2013年9月27日

九州の女性活躍推進シンポジウム
~企業戦略としての両立支援 時間当りの生産性を高めるために~
日時:平成25年9月20日(金)15:00~18:00
場所:電気ビル共創館(福岡市)

<基調講演> 経済産業省 経済社会政策室長 坂本里和氏
「成長戦略としての女性活躍推進~女性が企業を元気にする~」

経済産業省の女性室長であり、四児の母でもある坂本さん。
女性活躍推進を経営戦略の一環と位置付けた、同省ならではの施策を紹介されました。

*「成長戦略」としての女性活躍推進
 安倍政権の成長戦略では、「女性活躍推進」が中核をなすと考えられています。経済界に対しては、「2020年30%」という政府目標の達成に向け、役員・管理職への積極的な女性登用を要請。また、女性が働き続けられる社会を構築するため、子どもが3歳になるまでに男女双方が育児休業や短時間勤務を取得しやすいよう、職場環境の整備を進めています。

 日本は、先進国内でも女性の管理職比率が非常に低いのが現状。女性の就労促進が日本経済の重要課題だということは、立場を問わず共通認識となっています。女性の労働力率アップが出生率の上昇にもつながることは、先進国の実例からも明らかになっています。

 多様な人材をフル活用し、企業のパフォーマンスにつなげる「ダイバーシティ・マネジメント」。女性の活躍推進は、その試金石ともいえます。多様な市場ニーズへの対応、リスク管理能力・適応能力向上、SRI(社会的責任投資)を通じた安定的な資金調達など、ダイバーシティ経営のメリットはたくさんあります。実際に取り組んでいる企業は、生産性が高く、業績も好調で、リスクへの対応力もあることが、データでも示されています。

*女性活躍推進に向けた経済産業省の取り組み
 経産省でも、多様な人材を生かした経営(ダイバーシティ経営)の支援を進めています。
○ 「ダイバーシティ経営企業100選」
 優れたダイバーシティ経営企業を選定・表彰し、ベストプラクティス集として広く発信。  ダイバーシティ経営は、福利厚生やCSR(企業の社会的責任)というよりも、経営戦略の一環として、競争力向上のための人材活用という目的で取り組むことが重要です。

○ 女性活躍推進のテーマ銘柄「なでしこ銘柄」
 経済産業省と東京証券取引所が共同で、女性活躍推進に優れた上場企業を、中長期の企業価値向上を重視する投資家にとって魅力ある銘柄として紹介。選定に当たっては「女性のキャリア支援」と「仕事と家庭の両立支援」という2つの側面から評価しています。

<パネルディスカッション> 「2020年女性管理職30%へ向けて~九州戦略~」
 福岡県内の企業をはじめ、ワークライフバランスやダイバーシティ、両立支援等に関わる専門家の皆さんがパネリストとなり、女性活躍推進について意見が交わされました。次のようなコメントが印象に残りました。

○ 男性が、積極的に家事や育児に参加していかないと、女性は活躍できない。
○ 妻が仕事を続けられるようサポートしたいと思い、育児休業を取得。子どもの成長を間近で見ることができ、他に代えがたい喜びがあった。仕事のモチベーションアップにもつながっている。男性にも是非育休を取得してほしい。
○ 主婦こそ人材の宝庫。女性は出産経験を経て、がぜん力をつける。「女性の潜在能力は高い」ということを発信し続けたい。
○ 経営者の姿勢が大事。トップが自ら方針を宣言し、旗を立てて動けば、組織もずいぶん変わりやすくなると思う。
○ 企業での推進活動に当たっては、ネーミングも大事。企業ブランドやイメージカラーなどをプロジェクト名に掲げると、当事者意識が醸成されてうまくいきやすい。
○ 時短などで他にしわ寄せがいかないよう、チーム全体のバランスを考えなければならない。テレワークなどを活用しながら、フレキシブルな勤務を進める必要がある。
○ 男性にとって育休の大きな壁は、休業中の大きな収入減。雇用保険からの給付金はあるが5割程度で、専業主婦家庭なら負担が大きい。こうした部分での手当てがないと、なかなか増えないのではないか。

 女性活躍推進は、少子高齢化の日本において、もはや避けて通れない取り組みとなっています。そう理屈では分かっていても、既存の仕組みを変えることは難しく、なかなか具体的方策に踏み切れないのが現状かもしれません。ただ、先進例から見ても、経営者・労働者双方にとって推進のメリットは明らか。トップをはじめ組織全体が、その意義を正しく理解し、素早く行動へ移すことが大事なのではないかと思いました。icon_surprised.gif


九州の女性活躍推進シンポジウム
~企業戦略としての両立支援 時間当りの生産性を高めるために~
日時:平成25920日(金)15:00~18:00
場所:電気ビル共創館(福岡市)

<基調講演> 経済産業省 経済社会政策室長 坂本里和氏
「成長戦略としての女性活躍推進~女性が企業を元気にする~」

経済産業省の女性室長であり、四児の母でもある坂本さん。
女性活躍推進を経営戦略の一環と位置付けた、同省ならではの施策を紹介されました。


*「成長戦略」としての女性活躍推進
 安倍政権の成長戦略では、「女性活躍推進」が中核をなすと考えられています。経済界に対しては、「202030%」という政府目標の達成に向け、役員・管理職への積極的な女性登用を要請。また、女性が働き続けられる社会を構築するため、子どもが3歳になるまでに男女双方が育児休業や短時間勤務を取得しやすいよう、職場環境の整備を進めています。

 日本は、先進国内でも女性の管理職比率が非常に低いのが現状。女性の就労促進が日本経済の重要課題だということは、立場を問わず共通認識となっています。女性の労働力率アップが出生率の上昇にもつながることは、先進国の実例からも明らかになっています。

 多様な人材をフル活用し、企業のパフォーマンスにつなげる「ダイバーシティ・マネジメント」。女性の活躍推進は、その試金石ともいえます。多様な市場ニーズへの対応、リスク管理能力・適応能力向上、SRI(社会的責任投資)を通じた安定的な資金調達など、ダイバーシティ経営のメリットはたくさんあります。実際に取り組んでいる企業は、生産性が高く、業績も好調で、リスクへの対応力もあることが、データでも示されています。

*女性活躍推進に向けた経済産業省の取り組み
 経産省でも、多様な人材を生かした経営(ダイバーシティ経営)の支援を進めています。
○ 「ダイバーシティ経営企業100選」
 優れたダイバーシティ経営企業を選定・表彰し、ベストプラクティス集として広く発信。
 ダイバーシティ経営は、福利厚生やCSR(企業の社会的責任)というよりも、経営戦略の一環として、競争力向上のための人材活用という目的で取り組むことが重要です。

○ 女性活躍推進のテーマ銘柄「なでしこ銘柄」
 経済産業省と東京証券取引所が共同で、女性活躍推進に優れた上場企業を、中長期の企業価値向上を重視する投資家にとって魅力ある銘柄として紹介。選定に当たっては「女性のキャリア支援」と「仕事と家庭の両立支援」という2つの側面から評価しています。

<パネルディスカッション> 「2020年女性管理職30%へ向けて~九州戦略~」
 福岡県内の企業をはじめ、ワークライフバランスやダイバーシティ、両立支援等に関わる専門家の皆さんがパネリストとなり、女性活躍推進について意見が交わされました。次のようなコメントが印象に残りました。

○ 男性が、積極的に家事や育児に参加していかないと、女性は活躍できない。
○ 妻が仕事を続けられるようサポートしたいと思い、育児休業を取得。子どもの成長を間近で見ることができ、他に代えがたい喜びがあった。仕事のモチベーションアップにもつながっている。男性にも是非育休を取得してほしい。
○ 主婦こそ人材の宝庫。女性は出産経験を経て、がぜん力をつける。「女性の潜在能力は高い」ということを発信し続けたい。
○ 経営者の姿勢が大事。トップが自ら方針を宣言し、旗を立てて動けば、組織もずいぶん変わりやすくなると思う。
○ 企業での推進活動に当たっては、ネーミングも大事。企業ブランドやイメージカラーなどをプロジェクト名に掲げると、当事者意識が醸成されてうまくいきやすい。
○ 時短などで他にしわ寄せがいかないよう、チーム全体のバランスを考えなければならない。テレワークなどを活用しながら、フレキシブルな勤務を進める必要がある。
○ 男性にとって育休の大きな壁は、休業中の大きな収入減。雇用保険からの給付金はあるが5割程度で、専業主婦家庭なら負担が大きい。こうした部分での手当てがないと、なかなか増えないのではないか。

 女性活躍推進は、少子高齢化の日本において、もはや避けて通れない取り組みとなっています。そう理屈では分かっていても、既存の仕組みを変えることは難しく、なかなか具体的方策に踏み切れないのが現状かもしれません。ただ、先進例から見ても、経営者・労働者双方にとって推進のメリットは明らか。トップをはじめ組織全体が、その意義を正しく理解し、素早く行動へ移すことが大事なのではないかと思いました。icon_surprised.gif

2013年9月19日

「医療現場における仕事と生活の調和を考えてみませんか?」

日時:平成25年9月12日(土)17:30~18:30
場所:川崎医科大学校舎棟M-702教室(倉敷市)
講師:当センター長 教授 伊東昌子

詳しくは川崎医学会講演会のページをご覧ください。こちらicon_surprised.gif


平成25年9月20日

  教職員・学生のみなさまへ
 
                    おもやいセンター両立支援部門
                          部門長 大石 和代


  第33回「おもやいファミリーカフェ(子育て家族交流会)」
   


標記について、下記のとおり開催しますのでご案内いたします。
参加申し込み不要です。多くの方のご参加をお待ちしています。


日 時:平成25年9月29日(日)13:30~15:30

場 所:文教キャンパス おもやいセンター・プレイルーム

参加者:教職員及び学生とそのファミリー

概 要:
「おもやいファミリーカフェ(子育て家族交流会)」は、子育て中の教職員・
学生のみなさまが気軽に集まって、自由に語らい、親や子どもの交流や仲間づ
くり、情報交換、子育ての不安や疑問を相談できる場として開催するものです。
 ボランティア学生が、子どもたちと一緒に遊びます。
 
 お時間がある方は、ぜひ遊びに来てください。
 
  詳細については、下記URLをご覧ください。
 http://www.cge.nagasaki-u.ac.jp/news/data/familycafe130929.pdf



                  お問い合わせ先
                   おもやいセンター:竹内・阿比留
                    TEL:095-819-2179 
                    Mail: omoyai@ml.nagasaki-u.ac.jp
2013年9月18日

子育て中の皆様に役立つ情報を発信しています。詳細なお問い合わせは直接各機関へお願いいたします。
そのほか皆様が得たい情報を広く発信していきますので、ベビーシッターや家事代行、介護サービス等ご利用経験のある方がいらっしゃいましたら、情報を当センターまでお寄せくださいicon_redface.gif 随時更新していきます!地域就労支援情報ページ内コチラです。

1 2 3