2021年11月30日

 センターでは、医師のキャリア形成・継続のサポートをするために、医学生や研修医等、若い世代を対象として「医師のワークとライフをきいてみよう!ロールモデル探し」と題し、現役で活躍されている医師と若い世代が交流できる身近な意見交換会をセンター開設当初より不定期で開催しています。

 2021年度は、将来長崎県養成医として離島・へき地で勤務する義務を持つ、長崎大学医学部・佐賀大学医学部・川崎医科大学の地域枠の女子学生と、自治医科大学の女子学生、初期研修の女性医師を対象に、将来のワークライフバランスに関する不安を軽減する目的で、「養成医のワークとライフを聞いてみよう!ロールモデル探し」と題して、オンライン会を2回行いました。

 第2回は、11月23日(火・祝)27日(土)28日(日)の3日程で開催しました。参加者は学生32名(参加率82%)で、先輩医師11名と長崎県医師会常任理事 瀬戸牧子先生のご協力を得ました。 
 今回は、学生が検討している診療科について考えることをテーマとして、「小児科」「産婦人科」「内科」「外科」「整形外科」の5診療科の先輩医師と学生をグループ分けし、各グループ90分間を目処にZoomを用いたオンライン会で意見交流しました。まず、センターより11月に行った「育児休業を取得したことがある女性医師へのWebアンケート調査」の結果報告と、参加の学生が将来勤務する可能性のある長崎県病院企業団の主な関連病院の子育てとの両立支援環境をお知らせしました。
 

 先輩医師からは、今の診療科を選んだ理由、思い出深い出来事や症例、離島・へき地での診療科の特徴や、勤務環境、当直・拘束について、さらに、パートナーとの出会いや、離島・へき地での子育てについても話してもらいました。その後に、学生から診療科のこと、研修先選び、専門医受験のタイミング、年限明けのこと、プライベートな時間の確保、子育てとの両立について以外にも、様々な質問が挙がりました。
icon_arrow.gifグループ①「小児科」
 ・育休期間はブランクではなく、家族と一緒に過ごせる大事な時間であり、医師としても良い経験になる
 ・対馬のお魚は本当に美味しい
icon_arrow.gifグループ②「内科・整形外科」
 ・島はどの診療科の医師でも、当直時は受診する様々な症例をすべてを診る
 ・学生の時には「英語」の勉強をしておくと後で必ず役立つ
 ・「産業医」「スポーツドクター」資格取得の話
icon_arrow.gifグループ③「内科」
 ・パートナーとの家事・育児分担の話
 ・総合診療医や離島でのプライマリケアの話
icon_arrow.gifグループ④「外科・産婦人科」
 ・女性外科医として体力面について
 ・病棟実習では医療面接、コミュニケーションの技術を磨いて欲しい
 ・「ユマニチュード」ケアメソッドの紹介
icon_arrow.gifグループ⑤「産婦人科」
 ・島の学校に赴き性教育の講演を行っている
 ・学会はオンライン配信が進み、遠方でも参加しやすくなった
 ・イノシシにぶつかって廃車になった話
 ・大人の女性として、避妊や計画的妊娠を考えよう

【アンケートから抜粋】
<今のお気持ちをお聞かせください>上位3つ、複数回答あり
・キャリア形成(診療科の選択や専門医取得など)の参考にしたい 30人
・様々な働き方をしながら医師を辞めずに継続できそう      19人
・ワークとライフを両立するイメージが明確になった       17人
・不安な気持ちを相談できる部署があって安心した        14人

<学生の感想>
・卒業を控えて将来の働き方や出産育児、産休や育休をどうするか、友人達とも悩むことが多い時期だったので、すごく参考になった。使える制度や支援があると知って安心した。また、産休や育休もブランクではなく、子どもと関わってとても重要な時間というお話を聞いて、将来育休をとることに対しての不安が減った。
・どのようにして専門科を決めたかや研修医のときに取っておいてよかった資格などを聞くことができて、とても有意義な時間になりました。ありがとうございました。
・実際に内科で働いておられる様々な立場の先生方に多くのお話を聞かせていただき、とても参考になりました。また、いろいろな病院で働いておられる先生方だったので、今後病院見学や実際に勤務することになった時に、知っている先生方がおられるということはとても有難いことだし安心できると思いました。

↑先輩医師のご紹介       ↑参加者アンケート結果(クリックください)

<先輩医師の感想>
・学生さん方が、地域で働くことや進路に関して不安も期待もありつつ真剣に考えていることが伝わってきて、私も楽しく過ごせました。
・学生さんが真剣に、時には頷きながら、意見を聞いてくださって嬉しかったです。低学年にも関わらず、将来を見据えた質問をされ、非常に頼もしく感じました。
・産・育休中にも関わらず、このような機会をくださり本当にありがとうございました。休みの間、働いている同僚や世間へ申し訳ない気持ちがずっとありましたので少しでもお役に立てる機会をいただけて嬉しかったです。参加された方々に対馬の魅力を知っていただけてとても嬉しいです。
・第1回に比して、学生さんからもより深い内容のご質問をいただき充実した時間となりました。自分が学生時代に同じように考えていたことを学生さんたちも考え悩んでおり、このような機会をいただいたことで自分自身も振り返るきっかけとなりました。
・急患対応で参加が遅れてしまい、大変申し訳ありませんでした。まだ若輩の身ですが、これからの先生たちの参考になれば幸いです。
・学生のみなさんの考えや先生方のお話を聞くことができて、楽しい時間でした。私が1、2年生の頃は、まだ基礎の解剖や生理学等の授業しかあっていなかったと記憶しますし、何科になりたい、将来どこで働きたい等何にも考えていなかったように思います。今回1、2年生のみなさんも、漠然とでも将来のことや、働く面での不安なことを考えていることがわかりました。養成医の実際についてや、大学病院での話が出ましたので、少しでも参考になればいいなあと思いました。5、6年生のみなさんからはより具体的な質問があり、将来をきちんと見据えていることを感じました。みなさんと病院見学や研修で会えるのを楽しみにしています。

icon_razz.gif初年度となる本会に、2回とも参加した学生は73%でした。その中でも、6年生は数か月後には研修が始まるとのことで、緊張感も感じられました。医学生の今も、卒業して養成医になった将来も、いつでもセンターが仕事と生活の両立に悩んだ時の相談窓口であることを学生へお伝えしました。6年生のキャリア形成がスムーズに進むように祈っています。来年度も開催を計画しますので、先輩医師の皆さん、どうぞよろしくご協力のほど、お願い申し上げます。

2021年7月27日

 センターでは、医師のキャリア形成・継続のサポートをするために、医学生や研修医等、若い世代を対象として「医師のワークとライフをきいてみよう!ロールモデル探し」と題し、現役で活躍されている医師と若い世代が交流できる身近な意見交換会をセンター開設当初より不定期で開催しています。

 2021年度は、将来長崎県養成医として離島・へき地で勤務する義務を持つ、長崎大学医学部・佐賀大学医学部・川崎医科大学の地域枠の女子学生と、自治医科大学の女子学生、初期研修の女性医師を対象に、将来のワークライフバランスに関する不安を軽減する目的で、「養成医のワークとライフを聞いてみよう!ロールモデル探し」と題して、オンライン会を2回行います。

 第1回は、7月10日(土)と11日(日)の2日程に分けて行いました。参加者は両日合わせて総勢44名でした(重複除く)。対象となる39名の女子学生のうち33名と、女性研修医1名が参加しました。センターからお声かけをして、現役や元養成医の先輩医師8名と長崎県医師会常任理事 瀬戸牧子先生のご協力を得ました。センターが先輩医師と参加者を5グループに振り分け、各グループ90分間を目処にZoomを用いたオンライン会で意見交流しました。結婚・妊娠・出産・育児休業・子育てのこと、研修病院選び、専門医取得、医局入局についてなど、9年間の義務年限と関係する内容の質問に対して、先輩医師がご自身の経験や周囲の女性医師の働き方の状況を交えながら、丁寧にアドバイスしました。
 センターは、5グループ全てのオンライン会に司会進行兼アドバイザーとして同席し、あじさいプロジェクト活動で把握したデータや情報を共有しました。県内の病院に勤務する女性医師の分布図、マタニティ白衣貸出事業から判明した女性医師の第1子妊娠時年齢(平均年齢32.6歳)、育休制度と義務年限についての注意点、義務年限修了後、長崎大学病院で活躍中の医師の紹介などを話しました。
 
【アンケートから抜粋】
<今のお気持ちをお聞かせください>上位3つ、複数回答あり
・キャリア形成(診療科の選択や専門医取得など)の参考にしたい 27人
・ワークとライフを両立するイメージが明確になった       24人
・共働きするには、パートナーの理解と協力が必要だと感じた   17人

<感想>
・先輩方がどのように子育てやキャリアアップをしていかれたのかを知ることができ、将来をイメージすることができました。また、「相談などがあればいつでも連絡ください」と言ってくださったのが本当に心強く、有り難かったです。
・女性だけが集まり話し合う機会は新鮮で、違った視点から医療現場の雰囲気を知ることができて、とても良かったです。
・結婚や出産のタイミングなど気にはなっているけれど、これまで質問しづらかった部分を丁寧に説明してくださり、将来のビジョンを考える場となりました。
・地域特別枠で大学に入学して、研修医として働いている先輩方のお話を聞くことができ、少し不安が解消されました。離島で医師として働くことや、義務年数のことなどしっかり理解しておらず、イメージがあまりついていなかったけれど、お話を聞いて離島での生活や医療、大学卒業後のことについて考えることができました。

↑先輩医師のご紹介       ↑参加者アンケート結果

 icon_razz.gif約9割の参加者が「都合が合えば、また参加したい」と満足度の高い大変有意義な会になりました。若い世代が、少しでも将来への不安を払拭して、養成医として離島勤務に臨めるように、環境整備を含め、支援活動を引き続き行ってまいります。あじさいプロジェクト活動へのご支援・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

2021年1月21日

 2021年1月19日(火)、COVID-19診療がひっ迫する状況ではありましたが、オンラインにて「チーム医療の質を高める 医師の接遇スキル ~トラブルを回避し、働きやすい職場をつくるためのコミュニケーション研修~」を長崎大学「ワークスタイルイノベーション」プログラムの一環として開催しました。
 本研修は、長崎大学病院に勤務する医師を対象に、接遇向上が医療安全につながることを学び、チーム医療の質を高めるコミュニケーション技術を実践に生かすことを目的として行いました。
 講師として、ラ・ポール株式会社代表取締役の福岡かつよ先生にリモート講演いただきました。福岡先生は、20年余りにわたり、医療・介護に特化した「医療接遇コンサルタント」として、大学病院からクリニックまで幅広くコンサルティング活動をされています。

 参加者は16名で、年齢層の割合は、20代、30代、40代、50代以上がそれぞれ25%ずつと均等でした。研修では、医療現場での具体例を挙げた解説があり、自分や相手の「認識スタイル」を理解して会話をすることが大切で、個人の特性によってパフォーマンスや結果に至るプロセスが異なるとのアドバイスがありました。また、個々の「認識スタイル」の傾向からバランスよくチームを組むと円滑にプロジェクトが進むことを話されました。

 年齢層別のグループワークでは、①なぜ、医療現場では『接遇・コミュニケーション』が必要で重要なのか ②どうして自分の話が相手に理解されないのか ③どのような自分とのコミュニケーションが大切かについて、ディスカッションを行いました。初診の患者さんに説明をする時、内科系の先生は、症状が良くなる話を考える、一方外科系の先生は、症状が悪くならない話を考える、と診療科の分類で二分する面白い結果が出たと発表がありました。患者さんの希望・方向性を確認して、説明の重点をどちらにおくかを考えることで、伝わりやすく満足・納得してもらえる診察が行えるようです。

<参加者の声>
・『何となく伝わらない』ではなく、相手の思考タイプを考えることでお互いストレスなくコミュニケーションが取れると分かった。
・治療の際の説明の仕方にも方向性や患者さんの感じ方が異なることを知り、医師間でも違うことを実感した。自分の分析をまずしてみたい。
・話が通じないと思うことが稀にあったが、今回の研修を通じて見方が変わった。他人を尊重することの必要性を感じた。
・チーム医療における自己と他者の関係について、これまで深く考えたことがなかった。「20歳」を過ぎてからは基本的に人は変わらないものと考えているが、その中でoutputはチームにおいてどのように変えるのが必要か考えさせられた。大変面白く、自分を改めて見つめ直せた。
icon_redface.gifまず自己理解がコミュニケーションを図るうえで重要であることに気づき、良好で働きやすい職場環境づくりがチーム医療の質を高めることをイメージできた様子でした。

2021年1月5日


↑画像をクリックください

患者さんやスタッフとのコミュニケーションは、チーム医療の質や医師の働きやすさにつながる重大テーマであると考えられます。医師のコミュニケーションギャップを解消するためには、どうしたらいいのか。医師が自分の伝えたいことを相手に理解してもらうにはどうしたらいいのか。医療専門の接遇コンサルタントをお迎えして、「接遇向上が医療安全につながる」ことを学び、限られた時間の中で、相手のニーズを聞き出す手法などを教えていただきます。
本セミナーは、長崎大学「ワークスタイルイノベーション」プログラムの一環で開催します。働き方見直しのヒントを見つけてください。

【日  時】  2021年1月19日(火)18:00~19:00+質疑応答
【会  場】  長崎大学病院 第一会議室(定員45名)
        またはオンライン(Zoom)
【実施方法】  オンライン形式 ※講師はリモート参加
【対  象】  長崎大学病院に勤務する医師
【講  師】  福岡かつよ氏
       (医療接遇コンサルタント/ラ・ポール株式会社代表取締役)
       「チーム医療の質を高める 医師の接遇スキル
        ~トラブルを回避し、働きやすい職場をつくるためのコミュニケーション研修~」
【Web申込フォーム】 https://forms.gle/rJpRJFAnGT6m4Kxe7
           ※事前にWeb申込フォームよりお申し込みください。
           申込締切1月12日(火)

★無料託児サービスについて★
 メディカル・ワークライフバランスセンターでは、夕方以降開催の会議や勉強会出席のための託児サービス「イブニングシッター」を行っています。ご希望の方はイブニングシッター「託児申込書」(PDF版・Word版)を利用1週間前までにセンターへご提出ください。

【お問い合わせ】 メディカル・ワークライフバランスセンター
         E-MAIL:info01アットマークnagasaki-ajisai.jp
         (「アットマーク」を「@」に換えて下さい)

2019年8月27日

【2019年キャリアアップセミナー「EndNoteの活用法」 8/22(木) 開催しました!】

icon_arrow.gifキャリアサポート関連の報告記事はコチラ



「EndNoteの活用法」
講師:ユサコ株式会社
    アカデミア事業部 営業部 谷川 淳 先生
日 時:8月22日(木)18:30~19:45
会 場:長崎大学病院 多目的研修室 奥(中央診療棟4階)

 今年は、英語論文作成に欠かせない文献管理・論文作成支援ソフト「EndNote」の活用法について、日本での販売・サポートをされているユサコ株式会社から講師をお招きしました。参加者は14名で、うち初参加は8名でした(医師・歯科医師・技師・理学療法士・心理士・大学院生)。
 参加者アンケートによると、受講のきっかけは、今後ソフトを使用予定のため 5名、現在ソフト使用中でスキルアップのため 5名などでした。講師の谷川先生より「EndNote」の基本の使い方の説明と、最新のX9の新機能の紹介・特色を教えていただきました。そのひとつに、投稿先ジャーナル推薦機能があり、上手に利用できれば英語論文作成がより簡便にできて、業績アップできると思いました。

 本セミナーは、2016年と同様に「長崎大学医学系教員会議」との共催(セミナー費用の一部負担)で開催しました。「長崎大学医学系教員会議」では、医学系教員の大学における教育・研究・診療・その他の改善や向上を図ることを目的として活動されています。

icon_exclaim.gifこれまでのキャリアアップセミナーのDVDを貸し出しします。ご希望の方は、センターまでご連絡ください(スライドは除く)。
※2016年と今回実施した「EndNote」は、撮影不可のため、ハンドアウト資料のみのご提供です。


講義の様子

icon_razz.gif<参加者アンケートより>
・とても興味深い内容でした。早速使ってみようと思います。
・ありがとうございました。頑張って「EndNote」使ってみます。

キャリアアップセミナーを受講している間、お子さんは「イブニングシッター」でお預かりできます。
今回は1名の利用がありました。


託児の様子

1 2 3 4 13