2017年9月15日

長崎市、西海市、長与町、時津町で働いている医師
またはその区域に住んでいる医師(諫早市・大村市も応相談)の皆さまへ

保育サポートシステムを初めてお申し込みになる方へ「子育て医師応援利用券」を進呈する”子育て医師応援キャンペーン”を実施中です。(平成30年2月28日までの使用期限)
対象者は、子育て中の長崎市、西海市、長与町、時津町で働いている医師とその区域に住んでいる医師の方です(諫早市、大村市も応相談)。
常勤・非常勤・修練医・研修医、男女を問いません。開業医も含みます。配偶者が専業主婦・主夫でもお申し込み可能です。また、お子さんの年齢に制限はございません。

icon_razz.gifお問い合わせ等、お気軽にご連絡ください。  
 

長崎県医師会保育サポートシステム
<長崎県医師会コーディネーター担当:岸川>
E-mail hoikusupportアットマークnagasaki.med.or.jp
(上記アットマークには”@”を入力ください )

<長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンター担当:有馬・南>
E-mail info01アットマークnagasaki-ajisai.jp
(上記アットマークには”@”を入力ください )

●長崎県医師会保育サポートシステムとは?
長崎県医師会ホームページ
長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンター

2017年8月18日

平成29年度 第2回保育サポートシステム・保育サポーター研修会(長崎会場)
日時:平成29年8月3日(木)14:30~17:00
場所:長崎県医師会館(長崎市茂里町3-27)
参加:18名

平成29年度 第3回保育サポートシステム・保育サポーター研修会(大村会場)
日時:平成29年8月10日(木)14:30~17:00
場所:大村市医師会(大村市協和町779)
参加:10名

内容(講師:敬称略)
 1、システムの概要 (長崎県医師会常任理事 瀬戸 牧子)
 2、子どもの心の発達 (臨床心理士 中村 晃子)DVD視聴
 3、子どもの病気とホームケア~子育て神話のウソ?ホント?~
       (出口小児科医院 院長 出口 貴美子)DVD視聴

↑瀬戸先生の講演中の様子

<長崎県医師会 岸川コーディネーターからの報告>
 今回で7回目となる長崎での研修会は、猛暑の中、18名の方にご参加いただきました。「前から気になっていたので」という方も何人かいらして、少しずつではありますが、活動が認知されつつあると感じました。
 一方、今年度から新しく事業対象となった大村市では、「保育サポートシステムって何?」という方が多いのは当然で、そのような中で研修会に足を運んでくださった皆さんには心からお礼を申し上げます。その場で登録をしてくださった方もいらっしゃいました。
 支える側の質と量がととのえば、支援を受ける医師も安心できます。今後も周知活動や研修内容の充実に努め、一人でも多くの子育て医師に必要なサポートが届けられるよう励みたいと思います。

icon_razz.gif随時、サポーターを募集しています。お気軽に長崎県医師会へお問い合わせください。

●お問い合わせ・お申込み先
長崎県医師会
 E-mail:hoikusupportアットマークnagasaki.med.or.jp
    「アットマーク」を「@」に換えてください

保育サポートシステムの活動報告はコチラ

2017年8月1日

長崎県医師会
平成29年度 第1回保育サポートシステム・保育サポーター研修会(諫早会場)

日時:平成29年7月27日(木)14:30~17:00
場所:諫早医師会(諫早市永昌町23-23) 2階 視聴覚室
参加:10名

内容(講師:敬称略)
 1、システムの概要 (長崎県医師会常任理事 瀬戸 牧子)
 2、子どもの心の発達 (臨床心理士 中村 晃子)DVD視聴
 3、子どもの病気とホームケア~子育て神話のウソ?ホント?~
       (出口小児科医院 院長 出口 貴美子)DVD視聴

<長崎県医師会 岸川コーディネーターからの報告>
 長崎市とその近郊に限定していた「保育サポートシステム」の活動を、今年度から諫早・大村地区にも拡大することとなり、7月27日(木)諫早医師会にてサポーター研修会を開催しました。当システムの活動が十分に認知されているとはいえない中で申し込んでくださった諫早市の有志の皆さん、ありがとうございました。これから子育て医師へのアプローチをはじめます。皆さんの「子育て医師を支えたい」というお気持ちをちゃんと医師のもとに届けられるよう努めますので、少しお待ちください。

↑瀬戸先生の講演中の様子

icon_razz.gif聴講をご希望の方は、長崎県医師会にお問い合わせください。
より多くの方に研修を受けていただき、サポーターとして医師の子育てを支えていただきたいと願っています。

 <サポーター研修会開催予定のお知らせ>
 ◆第2回
  日時:平成29年8月3日(木)14:30~17:00
  場所:長崎県医師会館
 ◆第3回
  日時:平成29年8月10日(木)14:30~17:00
  場所:大村市医師会

●お問い合わせ・お申込み先
長崎県医師会
 E-mail:hoikusupportアットマークnagasaki.med.or.jp
    「アットマーク」を「@」に換えてください

保育サポートシステムの活動報告はコチラ

2017年7月26日

長崎県医師会と長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンターが協働で運営する「長崎県医師会保育サポートシステム」は、県内の子育て医師が育児と仕事を両立できるよう支援しています。
モデルケースとして、長崎大学病院の医師を対象にスタートし、平成29年度からは、「長崎市」「西海市」「時津町」「長与町」に加え、
『諫早市』 『大村市』の病院に勤務・または居住している医師も対象として拡大することになりました。

そのため、より一層のシステム充実を目指し、サポーターさんを大募集します。
ご自身の子育て経験や保育士などの資格を活かしたい!両立に苦慮する医師をサポートすることで社会に還元したい!というお考えをお持ちの方は適任です!!

関心のある方は、下記の通り、サポーター募集の研修会を開催します。お気軽にご参加ください。
icon_razz.gifぜひ、子育て支援の活動に力を貸してくださるようなお知り合い・ご友人・ご近所の方に、お知らせください♪
※ご都合が合わない方には、個別に対応いたします。

長崎県医師会 平成29年度 保育サポートシステム・保育サポーター研修会
 ◆第1回
  日時:平成29年7月27日(木)14:30~17:00
  場所:諫早医師会
 ◆第2回
  日時:平成29年8月3日(木)14:30~17:00
  場所:長崎県医師会館
 ◆第3回
  日時:平成29年8月10日(木)14:30~17:00
  場所:大村市医師会

 

 ◆講師
 瀬戸 牧子 先生  (県医師会常任理事)   「システムの概要」
 出口 貴美子 先生 (出口小児科院長)    「子どもの病気とホームケア~子育て神話のウソ?ホント?~」 (DVD)
 中村 晃子 先生  (出口小児科臨床心理士) 「子どもの心理の発達」 (DVD)

※研修会にてシステムの詳細をご確認後、サポーター登録の可否を決めていただいて構いません。

●お問い合わせ・お申込み先
長崎県医師会
 E-mail:hoikusupportアットマークnagasaki.med.or.jp 
  「アットマーク」を「@」に換えてください

保育サポートシステムの活動報告はコチラ

2016年11月22日

長崎県医師会
平成28年度 第1回(通算6回目)保育サポートシステム・保育サポーター研修会

日時:平成28年11月10日(木)16:00~18:30
場所:長崎県医師会館 2階 中会議室

講演 1. 保育サポートシステム概要
    長崎県医師会常任理事 瀬戸牧子先生
   2. 子どもの心の発達
    出口小児科医院 臨床心理士 中村晃子先生
   3. 子どもの病気とホームケア(子育て神話のウソ、ホント?)
     出口小児科医院 院長 出口貴美子先生

<長崎県医師会 岸川コーディネーターからの報告>
サポーター募集&研修会開催をお知らせするため、チラシ設置(市内公民館6館、ふれあいセンター、市立図書館)総数500枚や、長崎新聞「情報コーナー」掲載などの周知活動を行いました。残念ながら、活動期間が短かったせいか、今回やや少な目の15名の参加でした。
出口先生の「子育て神話のウソ、ホント?」というお話しでは、「昭和の子育て常識が今では通用しない」とのことで、参加者の皆さんには新鮮な驚きがあったようでした。例えば、「子どもが発熱した場合は温めて発汗させるよりも先に十分に冷やすこと」、「けがをしたときは消毒するより流水でしっかり洗い流すことが大事」など、保育中に起こりうる具体的な事例を挙げながらのお話しに、”昔と違う”、”参考になった”という声が多く聞かれました。
 今回の研修会は講師の先生方からビデオ撮影の許可をいただきました。
icon_razz.gif聴講をご希望の方は、長崎県医師会にお問い合わせください。
より多くの方に研修を受けていただき、サポーターとして医師の子育てを支えていただきたいと願っています。

●お問い合わせ・お申込み先
長崎県医師会
 E-mail:hoikusupportアットマークnagasaki.med.or.jp
    「アットマーク」を「@」に換えてください

保育サポートシステムの活動報告はコチラ

1 2 3 4 6