているそうです。女性医師の夫や父親という立場から選ばれた「育爺」の道では、革ジャンを着てお孫さんを前抱っこしたり、保育園の園芸サポーターとして尊敬されたりと、日々楽しんでおられます。子(孫)育てで、体を使い不眠症予防、頭を使い認知症予防ができる!と、アクティブシニアの生活を推奨されています。こんなお爺ちゃんがいると、子・孫の人生も変わると思います。
 他にも、元気なら産休だけでもいい、子どもが3か月までの夜泣きと、3年までの感染症を乗り越える病気のときのシミュレーションをしておく、収入は子育てに注ぎ込む、お金・親など使えるものは使う、親がだめならシッターを頼む、イクメンをやりすぎるとパタニティ・ブルーになるので、育児よりも家事の分担がおすすめ・・・等々、共働き家庭へのアドバイスがたくさんありました。また、定年後のシニア生活についても、石蔵先生の経験・診療から得たアドバイスを面白おかしく語っていただき、会場が笑の渦に巻き込まれることが何回もありました。

 後半はパネルディスカッションでした。キャリア支援枠を利用している女性医師の発表では、「パートナーとキャリアプランを考える・自信に満ちたキャリアダウンもある・背中を押してくれる人は必ずいる」というお話、男性医師の「母親の介護と妻のキャリアを考えて神戸から岡山へ転居」されたお話、子どもが貴重であるという価値観のため、子育てを優先したいと考える小児科医の問題を提起する小児科管理職のお話や、岡山県医師会理事の調査結果の報告がありました。

 最後に、片岡センター長より、「今は、様々な支援を選べる時代になっており、選ぶか・選ばないかで、働き方も変わってくる」というご発言がありました。
以前、神戸大学で参加したセミナーでも、「シッター・サポーターを使うか・使わないかは、変われる人か、変えられるのに変われない人である」というアドバイスを受けたことがありました。選ぶか・選ばないか、その選択・決断の時に、キャリア継続ができるように、私共のセンターが背中を押す活動をしていきたいと思いました。


2017年11月2日

リーダーとして活躍している長崎大学医学部卒業医師を紹介。医療、研究や社会活動など多方面での活躍を目指すキャリアの道しるべとしてご覧ください。

VOL.9 荒木 貴子 先生
・ミネソタ大学 糖尿病・内分泌代謝部門Assistant Professor


2017年10月10日

 医師のキャリア形成・継続のサポートをするために、医学生や研修医等、若い世代を対象として「医師のワークとライフをきいてみよう!ロールモデル探し」と題し、現役で活躍されている医師と若い世代が交流できる身近な意見交換会を開催しました。
 ワークライフバランスコンサルタントとして、長崎大学のワークスタイルイノベーション(働き方見直しプログラム)に参画されている、クラスペディア代表 吉岡和佳子氏の基調講演や、長崎大学病院でワークライフバランス推進員として活躍する女性医師にお越しいただきました。
参加者は、医学生3名、研修医1名、医師10名その他3名の合計17名でした。

 
                ↑タリーズコーヒー奥 職員専用ラウンジ

↑開会挨拶 メディカル・ワークライフバランスセンター センター長 伊東 昌子 先生
「病院では主に医師、長崎大学では副学長とダイバーシティ推進センター長として、教職員のみなさんの働きやすい環境づくりを目指して奮闘している。この数年でさまざまな変革があり、制度やシステムが作られ、利用を促してきた。今では自然と馴染んで、普通に、当たり前に利用できる状況になっていれば有り難い。」と挨拶しました。

↑主催者挨拶 長崎県医師会 常任理事 瀬戸 牧子 先生
「2014年に長崎県医師会で女性初の常任理事になってから、自身がどのような働きができるかを考えている。医師団体として、地域医療の現状について等公の場で発信・発言する重要性、政治に関わる必要性にも理解が深まった。」と説明しました。他にも医師会の社会的役割や活動、医師が利用できる制度等の紹介をしました。


↑基調講演 クラスペディア代表 吉岡 和佳子 氏(ワークライフバランスコンサルタント)
「これから働くうえで、大切にしたいこと」をテーマに話されました。「医学の道を志したきっかけ」「これからどんな医師になりたいか」について、ペアでワークを行いました。書き留め、声に出して自分の想いを相手に伝えることで、初心を思い出し、筋の通った、芯のある人生を歩めているのか考えさせられました。吉岡氏は、「今後、岐路に立った時、迷い悩んだ時に自分の素直な気持ちで決断すること。責任転嫁せず、自分が納得したうえでの失敗や成功は、次につながり、前に進みやすくなるはず。」とアドバイスしました。また、「ワークライフバランス」のイメージ例として、「ワーク=植物、ライフ=土として、植物と土はお互いが密接に根っこで絡まり合っている。土が豊かではないと植物は育たない。その他の要素=日光・水の栄養があって植物は大きく育つもの。ワークとライフの比率ではなく、そういう相乗効果をイメージしてほしい。仕事に熱中する時期も必要だが、医師以外の立場(地域社会・家庭)での経験、出会い等の充実が、仕事に活かされたり、人生を豊かにもする。患者さんも、人間味のある先生、コミュニケーションスキルのある先生に相談したいという本音があるはず。ワークとライフを充実させることは贅沢なことではなく、これから非常に大事なこと。」とエールを送りました。

次に、長崎大学病院内のワークライフバランス推進員5名と協力医師2名に医局の状況や自己紹介をしていただきました。
  
↑総合診療科 中道 聖子 先生      ↑医療教育開発センター 松島 加代子 先生

  
↑移植・消化器外科 崎村 千香 先生    ↑耳鼻咽喉科・頭頸部外科 木原 千春 先生
  
↑泌尿器科 医局長 木原 敏晴 先生    ↑熱研内科 泉田 真生 先生

↑原研内科 復帰医 橋本 美紀 先生
 
 
↑意見交換会
事前質問に対して、県内のワークライフバランス推進員にコメントをいただき、Q&A一覧を作成して配りました。それぞれの先生の経験談や、疑問に感じている点の相談など、複数の現役医師のアドバイスに、じっくり耳を傾けていました。また、センター制作の「両立応援HANDBOOK」を参加者に進呈しました。

<Q&A一覧 抜粋>
Q1.結婚や出産のよいタイミングがあるか
 A1.どのタイミングでもなんとかなる。
 A2.ある程度臨床能力に自信をもてるようになってからと考えたが、ケースバイケース。
Q2.結婚するならパートナーは医師がよいか
 A1.以前は、女性医師のパートナーは男性医師がほとんどだが、今は医師以外の方と結婚しているほうが多いかもしれない。職業で決めるのではなく、仕事内容を理解してくれ、2人で協力して家庭を築いていくという意思があれば、それが一番。
Q3.研修中での出産・子育ては可能か
 A1.可能。異動のタイミングやたすきがけ先(県内研修先病院)等が関連するため、事前に相談しておくと、個々への対応が可能。
 A2.やってきた医師はたくさんいると思う。医療教育開発センターに相談するとよい。地元を離れて研修すると少し大変かも。ロールモデルを探して話を聞くことが一番。
Q4.医師として働くうえで、英語の重要性
 A1.外国人が来る部署、英語の成書を読むことが多い部署なら、英語が苦手だと辛いかもしれません。
 A2.絶対に必要。論文を読むにも、書くにも外国の患者さんを診療するにも。時間があれば、英語にふれあう機会を設けたほうがよい。

icon_razz.gif<参加者の感想抜粋>
・自分の将来に不安があったが、お話を聞いて安心できた。
・さまざまなお話が聞けて嬉しかった。時間が短く感じられた。他の医師とも話してみたかった。
・みなさんが、さまざまな両立の仕方をしていて、自分も頑張ろうと思えた。

<託児室の様子>

↑ロールモデルとして参加していた医師のお子さんが2名、お迎えを待っていました。
「子ども一人にサポーターさん一人が担当についてくださり、安心しました。」との感想をいただきました。


1 2 3 4 5 6 60