2019年8月5日

現在、長崎県内16病院にワークライフバランス推進員40名がいます。
ワークライフバランス推進員は、医師のワークライフバランス実現に関する相談窓口、情報発信、企画などの役割を担っています。



【第1回意見交換会】

日時:2019年8月1日(木)16:00~17:00
場所:長崎大学病院1階 教職員ラウンジ
出席者:6名

<今年度のセンターの取り組みを紹介 7/25時点>

1.推進員の選出依頼活動
 新任(交代):院内6名、院外1名 総勢40名 研修16病院全てに推進員がいます
 推進員40名へ「センター関連資料一式」をファイルに綴じて配付
2.イブニングシッターサービスの事業継続
 長大教職員対象・平日全対応に変更 利用延10名
3.地域病院における保育サポートシステム導入支援
 打診済:佐世保中央病院 打診予定:長崎県島原病院
4.「長崎医師保育サポートシステム」の運営について
 2020年度以降の運営は、長崎県・県医師会・センター(病院)で再考し、
 自立運営を目指した体制を整える
 2019年度利用医師23名、登録医師51名、登録保育サポーター140名
 保育サポーター説明会・研修会 参加25名(新規20名うち登録9名)
5.医局長訪問25部署 女性医師実態調査(医局所属女性医師444名、育休中20名)
6.両立サポート資料一式5~6月にかけて配布(新任66名・研修医40名・歯科研修医34名)
7.センター運営委員会(メール会議)2019年度事業計画について、承諾を得る
8.医師の両立支援状況調査(県内病院対象回答率67%)病院毎の取組等把握
9.マタニティ白衣・スクラブ・パンツの県内全域レンタル(利用5名うち医師3名)
10.復職&リフレッシュトレーニング「胸部CT」開催 講師:石本裕士先生(参加6名、託児1名)
11.第1回WLB推進員 意見交換会(参加6名)
12.8/22(木)キャリアアップセミナー「EndNoteの活用法」講師:ユサコ(株)谷川淳氏
13.10/4(金)医学部3年生キャリア講習会 ワークライフバランス講義:伊東昌子先生
 ロールモデル講演①畑地豪先生②原田亜由美先生
 特別講演:地域包括ケア教育センター 永田康浩先生、協力医師:未定
14.復職・休職者の情報更新
15.11/18(月)復職&リフレッシュトレーニング「糖尿病」講師:原口愛先生
16.11/21(木)保育サポートシステム 保育サポータースキルアップ研修会
17.来年1月開催予定 第2回WLB推進員 意見交換会
18.来年開催予定 センター運営委員会
19.来年開催予定 女性医師等就労支援協議会
20.来年3月予定 あじさいプロジェクト活動報告書配布

<総括>
 今年の第1回意見交換会は、院内の推進員5名と、長崎みなとメディカルセンターの推進員1名にご参加いただきました。
 5月に行った医局長訪問の印象として、「働き方改革」を意識している医局長が多いこと、子育て中の女性医師に対する緩和措置を全員が適用すると、医局運営が難しくなっている現状があることを報告しました。
 センターとしては、就労継続・両立支援の対策として、「長崎医師保育サポートシステム」をつくり、勤務や自己研鑚の時間を確保できる受け皿を用意していますが、他県の同様のシステムと比較すると利用者の伸び悩みが見られること、口コミの効果が一番高いとわかっているので、利用医師や周囲からの本システムの紹介をお願いしました。
 推進員からは、様々な意見を挙げていただき、今後の参考にしていきたいと思います。

 センターでは長崎県女性医師等就労支援窓口として「キャリアコンサルティング」を行っています。
例えば、復職前に、センターへ相談予約をいただくと、スムーズな復職ができるように「保育所の確保」「病児保育施設の登録」「長崎医師保育サポートシステムの紹介」など両立支援に関する様々な情報や資料をお配りしながら、個人面談で丁寧にご説明しています。また、「マタニティ白衣・スクラブ・パンツの無料貸出」「復職&リフレッシュトレーニング」「キャリアアップセミナー」など、センターの取組に関わった際に「あじさいプロジェクト メルマガ会員」としてご登録いただき、個別に医師へコンタクト・フォロー活動を行うことが可能です。とくに休職期間中は、医局とのつながりが途切れたような不安感や疎外感から参加をためらうケースもありますので、推進員からもセンターの取組紹介を兼ねて近況確認の声かけをぜひお願いします。

 その他のお知らせとして、長崎大学病院の「院内病児保育施設」は、12月開設を目標に、職員へ名称募集中であること、イベント告知として、8/31ながさき女性医師の会主催「先達に学ぶ夏の夕べ」が申込受付中で、楠本イネ女史のお墓参りと前病院長の増﨑英明先生のお話会があり、医師・医学生だけでなく、医学部進学をめざす高校生やその関係者の参加も可能であることを紹介しました。

icon_razz.gif 仕事と生活の両立を図りながら活躍するドクターのサポートを引き続き、よろしくお願いいたします。


2019年7月23日

1.<調査の目的>
病院経営者・管理者として、ワークライフバランス施策に対する認識を把握し、長崎県内病院の両立支援制度の取組状況や労働環境改善を意識した先進的な取組の実態調査を行う。調査結果は、メールマガジンを通して情報発信を行うことで、新しい職場環境づくりを促す。

2.<対象と方法>
実施月:2019年6月
調査対象:長崎県内149病院
調査方法:調査票を郵送し、同封の返信用封筒やメールで回収。
質問内容:常勤・非常勤、研修医の医師数、子育て中の医師数、育児休業・介護休業を取得した職員数、ワークライフバランス施策の認識、両立支援制度の取組状況、労働環境整備についてなど。
調査票:医師の両立支援状況調査

3.<結果と考察>
配付と回答数(回答率):配付149病院 回答100病院(67.1%)
結果:集計抜粋グラフはこちらをご覧ください。
icon_redface.gif【抜粋グラフ】

 長崎県内の100病院に勤務する女性医師の割合は、直近6年間は23%前後で推移している。勤務形態は、女性医師は、常勤62%、非常勤38%、直近4年間の割合は約6:4、男性医師は、常勤78%、非常勤22%、直近4年間の割合は約8:2。

 子育て中(小学6年生までの子がいる)の女性医師は145人。女性医師全体の24%、医師全体では6%を占めており、過去2年間と比較して著変なし。女性医師が勤務していない病院は27病院。また、子育て中の女性医師は36病院に集中して勤務している。
 「ワークライフバランス施策についての考え」では、ワークライフバランス施策を重視している割合とトップ主導で推進されている割合はいずれも40%以上と上昇傾向だが、半数を超えない。施策によるデメリットとして、病院にとって負担が大きいと感じる割合と、医師間の不公平感を高めるリスクがあると感じる割合はいずれも7%で、直近6年間は10%前後の一定数を示している。
icon_redface.gifデメリットがあると回答した病院の半数は、離島・へき地の病院で、人材確保の困難さが一因と考えられますが、ワークライフバランスの考え方、男女共同参画の考え方を理解して、可能な施策を進めていただきたいと思います。

 勤務環境の整備について、「仕事と生活の両立ができるように配慮した制度や施設」については、時間短縮勤務や呼び出し・当直への配慮などは70%以上の病院で整備され、昨年度と比較して増加。院内保育施設がある病院は34%、院内病児保育施設がある病院は5%で、低調なまま。
 研修医を含め若い世代の医師が多く勤務する「新・鳴滝塾」の16病院のうち、時間短縮勤務制度は15病院、院内保育施設は14病院が導入し、概ね整備完了。院内病児保育施設は3病院(佐世保共済病院、佐世保中央病院、長崎県対馬病院)のみ保有。
icon_redface.gif九州内の基幹型研修病院における院内病児保育施設保有率は、長崎県が一番低い状況です(2018年日本医師会女性医師支援センター事業九州ブロック別会議参照)。今後の課題として、子育て中の医師が、長崎県内の病院で研修-専攻-研究-キャリア形成の期間を、安心して過せるように、病児保育施設の整備を進めていただきたいと思います。

icon_redface.gif新・鳴滝塾の16病院における「ワークライフバランス施策についての考え」をトップの認識として数値化すると、特に認識が高い病院は、長崎みなとメディカルセンターと長崎大学病院でした。トップがワークライフバランス管理職として先導することで、県内にますます働きやすい病院が増えるように願います。

icon_redface.gif県内病院の労働環境改善についての取組事例と、待遇や就労環境の整備についての改善点を抜粋グラフに紹介します。医師事務作業補助者の活用、当直明けの勤務緩和等の配慮、有給休暇取得の促進などは、多くの病院で取り組まれています。また、病棟の複数主治医制と救急の多い部署での交代勤務制は、これからの「働き方改革」の切り札になると思います。導入が徐々に広がり、浸透することを期待します。

【医療圏別の女性医師について】

 100病院に勤務する女性医師616人(大学病院を含む)のうち、子育て中の女性医師は145人(145/616=24%)であった。医療圏別に見ると、長崎医療圏の女性医師は最多の377人(377/616=61%)が勤務し、そのうち子育て中の女性医師も95人と最多。子育て中の女性医師の66%(95/145=66%)は、長崎医療圏で勤務している。
 続いて、県央医療圏に118人の女性医師、うち子育て中の女性医師は26人(26/118=22%)、3番目に多いのは佐世保医療圏で90人の女性医師、うち子育て中の女性医師は14人(14/90=16%)であった。3医療圏(長崎・県央・佐世保)に勤務する女性医師が95%を占め、他の医療圏には約10人未満だが、すべての医療圏の病院に女性医師が勤務している。
 佐世保医療圏の医師数は、2017年から男女共に年々増加し、今年度は県央医療圏の医師数を上回った。
icon_redface.gif長崎・県央医療圏の子育て中の医師が利用している「長崎医師保育サポートシステム」が、佐世保医療圏の子育て中の医師も利用できるように、対象拡大を図っています。関係各所のご協力を何卒よろしくお願いいたします。

 子育て中の女性医師は、3医療圏(長崎・県央・佐世保)に93%の高い割合で勤務し、県北医療圏には4年連続で子育て中の女性医師は0%。他の医療圏には、4人未満の子育て中の女性医師が勤務している。
icon_redface.gif共働き・子育て世代にとって、院内保育施設・院内病児保育施設があれば、子どもが小さい時に離島などで勤務をすることも選択肢になります。現在離島などで頑張っている子育て中の女性医師に、働きやすい環境を提供して、「働きやすい病院」というアピールがあれば、後続の子育て世代の医師が勤務地として選択しやすいと思います。

icon_redface.gif長崎県内の医師が、男性でも女性でも、子育て中でも、子どもがいなくても、イキイキと仕事と生活の両立ができるように、センターが推進する「あじさいプロジェクト」活動をご支援ください。


icon_idea.gif調査の貴重なデータは、長崎県の医療のために活用いたします。ご協力いただきました病院の皆様、ありがとうございました。


2019年7月18日

【2019年度 第1回復職&リフレッシュトレーニング 7/16(火)行いました!】

復職&リフレッシュトレーニングは、育児・介護等で休職・離職中の医師に医療現場との気持ちの距離を縮めてスムーズな復職を促すプログラムです。就労中の方も、知識をリフレッシュしたい方はご参加いただけます。

今回は【胸部CTの活用法~呼吸器内科医の視点から~】をテーマに開催しました。参加者は6名で、うち初参加は4名でした。院内1名、県内病院2名、育休中1名、離職中2名でした。

icon_exclaim.gif復職&リフレッシュトレーニングのDVDを貸し出ししています。視聴をご希望の方は、センターまでご連絡ください。


↑講師の呼吸器内科 石本 裕士先生

 今回は、呼吸器内科医の視点から胸部CTを見るポイントを教えていただきました。見逃せない大事な疾患の単純X線とCTでの特徴、病態を理解したうえでの画像の見方などを、たくさんの画像を提示していただきながら、わかりやすく説明していただきました。「明日からのCT画像の見方が変わる!」 と思える有意義な内容でした。

 

  

<参加者の声>
・解剖や病態などを考えながらCTを見ることで、理解が深まることが良くわかりました。
・とても聞きやすく、わかりやすかったです。


トレーニング後の「パパ・ママドクター意見交換会」は、講師の石本先生と5名の参加がありました。参加者同士で、育休中の先生には復職時のアドバイス、離職中の先生には情報収集のアドバイスなどがありました。石本先生からは、以前一緒に働いていた時間制約のあるママドクターの働きぶりについて、感謝していたとの感想をいただき、これから復職するママドクターを励ましてくださいました。今回は、パパ&ママドクターはじめ、いろんな立場の方にご参加いただき、短い時間でしたが濃密な意見交換会になりました。センターからは、子育てに関しては「人に頼る力」も大切で、「長崎医師保育サポートシステム」の利用をお勧めしました。

icon_redface.gif託児室では、育休中の医師のお子さん1名をお預かりしました。第1子を初めて預けるため、ママドクターも緊張されたそうですが、サポーターさんから託児中の過ごし方を聞いて、安心した様子で笑顔で帰って行かれました。初めてのお子さんの場合、託児に慣れる練習にもなりますので、復職前にこのような機会をお試しください。

↑託児風景

icon_exclaim.gif復職&リフレッシュトレーニングに関する記事はこちら


2019年6月19日

2019年度 保育サポートシステム 保育サポーター説明会・研修会

日時:2019年6月13日(木)13:30~16:00
場所:長崎大学病院 第一会議室 中央診療棟2階
参加:25名(保育サポーター登録検討中20名、登録済5名)
 
プログラム(講師:敬称略)
<説明会>
南 貴子  長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンター 副センター長
瀬戸 牧子 長崎県医師会 常任理事
<研修会>
樺山 智子 日本赤十字社長崎県支部 参事
      すくすく支援セミナー~赤十字幼児安全法~

<有馬コーディネーターからの報告>

icon_razz.gif●保育サポーター説明会

 南貴子副センター長より、子育て中の医師の就労継続がシステムの目的であり、育児支援の具体的な活動内容や2019年度の活動状況、長崎市ファミリーサポートとの違い、保育サポーター登録までの流れなど概要を説明しました。
 また、システムの協働推進団体である長崎県医師会の瀬戸牧子常任理事は、「核家族化が進み、育児を手伝ってくれる人が身近に少なくなっている。保育サポーターさんは家族と同じような頼りになる存在。皆さんのサポートを得て、子育て中の医師も働き続けることができ、長崎の医療に貢献することができる。あなたの活動が長崎の医療を元気にします!」と話し、参加者へ保育サポーターへの登録を呼びかけました。

↑長崎県医師会 瀬戸牧子常任理事

 icon_lol.gif●保育サポーター研修会
 日本赤十字社長崎県支部の樺山智子氏をお迎えし、子どもの事故の予防や対処方法を「赤十字幼児安全法」に基づき、実践を交えて教えていただきました。

【研修会で学んだ主な内容】
1.年齢別の子どもの行動・体の特徴と、発生しやすい事故の種類
2.誤飲・誤嚥の対処方法や誤飲チェッカーの紹介
3.ケガの手当の基本(止血・苦痛の軽減・感染防止)や身近なものを使った応急処置
4.送迎サポートの際に注意すべき交通事故や、チャイルドシートの正しい装着方法
5.夏場に発生しやすい水まわりの事故や、熱中症・脱水症の症状とその対処方法
6.病児・病後児のお子さんを預かる場合の看護の方法
 (体温計の正しい使い方や発熱時の熱の冷まし方、けいれんを起こした際の対処方法)
7.その他、転落・転倒や火傷、鼻血など発生しやすい事故・ケガへの予防と対処方法


 
                   ↑1.子どもの視界の狭さをチェック

 
 ↑2.乳・幼児の人形を使用して、気道異物除去法(背部叩打法、腹部突き上げ法、胸骨圧迫法)を実践

 
 ↑3.ストッキングやハンカチを使用した止血方法を、2人1組で実践

 
 ↑5.熱中症について         ↑6.おでこで測る肌に触れない最新体温計

 ↑7.正しい鼻血の止血法

 実際に保育サポーターとして活動することを想定して、丁寧に説明していただきました。
参加者は実践を通して、樺山氏に対処のコツを教えてもらったり質問をしながら真剣に取り組まれ、もしもの時の心構えや予備知識を深める有意義な時間を過ごされました。

 安全第一の保育が大前提です。予期せぬ事故を起こさないためにも、年に1度の本研修会で、適切な対処方法を知る、繰り返し再確認することはとても大切です。

icon_razz.gif保育サポーターにご登録希望の方や未研修の方は、研修会のDVD受講が必須となります。より多くの方に保育サポーターとして医師の子育てを支える本活動に賛同していただけると幸いです。

 昨今、医師の働き方改革への関心が高まっており、昨年度に引き続き今年度もテレビ局2社の取材・報道がありました。インタビューや撮影にご協力をいただき、誠にありがとうございました。

●2018年度の「保育サポーター説明会・研修会」の様子はこちら
●長崎医師保育サポートシステム Webサイト活動報告もぜひご覧ください。


2019年6月13日

リーダーとして活躍している長崎大学医学部卒業医師を紹介。医療、研究や社会活動など多方面での活躍を目指すキャリアの道しるべとしてご覧ください。

VOL.12 伊藤 瑞子 先生

・あおばクリニック 前院長


1 2 3 4 5 6 7 71