2012年2月28日

目的: ワーク・ライフバランスの必要性を理解するためのセミナー
日時:
第一回:2012 年3 月5日(月) 17:30-19:30
第二回:2012 年3 月12日(月) 17:30-19:30
会場:第1会議室 (長崎大学病院 5階)
講師:株式会社ワーク・ライフバランス 松久晃士氏
—————————————————-
第1日目の内容
—————————————————-
■ワーク・ライフバランスという考え方
・どのような考え方か
・なぜ社会全体で取り組もうと行政が考えているのか
・なぜ組織が経営戦略としてとらえているのか

人が足りないという状況でいかに優秀な人材を確保するか
-優秀な人材の確保
-既存の従業員の定着
-モチベーションの維持

・働き方を見直す必要性

■多くの組織が抱えている課題点と解決策
・女性の採用や育成をすることができていない
・休業・時短勤務などを経て継続的に働くことができない
・長時間残業が恒常化し疲れてしまっている
・マネジメントの理解が進んでいない
⇒これらの課題点に対してどのような解決策があるか

—————————————————-
第2日目の内容
—————————————————-
■働き方の事例紹介(個人)
・時短勤務で働く事例(弊社コンサルタント等)

■ワーク・ライフバランス取り組み事例
・働き方を見直す方法
・具体的な取り組み事例
・医療機関でのワーク・ライフバランス事例

—————————————————-

本講習会は病院長をはじめ副病院長、副看護部長、各事務課長、医局長の参加をお願いしておりますが、長崎大学病院内で参加をご希望の方は下記までお知らせ下さい。

総務課総務 深堀 (内線 2540, PHS 95772)


目的: ワーク・ライフバランスの必要性を理解するためのセミナー
日時:
第一回:2012 年3 月5日(月) 17:30-19:30
第二回:2012 年3 月12日(月) 17:30-19:30
会場:第1会議室 (長崎大学病院 5階)
講師:株式会社ワーク・ライフバランス 松久晃士氏
—————————————————-
第1日目の内容
—————————————————-
■ワーク・ライフバランスという考え方
・どのような考え方か
・なぜ社会全体で取り組もうと行政が考えているのか
・なぜ組織が経営戦略としてとらえているのか

人が足りないという状況でいかに優秀な人材を確保するか
-優秀な人材の確保
-既存の従業員の定着
-モチベーションの維持

・働き方を見直す必要性

■多くの組織が抱えている課題点と解決策
・女性の採用や育成をすることができていない
・休業・時短勤務などを経て継続的に働くことができない
・長時間残業が恒常化し疲れてしまっている
・マネジメントの理解が進んでいない
⇒これらの課題点に対してどのような解決策があるか

—————————————————-
第2日目の内容
—————————————————-
■働き方の事例紹介(個人)
・時短勤務で働く事例(弊社コンサルタント等)

■ワーク・ライフバランス取り組み事例
・働き方を見直す方法
・具体的な取り組み事例
・医療機関でのワーク・ライフバランス事例

—————————————————-

本講習会は病院長をはじめ副病院長、副看護部長、各事務課長、医局長の参加をお願いしておりますが、長崎大学病院内で参加をご希望の方は下記までお知らせ下さい。

総務課総務 深堀 (内線 2540, PHS 95772)

2012年2月27日

平成23年度 第2回長崎県女性医師等就労支援協議会

皆さん行政が開催する協議会の存在をご存知ですか?実は、このHP運営も県の委託事業ですが、こういった長崎県の女性医師等就労支援事業について、関係機関の代表の委員から構成される協議会で、方向性などを協議しています。関係機関がどうやって協力して課題を解決していくかを検討する重要な場です。
(臨床で働いていたときは、こういった行政の動きはさっぱり知りませんでしたが、さまざまな協議会・委員会で医療保健行政について協議が行われています。)

さて、今回の協議会では、今年度の事業報告、先進地視察報告、24年度の取り組みとしてあじさいプロジェクトについて主に協議します。

県の女性医師等就労支援事業に関するご意見は、長崎県医療人材対策室 事業担当までどうぞ!
ご助言、激励お待ちしていますicon_biggrin.gif


平成23年度 第2回長崎県女性医師等就労支援協議会

皆さん行政が開催する協議会の存在をご存知ですか?実は、このHP運営も県の委託事業ですが、こういった長崎県の女性医師等就労支援事業について、関係機関の代表の委員から構成される協議会で、方向性などを協議しています。関係機関がどうやって協力して課題を解決していくかを検討する重要な場です。
(臨床で働いていたときは、こういった行政の動きはさっぱり知りませんでしたが、さまざまな協議会・委員会で医療保健行政について協議が行われています。)

さて、今回の協議会では、今年度の事業報告、先進地視察報告、24年度の取り組みとしてあじさいプロジェクトについて主に協議します。

県の女性医師等就労支援事業に関するご意見は、長崎県医療人材対策室 事業担当までどうぞ!
ご助言、激励お待ちしていますicon_biggrin.gif

2012年2月17日

2011年11月25日(金)に開催いたしましたicon_exclaim.gificon_exclaim.gif



地方自治体病院で、ワークライフバランスを考慮した職場環境にするための働く医師のあり方、診療科長のあり方について、ご自身の取り組みや経験を元にしたお話をいただきましたicon_biggrin.gificon_biggrin.gif

特に、診療でバックアップ体制のある環境(チーム医療)があることが大切で、その中で能力を発揮しようとする本人の姿勢・努力が大切という、身のしまるメッセージをいただきました。今回の参加者は42名でした。キャリアをこれから考える、多くの医学生・研修医・若い医師に聞いてもらいたい内容でした。次の企画は、イベントのお知らせに力をいれますicon_exclaim.gificon_exclaim.gif

1 2