2016年11月30日

【平成28年度 第3回復職&リフレッシュトレーニング 11/29(火)開催しました!】

復職&リフレッシュトレーニングは、育児・介護等で休職・離職中の医師に医療現場との気持ちの距離を縮めてスムーズな復職を促すプログラムです。就労中の方も、知識をリフレッシュしたい方はご参加いただけます。

今回は【熱と咳のプライマリケア】をテーマに開催しました。参加者は6名で、うち初参加は1名でした。院外から1名、育休中2名、復帰医1名、パートタイマー医員2名でした。

icon_exclaim.gif復職&リフレッシュトレーニングの講義を録画したDVDをレンタルしています。参加できなかった回で視聴をご希望の方は、センターまでご連絡ください。


 ↑講師の総合診療科 中道 聖子先生

 冬季の「かぜ」症候群のシーズン到来に合わせて、熱と咳の診断のポイントを教えていただきました。たくさんのウイルスが原因となり、上・下気道症状や発熱が起こります。基本的に「かぜ」は自然に治る病気ですが、「かぜ」と思って受診する患者さんの隠れた原因を見逃さないように診察することも大事だそうです。百日咳、咳喘息、アトピー咳嗽の違いや、咳の出る疾患の胸部エックス線・CTの画像を見せていただき、気をつけるポイントを勉強できました。

 

 

 今回は、トレーニング後の15分をつかって、『ママドクター情報交換会』を初めて企画、開催しました。復帰に向けて不安な点や、子育てに関することなど、診療科の枠を超えてママドクター同士がピアサポートし、交流できる機会をつくることが目的です。
 子育て中の4名のみなさんが引き続きご参加くださいました。
 はじめに、自己紹介、お子さんの年齢や、復職状況などをお話しいただきながら顔合わせをしました。その後は、フリートークです。病児保育施設の話題では、「長崎大学病院内に病児保育施設が開設できないのはナゼ?」「ある民間の病児保育施設の利用感想」(前日深夜に留守電予約ができ、十分な収容人数で感染症の流行する時期でも断られる心配がなく安心)などについて話し合いました。また、イブニングシッターサービス保育サポートシステムについての質問も挙がりましたが、これらのサービスを”利用中”、”利用検討中”の方が相互にいらっしゃったので、直に利用者の事例を聞くことができ、談笑しながら有用な情報交換会になったのではないかと思います。

icon_redface.gif当センターが各医局のワークライフバランス推進員などからの情報により登録できている休職中の先生方には、メルマガ配信やお電話でお声かけしながら地道に活動しています。県内病院で働かれている女性医師の方も、職場へのスムーズな復職や仕事と子育ての両立を始めたばかりのママドクター同士のピアサポートの場として、当センターの実施するイベントを活用していただけると幸いです。

<<参加者アンケートより>>
・咳止めの薬も安易に出さないようにしようと思いました。
・産科婦人科の患者さんでも(特に妊婦さん)、咳や熱を訴えて来られる方は結構いらっしゃるので、勉強になりました。
・クリニックの外来診療で、咳による来院も増えてきた時期であり、とても勉強になった。 
・日頃、子育てに追われて、なかなか勉強する機会がなかったので、リフレッシュになりました。また、下の子どもを預けるのも初めてで、大丈夫かなと心配していましたが、楽しそうに過ごしていたようで安心しました。参加させていただいて、とても良かったです。


託児室では3名の参加者が利用され、4名のお子さんをお預かりしました。

復職&リフレッシュトレーニングに関する記事はコチラ 

2016年11月15日

【平成28年度 第3回 復職&リフレッシュトレーニング開催決定!!】

対 象:長崎県在住の休職・離職中の医師
     および長崎県内の医療機関に勤務している医師で
     テーマに関する知識をリフレッシュしたい方
内 容:講義形式
     第3回テーマ 『熱と咳のプライマリケア』
日 時:平成28年11月29日(火)14:30~15:45
講 師:長崎大学病院 総合診療科 中道 聖子 先生
場 所:長崎大学病院 多目的研修室(新中央診療棟4階)
*申込書は下記の様式いづれかをダウンロードし、メールまたはFAXください。
 (様式) PDFタイプ、ワードタイプ(入力してメールで提出できる用)

    申請用紙PDF   申請用紙Word

臨床を離れ、現場に戻る前の再スタートの一歩として、ぜひお越しください!
託児室も用意しておりますので、安心して研修にご参加いただけます。
託児希望の方はこちらの託児申込書にて別途お申込みください。
託児の申込締切は、開催日の1週間前までとなります。 

チラシPDFはコチラ
 
過去の復職&リフレッシュトレーニング関連記事はコチラ

2016年10月3日

【平成28年度 第2回復職&リフレッシュトレーニング 9/30(金)開催しました!】

復職&リフレッシュトレーニングは、育児・介護等で休職・離職中の医師に医療現場との気持ちの距離を縮めてスムーズな復職を促すプログラムです。就労中の方も、知識をリフレッシュしたい方はご参加いただけます。

今回は【消化器内視鏡診療の最前線】をテーマに開催しました。参加は4名で、うち初参加は2名でした。全員学内からの参加で、育休中の方2名は、託児室をご利用になりました。残念ながら、お子さんの都合で、2名の方が欠席されました。

icon_exclaim.gif復職&リフレッシュトレーニングの講義を録画したDVDをレンタルしています。参加できなかった回で視聴をご希望の方は、センターまでご連絡ください。


↑講師の消化器内科 中鋪 卓先生

 第2回は、消化器領域での内視鏡を使った診断・治療についての講義でした。内視鏡機器の歴史から始まり、NBI拡大観察と、ヘリコバクター・ピロリの感染診断について、たくさんの画像を見せてもらいました。そして、早期癌に対するESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)と食道アカラシアに対するPOEM(内視鏡的筋層切開術)については、動画を使って説明していただきました。また、内視鏡検査時に問題となる抗血小板薬・抗凝固薬の休薬についてと、ESD治療後の出血に対する新しい治療法など、最新の情報を教授いただき、とても勉強になりました。

 
 

<<参加者アンケートより>>
・育休中のため長期間臨床から離れており、不安がありましたが、講義を受けてとても勉強になりました。
・拡大内視鏡がどのようなものかわかってよかった。たくさんの画像とわかりやすい説明でよかったと思います。
・たくさん動画をみせていただいてわかりやすかったです。ピロリ菌の除菌の必要性や内視鏡治療も今まで具体的にわからなかったことが少しわかってよかったです。
・ピロリ菌除菌や抗血小板薬の休薬についてあいまいになっている知識を再確認できてよかったです。


託児室では、育休中の方2名のお子さんをお預かりしました。

2016年9月16日

【平成28年度 第2回 復職&リフレッシュトレーニング開催決定!!】
対 象:長崎県在住の休職・離職中の医師
     および長崎県内の医療機関に勤務している医師で
     テーマに関する知識をリフレッシュしたい方
内 容:講義形式
     第2回テーマ 『消化器内視鏡診療の最前線』
日 時:平成28年9月30日(金)14:00~15:15
講 師:長崎大学病院 消化器内科 中鋪 卓 先生
場 所:長崎大学病院 第一会議室(新中央診療棟2階)
*申込書は下記の様式いづれかをダウンロードし、メールまたはFAXください。
 (様式) PDFタイプ、ワードタイプ(入力してメールで提出できる用)

    申請用紙PDF   申請用紙Word

臨床を離れ、現場に戻る前の再スタートの一歩として、ぜひお越しください!
託児室も用意しておりますので、安心して研修にご参加いただけます。
託児希望の方はこちらの託児申込書にて別途お申込みください。
託児の申込締切は、開催日の1週間前までとなります。 

チラシPDFはコチラ


過去の復職&リフレッシュトレーニング関連記事はコチラ

2016年6月29日

【平成28年度 第1回復職&リフレッシュトレーニング 6/27(月)開催しました!】

復職&リフレッシュトレーニングは、育児・介護等で休職・離職中の医師に医療現場との気持ちの距離を縮めてスムーズな復職を促すプログラムです。就労中の方も、知識をリフレッシュしたい方はご参加いただけます。

今回は【降圧薬の使い分け】をテーマに開催しました。参加は7名で、うち初参加は2名でした。地域病院から3名、学内から4名でした。育休中の方2名は、秋頃復職予定で利用予定の保育所が同じという情報交換ができました。

icon_exclaim.gif復職&リフレッシュトレーニングの講義を録画したDVDをレンタルしています。参加できなかった回で視聴をご希望の方は、センターまでご連絡ください。

 
↑講師の循環器内科 恒任 章先生

今年度最初の復職&リフレッシュトレーニングは、高血圧のお話でした。日本高血圧学会指導医より高血圧治療ガイドライン2014に沿って、血圧測定方法、その評価方法、リスク分類、高圧目標、生活習慣修正や減塩も大事であることからお話しいただき、降圧薬の使い分けについて丁寧にご説明くださいました。合併症のない場合は、主要降圧薬の2剤、3剤の併用で加療、合併疾患・心疾患を有する場合の薬の選び方、最近たくさん種類がある合剤(ARB/Ca拮抗薬/利尿薬)の使い方、種々の禁忌事項、妊娠・授乳時の高血圧治療のお話しなどを聴きました。また先生の経験に基づく、使い方のコツも伺うことができ、とても勉強になりました。

   

<<参加者アンケートより>>
・診療での疑問が解決できました。
・合剤でよく効いた例もあり、納得し、合剤+拮抗薬か、合剤+利尿剤か、今後使ってみようと思います。
・職場HTの人で悩んだこともあり、受講してよかったです。授乳の話も外来で役立ちそうです。


託児室では、3名の参加者が託児を利用され、4名のお子さんをお預かりしました。

1 2 3 4 5 6 12