2018年9月19日

長崎大学病院皮膚科・アレルギー科の医局長で、ワークライフバランス推進員でもある富村沙織先生が、九州医事新報社の取材を受けました。
「長崎大学病院が取り組む医師の働き方改革とは」をテーマに、メディカル・ワークライフバランスセンターが行う「あじさいプロジェクト活動」の両立支援策や、ワークライフバランス推進員としてセンターと連携して医師の働きやすい環境づくりを目指していることなど、長崎大学病院の取り組みをアピールした記事をぜひご覧ください。
九州医事新報6月号はこちら



2018年9月6日

 長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンターは、長崎県内で働く医師のワークライフバランス(仕事と生活の調和)の実現を目指して活動しております。例年、県内の病院へ両立支援に関する経年変化調査を実施しておりますが、今年度はさらに政府が提唱する「働き方改革」や「女性活躍推進」について各病院での取組事例を挙げていただき、みなさまと情報共有ができればと存じます。

※長崎県は女性の活躍推進や誰もが働きやすい職場環境づくりに向けて女性活躍推進法の行動計画策定・実行を通じた取組推進を図るため、説明会等を開催して、計画策定に直接係わる企業の人事労務担当者を支援しています。詳しくはこちら

 これまで4年間の調査では、100以上の病院から回答のご協力を得ています。この場をお借りして深く御礼申し上げます。長崎県で働くすべての医師が「働きやすさ」と「働きがい」を感じて医療に取り組めるよう尽力してまいります。

icon_razz.gif長崎県下医療機関施設長のみなさま、管理者のみなさま、ご協力の程よろしくお願いいたします。

1.<調査の目的>
病院経営者・管理者として、ワークライフバランス施策に対する認識を把握し、長崎県内病院の育児・介護休業制度等の両立支援策の取り組み状況や短時間勤務制度利用等の実態調査を行う。また、労働環境改善を意識した各病院の先進的な取組を把握して、メールマガジンを通して情報発信を行うことで、個人や組織に新しい職場環境づくりを促す。

2.<対象と方法>
実施日:平成30年9月
※8月28日(火)に、郵送で調査票をお配りしました。回答締切:9月20日(木)
調査対象:長崎県内150病院
調査方法:調査票を郵送し、同封の返信用封筒で回収。
質問内容:常勤・非常勤医師数、子育て中の医師数、育児休業・介護休業を取得した職員数、職場環境の整備について、ワークライフバランス施策の認識についてなど。
調査票:医師の両立支援状況調査

3.<結果と考察>
あじさいプロジェクトホームページでご報告します。なお、医療機関名は特定されないよう配慮します。

2018年4月26日

 「長崎県医師会保育サポートシステム」は、これまで長崎県医師会が主体となり、長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンター(以下「センター」)と協働で運営を行ってまいりましたが、2018年4月より、センターが長崎県の受託事業で運営する【あじさいプロジェクト】活動の一環として、システムを移管し、運営することになりました。
 新たに『長崎医師保育サポートシステム(以下「システム」)』として再スタートしました。又、長崎県医師会は協働推進団体として引き続きシステム運営の支援を行います。

 現在の保育支援の内容や報酬、損害・賠償責任保険等は、2018年度は変わりありません。主な変更点は、事務局(お問い合わせ窓口)、支援を受けるまでの流れ、保育サポーター活動報告書の提出先です。2019年度からの運営等に変更がありますが、詳細は随時決定次第お知らせいたします。医師が仕事と育児を両立しながら働き続けるための本システムが継続運営できるように尽力してまいりますので、引き続きご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

icon_exclaim.gif長崎医師保育サポートシステムの新しいホームページはコチラ

icon_redface.gif子育て中の医師のみなさま いつでもご連絡ください!

icon_lol.gif子育て中の医師を応援してくださる保育サポーターさんを大募集しています!
ぜひ、子育て支援の活動に力を貸してくださるようなお知り合い・ご友人・ご近所の方に、求人募集をお知らせください♪

●保育サポートシステムの情報はこちらで随時更新しております。ぜひご覧ください。

2018年4月20日

平成29年度の利用託児数は延べ11名でした。
長崎大学病院の医師の他、育休中や薬剤師のご利用がありました。

平成30年度も「イブニングシッターサービス」事業を継続する運びとなりました。
対象はこれまで通り、長崎大学病院教職員、および関連病院に所属する医師です。
長崎大学病院内で夕方から実施される会等へ参加する場合にご利用いただけます。

経験豊富な保育サポーターが、月齢に合わせたおもちゃで保育してくださるので、お子さんを安心して預けることができます。
また、ご希望があれば、簡易ベッドや勉強机の貸し出しも行っています。

利用の際は、1週間前までに事前申し込みが必要です。
実施の概要につきましては、案内状やチラシをご覧ください。
利用方法など、ご不明な点は当センターまでお問い合わせください。icon_razz.gif
 
案内状PDFはこちら
チラシPDFはこちら
託児申込書のPDFはこちら
託児申込書のワード文書はこちら

※お申込み・お問い合わせ先
長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンター
E-MAIL:info01アットマークnagasaki-ajisai.jp
    (「アットマーク」を「@」に換えて下さい)

2018年4月11日

日頃から当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。

2018年4月10日にホームページを一部リニューアルしました。

アドレス変更はございません。TOP画面の変更(長崎医師保育サポートシステム)、内容の整理(よくあるご質問お問い合わせフォーム)、コンテンツの修正(長崎医師保育サポートシステム)などを行いました。

今後とも「あじさいプロジェクト」のホームページをご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

1 2 3 4 5 27