2013年5月7日

西予市では、シーボルトの娘で日本初の産科女医となった「楠本イネ」を輩出したまちとして、医学研究や医療活動に活躍する女性を奨励することを目的とした「西予市おイネ賞事業」を昨年度から実施しています。

 全国の女性医師と女子医学生を対象に懸賞作文を募集し、受賞者には「表彰状」及び「医学研究費」を授与するものです。
icon_exclaim.gifちなみに第1回の奨励賞受賞者は、長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンター 伊東昌子センター長です。作文はコチラ

 本年の第2回募集分は「医師部門」と「医学生部門」を分けて審査、表彰するように変更されていますので、女性医師の皆様はもちろん、女子医学生の皆様にも応募しやすくなっています!
   ぜひ、奮ってご応募くださいicon_lol.gif
  詳細は西予市のホームページよりご覧ください。コチラ

作文テーマ: 下記テーマの内、希望する方をお選びください。
       なお、作文題名は自由です。
       1.女性医師(女子医学生)が思うワークライフバランス(仕事と生活の調和)
       2.女性医師(女子医学生)からみた産科医療

応募期間 : 平成25年5月1日(水) ~ 平成25年8月31日(土) <当日消印有効>

応募方法 : 1.郵 送 (〒797-8501 愛媛県西予市宇和町卯之町3丁目434-1
             西予市役所政策秘書室 宛)
        2.メール (seisakuhisyo@city.seiyo.ehime.jp)

賞     : 奨励賞  医師部門  : 1名 副賞として賞金50万円と西予市特産物
            医学生部門 : 1名 副賞として賞金10万円と西予市特産物
        特別賞  医師部門  : 2名 副賞として賞金10万円と西予市特産物
            医学生部門 : 2名 副賞として賞金5万円と西予市特産物
        参加賞  応募者全員 (応募多数の場合は抽選にさせていただくことがあります)

*応募資格、応募規定、その他詳細は案内チラシをご覧下さい。
案内チラシ(PDF)

2012年7月3日

7月2日(月)に愛媛県西予(せいよ)市長ら数名が、長崎大学病院へ広報活動のため、来院されました。

西予市は、シーボルトの娘で、日本初の産科女医【楠本イネ】が少女時代を過ごした町とのことです。イネを輩出した町として、医学研究や医療活動に活躍する女性を表彰し、奨励することを目的とした「西予市おイネ賞事業」をスタートしたそうです。

現在応募者もまだ少ないそうですので、狙ってみてはいかがでしょうかicon_wink.gif

応募対象:女性医師と女子医学生 奨励賞:1名 医学研究費 50万円 特別賞:2名 医学研究費 10万円 応募者全員へ参加賞(ただし応募多数の場合は抽選) ◆作文応募締切 平成24年8月31日(金) 当日消印有効 ◆作文テーマ 「あなたの医学研究・医療活動を通じて、女性医師としての役割や社会貢献、目指すべき医療について、自由にお書きください。」 ◆表彰式&講演会 平成24年10月28日(日)13時30分開演 作文審査委員長の香山リカ氏による講演会を開催。 演題「自分らしく生きる、自分らしく働く」

icon_razz.gifご応募またはお知り合いの対象の方にぜひお声がけください。

西予市のホームページ内掲載記事・応募用紙はコチラ

oine_ページ_1oine_ページ_2

1 2