2018年5月31日

【長崎医師保育サポートシステムとは?】
長崎県からの受託事業「あじさいプロジェクト」活動の一環として、2018年4月より「長崎医師保育サポートシステム」の運営をあじさいプロジェクト事務局 長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンター(以下「センター」という。)が行います。2014年4月に設置された「長崎県医師会保育サポートシステム」の運営主体・事務局をセンターに移管します。長崎県医師会は、協働推進団体として連携して活動を行います。

【目的】
医師は診療・教育・研究などを担い、その過重労働が常態化しています。この状況に加えて出産・育児というライフイベントが重なると、医師の業務の継続は困難を極めます。本事業は、県内の子育て中の医師が「仕事と育児の両立」を図れるように、育児支援を必要とする医師と保育サポーターの情報を蓄積し、コーディネーターがそれぞれのニーズに沿った保育サポーターの情報提供・紹介を行うことにより、医師の就労継続を支援することが目的です。迅速かつ細やかに要望に対応するために、センターと長崎県医師会にコーディネーターを配置します。本事業により、子育て中の医師が就労を継続でき、長崎県の医療に貢献できると期待されます。

子育て医師のための「長崎医師保育サポートシステム説明会」開催
<日 時>
1回目/平成30年6月6日(水)16:30~17:00
2回目/平成30年6月14日(木)16:30~17:00
<場 所>
長崎大学病院 多目的指導室(中央診療棟2階)
<内 容>
長崎医師保育サポートシステムの概要
申込から支援を受けるまでの流れ
<対 象>
長崎市、西海市、時津町、長与町、諫早市、大村市に居住または働いている医師。勤務医・開業医・研修医など。
※パートナーが主婦・主夫でも可(対象外の場合は応相談)。
<申 込>
不要

★現在、産・育休中で、復職予定の方も、ご参加お待ちしていますicon_redface.gif

●保育サポートシステムの情報はこちらで随時更新しております。ぜひご覧ください。


2018年4月26日

 「長崎県医師会保育サポートシステム」は、これまで長崎県医師会が主体となり、長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンター(以下「センター」)と協働で運営を行ってまいりましたが、2018年4月より、センターが長崎県の受託事業で運営する【あじさいプロジェクト】活動の一環として、システムを移管し、運営することになりました。
 新たに『長崎医師保育サポートシステム(以下「システム」)』として再スタートしました。又、長崎県医師会は協働推進団体として引き続きシステム運営の支援を行います。

 現在の保育支援の内容や報酬、損害・賠償責任保険等は、2018年度は変わりありません。主な変更点は、事務局(お問い合わせ窓口)、支援を受けるまでの流れ、保育サポーター活動報告書の提出先です。2019年度からの運営等に変更がありますが、詳細は随時決定次第お知らせいたします。医師が仕事と育児を両立しながら働き続けるための本システムが継続運営できるように尽力してまいりますので、引き続きご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

icon_exclaim.gif長崎医師保育サポートシステムの新しいホームページはコチラ

icon_redface.gif子育て中の医師のみなさま いつでもご連絡ください!

icon_lol.gif子育て中の医師を応援してくださる保育サポーターさんを大募集しています!
ぜひ、子育て支援の活動に力を貸してくださるようなお知り合い・ご友人・ご近所の方に、求人募集をお知らせください♪

●保育サポートシステムの情報はこちらで随時更新しております。ぜひご覧ください。


2018年4月20日

平成29年度の利用託児数は延べ11名でした。
長崎大学病院の医師の他、育休中や薬剤師のご利用がありました。

平成30年度も「イブニングシッターサービス」事業を継続する運びとなりました。
対象はこれまで通り、長崎大学病院教職員、および関連病院に所属する医師です。
長崎大学病院内で夕方から実施される会等へ参加する場合にご利用いただけます。

経験豊富な保育サポーターが、月齢に合わせたおもちゃで保育してくださるので、お子さんを安心して預けることができます。
また、ご希望があれば、簡易ベッドや勉強机の貸し出しも行っています。

利用の際は、1週間前までに事前申し込みが必要です。
実施の概要につきましては、案内状やチラシをご覧ください。
利用方法など、ご不明な点は当センターまでお問い合わせください。icon_razz.gif
 
案内状PDFはこちら
チラシPDFはこちら
託児申込書のPDFはこちら
託児申込書のワード文書はこちら

※お申込み・お問い合わせ先
長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンター
E-MAIL:info01アットマークnagasaki-ajisai.jp
    (「アットマーク」を「@」に換えて下さい)


2018年4月11日

日頃から当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。

2018年4月10日にホームページを一部リニューアルしました。

アドレス変更はございません。TOP画面の変更(長崎医師保育サポートシステム)、内容の整理(よくあるご質問お問い合わせフォーム)、コンテンツの修正(長崎医師保育サポートシステム)などを行いました。

今後とも「あじさいプロジェクト」のホームページをご愛顧賜りますようお願い申し上げます。


2018年3月8日

平成29年度 第2回医療勤務環境改善セミナー

日時: 平成30年3月6日(火)
会場: 長崎県庁新庁舎1階大会議室A
対象: 医療機関の長及び管理者、その他関係者
主催: 長崎県医療勤務環境改善支援センター
テーマ:【人】が集まる病院を目指して

講演Ⅰ: 「長崎県内病院の医師の両立支援状況~2017年6月調査結果より~」
長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンター 副センター長 南 貴子

<講演Ⅰの内容>
県内の医療機関の院長、事務長、看護部長等の関係者が集まったセミナーでした。
当センターが2013年から毎年県内病院に依頼している「医師の両立支援状況調査」の2017年度の結果と、課題、今後の提案などについて話しました。

 この数年間で、「ワークライフバランス」という言葉を知らない割合が1%台となり、ワークライフバランス施策を重視していると思わない=重視していない割合は0%になり、意識は変わってきているが、病院にとって負担が大きいと感じる病院は10%未満で存在していることを報告しました。

 男性の家事・育児参加の奨励を行っている病院は少ない現状です。長崎大学病院の男性育休取得人数や、実際に取得した職員の「とって良かった」という感想を紹介し、今後男性スタッフから希望があった場合には、イクボスとして受け入れてほしいとお伝えしました。

 また、子育て中の女性医師の県内分布図を示し、県北以外の全医療圏に子育てしながら働いている女性医師がいること、子育て中の医師の環境と、両立支援に重要と言われている3点セット(院内保育、院内病児保育、柔軟な勤務制度・短時間勤務制度)の現状と課題について話しました。大阪府医師会で発表された基幹型研修病院での上記3点セットの整備状況と、長崎県内の新鳴滝塾の病院の整備状況を比較してみると、長崎県において圧倒的に整備不十分なのは、「病児保育室」であることがわかりました。「院内」病児保育は、少人数を対象とすれば、大がかりではない設備で設置可能であることも説明しました。長崎県内の病院で、院内保育・院内病児保育を充実してほしいこと、また、保育サポーターの導入を検討してほしいことを提案して終わりました。

<講演Ⅲの内容> 
 講師である小倉第一病院の中村秀敏先生のお話しは、中小病院でのスタッフの集め方、育て方、定着させ方についてなど、とても有意義な内容でした。スタッフからも患者さんからも愛される病院づくりを頑張っていらっしゃる院長先生でした。


1 2 3 4 5 6 7 64