2012年11月14日

【平成24年度 第2回復職支援トレーニング開催!!】

育児、介護等で休職・離職中の医師が、ブランクを心配することなく復職するための研修プログラムです。
仕事と生活を両立しながらキャリアアップを目指すあなたを応援します!

今回の【輸液のはなし】参加者は、復帰医、現役の方など4名でした。
当日お子様の体調等で欠席された2名の方も第3回の開催が決定しておりますので、 ぜひご検討くださいicon_redface.gif

アンサーパッドを使用しながら、どういうときに輸液が必要な状態なのかを判断したり、
輸液の組成を組み立てたり、みなさん参加型のわかりやすい講義が行われました。

<<参加者アンケートより>>
・基本的な事を復職支援トレーニングで学んでいきたい。
・基本の確認に役立った。勉強しなおそうと思った。
・一人で書籍を購入して勉強するのは大変なので、専門のDr.の講義を聴けて
 とてもありがたいです。前回開催の『急変時対応』は出席できなかったので、
 再度開催してほしい。興味のあるDr.はもっといると思いますが、
 都合が合わないのと、思い切って参加できないのでは・・・と思います。

といった感想が届けられました。次年度も引き続き開催していきます、
第3回の開催日時も決定しましたので、ご都合の合う方は、ぜひこの機会をお見逃しなくicon_exclaim.gif

当センターの活動内容のご説明と、来月12月に医学部と合同で行われる講演会のご案内を
別室で行いました。 支援メニューのご紹介をしたところ、
『知らなかったぁ、ぜひ申込を検討します』 とのご意見も。周知不足で申し訳ございません。。。
仕事と生活を両立させるための支援として、子育てタクシーや家事代行、シッター利用の補助ができます。
今年中のご利用をオススメしておりますので、興味のある方は、お急ぎセンターへお問い合わせくださいicon_idea.gif

「輸液のはなし」
対 象:長崎県在住の休職・離職中の医師および長崎県内の医療機関に勤務している医師で
    輸液に関する知識を整理したい方
内 容:セミナー形式(アンサーパッドを使用します)
    【目的】・どういうときに輸液が必要な状況なのかを判断できる
        ・輸液が必要な場合、その組成を組み立てることができる
    【目標】・体液の分布が理解できる
        ・輸液したものが、どこに分布するのかがわかる
        ・輸液に特別な配慮が必要な各病態が理解できる
日 時:平成24年11月12日(月)15:00~16:00
講 師:長崎大学病院 医師育成キャリア支援室 小畑陽子先生
場 所:長崎大学病院シミュレーションセンター(外来棟7階)

詳細は、チラシをご覧ください

2012年10月12日

【平成24年度 第2回復職支援トレーニング11月12日(月)開催決定!!】

「知って得する 輸液のはなし」

対 象:長崎県在住の休職・離職中の医師および長崎県内の医療機関に勤務している医師で
    輸液に関する知識を整理したい方
内 容:セミナー形式(アンサーパッドを使用します)
    【目的】
      ・どういうときに輸液が必要な状況なのかを判断できる
      ・輸液が必要な場合、その組成を組み立てることができる
     【目標】
      ・体液の分布が理解できる
      ・輸液したものが、どこに分布するのかがわかる
      ・輸液に特別な配慮が必要な各病態が理解できる
日 時:平成24年11月12日(月)15:00~16:00
講 師:長崎大学病院 医師育成キャリア支援室 小畑陽子先生
場 所:長崎大学病院シミュレーションセンター(外来棟7階)
申込締切:平成24年10月31日(水)迄
*申込書は下記より様式をダウンロードし、事務局へメールまたはFAXでお申込下さい。
    (様式)PDFタイプ、ワードタイプ(入力してメールで提出できる用)
    申請用紙PDF   申請用紙Word
臨床を離れ、現場に戻ることに戸惑いのある方、再スタートの一歩としてぜひお越しください!
託児室も用意しておりますので、安心して研修にご参加いただけます。
託児希望の方はこちらの託児申込書にて別途お申込みください。

詳細は、チラシをご覧ください H24-11-12-NO2-re-training

2012年9月27日

【平成24年度 第1回 復職支援トレーニング開催!!】

育児、介護等で休職・離職中の医師が、ブランクを心配することなく復職するための研修プログラムです。
仕事と生活を両立しながらキャリアアップを目指すあなたを応援します!

 今回の【急変時対応】参加者は、離職中、育休中、復職したばかりの先生など6名で、
 受講のきっかけは不安解消・再確認のためということです。

 1次救命処置(Basic Life Support;BLS)の流れにそって、
 1人1台ずつシュミレーターを使って胸骨圧迫のペース、圧迫加減を確認
 2人で交代する際は、中断を極力しない工夫を!など
 みなさん真剣に取り組まれていました。

5AED

復職支援トレーニングの参加をきっかけに、 現場の雰囲気を思い出したり、
情報交換の場になって 近況報告するような交流が広がって行くといいなぁと思いました。

託児室もご用意しましたので、小さなお子様がいても安心して
保育サポーターへ預けてトレーニングに参加したり、おしゃべりできます。

11託児室

今回参加できなかったみなさま、次回の開催をお楽しみにicon_lol.gif

第1回 復職支援トレーニングの様子はコチラ

急変時対応」
対 象:長崎県在住の復職を希望する医師
    長崎大学病院に所属し、復職希望の看護師も可
内 容:患者の急変時を想定した実技と講義
   【目的】心肺停止時の対応と、心肺停止に至らせない為の対処が出来るようになる
   【目標】・ガイドラインに沿った心肺蘇生ができるようになる
       ・心肺停止前の状態を把握できる
日 時:平成24年9月24日(月)10:00~11:30
講 師:長崎大学病院 救命救急センター 山下和範先生
場 所:長崎大学病院シミュレーションセンター(外来棟7階)

詳細は、チラシをご覧ください

2012年8月8日

【平成24年度 第1回 復職支援トレーニング開催決定!!】
急変時対応」
対 象:長崎県在住の復職を希望する医師
    長崎大学病院に所属し、復職希望の看護師も可
内 容:患者の急変時を想定した実技と講義
   【目的】心肺停止時の対応と、心肺停止に至らせない為の対処が出来るようになる
   【目標】・ガイドラインに沿った心肺蘇生ができるようになる
       ・心肺停止前の状態を把握できる
日 時:平成24年9月24日(月)10:00~11:30
講 師:長崎大学病院 救命救急センター 山下和範先生
場 所:長崎大学病院シミュレーションセンター(外来棟7階)
申込締切:平成24年9月14日(金)迄
*申込書は下記より様式をダウンロードし、事務局へメールまたはFAXでお申込ください。
    (様式)PDFタイプ、ワードタイプ(入力してメールで提出できる用)
    申請用紙PDF   申請用紙Word
臨床を離れ、現場に戻ることに戸惑いのある方、再スタートの一歩としてぜひお越しください!
託児室も用意しておりますので、安心して研修にご参加いただけます。

詳細は、チラシをご覧ください→H24-09-24-NO1-re-training

1 8 9 10 11