2014年7月31日

柔軟に対応可能な『保育サポートシステム』。実際の利用ケースをご紹介しますicon_lol.gif
①学校から習い事に行くまでの時間をサポーターさん宅でお預かり
②保育園から習い事までの付き添い、習い事から保護者が帰宅するまでの保育
③産後の回復期に上のお子さんの保育園のお迎え
④手術などで帰りが遅くなる日の保育園のお迎え~帰宅するまでの保育
など、利用者とサポーターが相互に相談しながら、各家庭のニーズに対応しています。

当システムでは、利用者とサポーターさんのマッチング成立後、”リハーサル”として実際に活動する前に、サポーターさんとお子さんとの顔合わせや保育園から利用者宅までの道のり、サポーターさん宅などの確認をお勧めしています。この”リハーサル”後には、「(サポーターさんが)とてもいい方で良かったです」という保護者の安心された表情や、「お子さんもパパもママも可愛い!是非、力になりたい!」と意気込むサポーターさんたちを間近で拝見し、私たちもやりがいを感じています。

まずはお子さんの安全が第一なので、『緊急時対応マニュアル』と『事故防止対策マニュアル』を作成し、保育活動を始めるサポーターさんに配付しています。

【現在の状況】
 申し込み医師 7名(マッチング成立 6名)  サポーター登録数 33名   
 利用状況 6月・・・2名  7月・・・4名

詳しい内容は、長崎県医師会ホームページをご覧ください。

2014年5月15日

【保育サポートシステムとは?】
「長崎県地域医療再生臨時特例基金事業補助金」の一環として、長崎県医師会と長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンターが共同で”長崎県医師会保育サポートシステム”を設置し、運営するものです。
育児支援を必要とする子育て医師に対して、コーディネーターがそれぞれのニーズに沿った保育サポーターの情報提供・紹介を行うことを目的としています。迅速かつ細かい要望に対応するために、長崎県医師会と長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンターにコーディネーターを配置。本事業により、子育て中の医師が就労継続でき、少しでも医師不足の解消にもつながることで、長崎県の医療に貢献できると期待しています。
まずは、モデルケースとして当面は長崎大学病院の医師が対象となります。

長崎大学病院 子育て医師向け 「保育サポートシステム」説明会 開催
日時:1回目/平成26年5月15日(木)午後4時30分~午後5時
    2回目/平成26年5月21日(水)午後5時~午後5時半
    3回目/平成26年5月22日(木)午後5時~午後5時半
場所:長崎大学病院 放射線部カンファレンス室
★現在、産休・育休中で、長崎大学病院へ復職予定の医師の方も、ご参加お待ちしておりますicon_redface.gif (常勤、非常勤、修練医、男女問いません)

第1回目の説明会を行いました。長崎市の「ファミリー・サポート・センターながさき」との違いや地域病院へ転勤になった場合など、具体的な質問にお答えできるよい機会となりました。さまざまなケースに柔軟に対応していけるように努力していきたいと思います。

2014年5月14日

【保育サポートシステムとは?】
「長崎県地域医療再生臨時特例基金事業補助金」の一環として、長崎県医師会と長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンターが共同で”長崎県医師会保育サポートシステム”を設置し、運営するものです。
育児支援を必要とする子育て医師に対して、コーディネーターがそれぞれのニーズに沿った保育サポーターの情報提供・紹介を行うことを目的としています。迅速かつ細かい要望に対応するために、長崎県医師会と長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンターにコーディネーターを配置。本事業により、子育て中の医師が就労継続でき、少しでも医師不足の解消にもつながることで、長崎県の医療に貢献できると期待しています。
まずは、モデルケースとして当面は長崎大学病院の医師が対象となります。

長崎県医師会保育サポートシステム・保育サポーター研修会
日時:平成26年5月10日(土)午後3時20分~午後5時30分
場所:長崎県医師会館 3階 大会議室

講演
1、保育サポートシステム概要
  長崎県医師会常任理事 上戸穂髙
2、子どもの病気とホームケア
  出口小児科医院 院長 出口貴美子
3、子どもの心の発達
  長崎大学保健・医療推進センター カウンセラー 富永ちはる

約80名もの参加申込があり、みなさん熱心に耳を傾けていらっしゃいました。サポーター登録も始まり、県民のみなさまと一緒に安心・安全なシステムで地域医療を支えていきたいと思います。

 

1 11 12 13 14