2015年9月30日

【平成27年度 第4回復職&リフレッシュトレーニング 9/28(月)開催しました!】

復職&リフレッシュトレーニングは、育児・介護等で休職・離職中の医師に医療現場との気持ちの距離を縮めてスムーズな復職を促すプログラムです。就労中の方も、知識をリフレッシュしたい方はご参加いただけます。

今回は【急変時の対応―BLSと基本的な考え方―】をテーマに開催しました。定員8名でしたが、参加は5名で、うち初参加は3名でした。地域病院から1名、学内から2名で、育休中の方2名でした。

icon_idea.gif 復職&リフレッシュトレーニングの講義を録画したDVDをレンタルしています。参加できなかった回で視聴をご希望の方は、センターまでご連絡ください。

 
↑講師の山下和範先生

今年度、第4回目の復職&リフレッシュトレーニングは、毎年計画、実施してきた「急変時対応」です。
今回も救急医療のエキスパートである、救命救急センター副センター長の山下和範先生にトレーニングしていただきました。
緊急事態に遭遇したら、緊急対応システムを稼動=長崎大学病院内であればハリーコールを要請して、迅速なCPR=胸骨圧迫を行い、AEDによる迅速な除細動を行うことが大事だということです。バイスタンダーCPRの有無で生存率に差が生じ、AEDの普及により、心原性心停止患者さんの生存率は改善されています。みなさんの生活行動範囲のどこにAEDが設置されているか、一度確認してみると良い、と話されました。
シミュレーターを用いて、意識の確認、呼吸の確認、胸骨圧迫、AEDの使用、BVMを用いた換気などを実践し、山下先生よりコツを教えてもらいました。久しぶりにCPRを行い、初めてAEDを触ったという参加者が多く、良いトレーニングとなりました。

 

 <<参加者アンケートより>>
・受講したくてもなかなか腰があがらないので、直接メールでお誘いいただき、良かったです。託児も利用でき、ありがとうございました。
・久しぶりの胸骨圧迫で緊張しました。すでに臨床では実践する機会がないので、いつの日かバイスタンダーCPRができるといいと思いました。

 
↑託児室では、1歳未満のお子さんを3人お預りする予定でしたが、トレーニング当日にお子さんの発熱により欠席されました。
欠席された場合でも、講師の先生よりご了承いただけた回は、ハンドアウト資料を後日郵送でお配りするように対応しておりますので、お気軽にお申し込みください。icon_razz.gif

2015年9月1日

【平成27年度 第4回 復職&リフレッシュトレーニング開催決定!!】
対 象:長崎県在住の休職・離職中の医師
     および長崎県内の医療機関に勤務している医師で
     テーマに関する知識をリフレッシュしたい方
内 容:講義+実技形式
     第4回テーマ 『急変時の対応―BLSと基本的な考え方―』
日 時:平成27年9月28日(月)14:00~15:45
講 師:長崎大学病院救命救急センター 山下 和範 先生
場 所:長崎大学歯学部本館2階シミュレーション室
定 員:8名
申込締切:平成27年9月21日(月)迄 定員になり次第締め切りとなります。

*申込書は下記の様式いづれかをダウンロードし、メールまたはFAXください。
 (様式) PDFタイプ、ワードタイプ(入力してメールで提出できる用)

    申請用紙PDF   申請用紙Word
臨床を離れ、現場に戻る前の再スタートの一歩として、ぜひお越しください! 
託児室も用意しておりますので、安心して研修にご参加いただけます。
託児希望の方はこちらの託児申込書にて別途お申込みください。
託児の申込締切は、開催日の1週間前までとなります。 

チラシPDFはこちら

2015年7月10日

【平成27年度 第3回復職&リフレッシュトレーニング 7/9(木)開催しました!】

復職&リフレッシュトレーニングは、育児・介護等で休職・離職中の医師に医療現場との気持ちの距離を縮めてスムーズな復職を促すプログラムです。就労中の方も、知識をリフレッシュしたい方はご参加いただけます。

今回は【古くて新しい感染症―デング・NTM・結核・SFTS & MERS―】をテーマに開催しました。参加は7名で、うち初参加は1名でした。地域病院から3名、学内から3名で、育休中の方1名でした。

icon_idea.gif 復職&リフレッシュトレーニングの講義を録画したDVDをレンタルしています。参加できなかった回で視聴をご希望の方は、センターまでご連絡ください。


↑長崎大学病院 熱研内科 神白 麻衣子先生

 第3回は、急遽「エボラ出血熱」と「MERS」をテーマに加えて、お話いただきました。

 感染症がグローバル化しているため、遠い外国で発症した感染症が、海を越え飛行機などに乗って、いつ日本に来るかわかりません。
 デング熱は、長崎で戦後に2万人が感染する一時的流行もあったそうです。その後はほぼ輸入例でしたが、昨年ついに国内発生した事は、みなさんの記憶に新しい情報ではないでしょうか。潜伏期間は4~10日で、突然の高熱ではじまります。解熱するときにショック症状を示して重症化しますが、24~48時間で止まるので、その間の対症療法をしっかりすることが大事だそうです。

 西アフリカで流行したエボラ出血熱と韓国のMERSについても説明があり、2つの感染症の致命率は40%だということです。

 先進国の中では罹患率がいまだ高い結核や、結核より少ないものの増加傾向の非結核性抗酸菌症(NTM症)については、症例の胸部レントゲン・CT像を供覧しました。SFTS(重症熱性血小板減少症候群)は、高齢者×夏×西日本で見られるマダニが媒介する病気です。長崎での発症例も当然あり、マダニを皮膚から駆除するのにはひと工夫いるそうです。本セミナーに参加されていた皮膚科医師より、「酒精綿のアルコールで酔わせるために、ラップで巻き1時間程置くと、なかなか噛みついて離れないマダニが取れることもあるが、取れないときは皮膚を切除する必要もある」という追加情報をいただきました。
 講師の神白先生に、最近ニュースで耳にする感染症について、わかりやすく教えていただきました。また、「感染症を疑うことが大事」「普段の診療で、標準予防策がしっかりとれていれば、自分の身を守れる」ことを教えていただきました。
 テーマ毎に気軽に質問に応えていただき、参加者の疑問点がその場で解決できる雰囲気の講義でした。

<<参加者アンケートより>>
・ニュースでよく耳にする感染症についても説明があり、知識が整理できてよかった。
・日常診療でもたまに目にするNTM症についても話がきけてよかった。
・デング熱や結核の存在が思っていた以上に身近だと認識しました。

2015年6月17日

【平成27年度 第3回 復職&リフレッシュトレーニング開催決定!!】
対 象:長崎県在住の休職・離職中の医師
     および長崎県内の医療機関に勤務している医師で
     テーマに関する知識をリフレッシュしたい方
内 容:講義形式
     第3回テーマ 『古くて新しい感染症―デング・NTM・結核・SFTS & MERS―』
日 時:平成27年7月9日(木)14:00~15:15
講 師:長崎大学病院熱研内科 神白 麻衣子 先生
場 所:長崎大学病院会議室A
*申込書は下記の様式いづれかをダウンロードし、メールまたはFAXください。
 (様式) PDFタイプ、ワードタイプ(入力してメールで提出できる用)

    申請用紙PDF   申請用紙Word
臨床を離れ、現場に戻る前の再スタートの一歩として、ぜひお越しください!
託児室も用意しておりますので、安心して研修にご参加いただけます。
託児希望の方はこちらの託児申込書にて別途お申込みください。
託児の申込締切は、開催日の1週間前までとなります。 

チラシPDFはこちら

2015年6月16日

【平成27年度 第2回復職&リフレッシュトレーニング 6/16(火)開催しました!】

復職&リフレッシュトレーニングは、育児・介護等で休職・離職中の医師に医療現場との気持ちの距離を縮めてスムーズな復職を促すプログラムです。就労中の方も、知識をリフレッシュしたい方はご参加いただけます。

今回は【だれでも遭遇する心房細動治療のこれだけは-残念な経過にならないために最小限気をつけること- 】をテーマに開催しました。参加は10名で、うち初参加は2名でした。地域病院から4名、学内から5名で、育休中の方1名でした。

icon_idea.gif 復職&リフレッシュトレーニングの講義を録画したDVDをレンタルしています。参加できなかった回で視聴をご希望の方は、センターまでご連絡ください。

↑長崎大学病院 循環器内科 荒川 修司先生

 第2回は、前回のテーマ「脳卒中」の原因となる「心房細動」についてのお話でした。
 心房細動は、人口1%の罹患率、80歳以上では5%の罹患率となり、医師なら誰でも遭遇する機会がある病気です。
 「脳梗塞を起こさないために」「症状を緩和するために」「隠れている基礎疾患を見逃さないために」を診療の3大ポイントとして挙げられました。そして、心臓の解剖から発生機序の説明と若年者と中高年者の2症例について、その考え方、説明の仕方、診断・治療の方針について、わかりやすく話されました。
 レイトコントロールに用いるメインテートなどのβ遮断剤、脳梗塞予防のNOAC(ノアーク)の使い方や、治すためのアブレーションという治療を大学病院では行っていることも教えてもらいました。
 

 
<<参加者アンケートより>>
・具体的な症例での考え方の説明もあり、とてもわかりやすかったです。ワーファリンとNOACの違いも勉強になりました。
・毎回勉強になっています。
・先日久しぶりに発作性afのptをみたので、わかりやすく、どうすればよかったか、よくわかった。情報提供の大事さがわかった。中長期的視点の説明も大切。
参加者10名は、受講前には、「すごく不安があった」4名から、受講後には、「不安なく対応できそう」6名や、内容を「よく理解できた」7名など、参加者から好評で、満足されたようでした。

icon_razz.gif小さなお子さんがいても受講できるように、復職&リフレッシュトレーニングでは、託児室を準備しています。
今回は、7か月から5歳までの4名のお子さんをお預かりしました。3名のシッターさんと楽しく遊びながら待っててくれたようです。

1 2 3 4 5 6 7 11