2014年8月29日

「女性医師のさらなる活躍を応援するシンポジウム」

日時:平成26年8月24日(日)14:00~16:00
場所:独立行政法人国立国際医療研究センター 研修センター5階大会議室(東京都)
主催:厚生労働省
【プログラム】
主催者挨拶 厚生労働事務次官 村木厚子氏
第一部 基調講演
第二部 意見交換会
 現在、医学部生の約3分の1が女性となっており、これからの医療現場においては、女性医師がますます活躍することが期待されています。厚生労働省では、女性医師がライフステージに応じて活躍できる環境整備の在り方について検討を行っており、本シンポジウムでは、医療や医学の現場で活躍されている女性医師等を迎え、女性医師のさらなる活躍を応援していくため、皆がどのように取り組んでいけばよいのか共に考えます。

このシンポジウムに、南副センター長が参加しました。
<副センター長感想>
 特に医学部生や研修医等が、自らのキャリアパスを主体的に考える機会とする企画ということでしたが、100名ほどの傍聴席には年齢層が20代・30代・40代が各10数%で、その他は50代以上、男性も少人数おられました。
 主催者挨拶は厚生労働事務次官の村木厚子さんで、29年前、育児休業もなく0歳児保育もない時代に第一子を出産したお話や、最近、お孫さんができたというお話もされました。厚労省では、”女性が輝く社会をつくる”という目的で、女性医師のさらなる活躍を応援するために、8/4に構成員の方々の懇談会をもち、本日シンポジウムを開催、これから女性医師がさらに頑張れるようにとのことでした。

 第1部の基調講演では、現在活躍中の女性医師5名が、それぞれの経験に基づいたメッセージを話されました。先生方の話の随所に、納得するところ、これから当センターでも取り組みたいところ、私自身の参考にしたいところがありました。

 第2部の意見交換会は、日本女医会会長の山本纊子先生がコーディネーターを担当され、予定時間を超える活発な意見交換が行われました。女性医師の支援において、日本各地での地域格差があることや、性別役割分担にとらわれている男性・女性がいるため、男性医師には、家庭でのさらなる活躍を求めるべきであるという意見、家事は・育児はもっとアウトソーシングで、シッター・ヘルパーさんを活用する提案や、男性指導者への教育も必要ではないかという意見も出ていました。論文重視の教員評価では、女性管理職は増えないので、ポジティブ・アクションを取らざるをえないのでは?という意見などなど、さまざまな視点から意見が出ました。
 
 これらの意見が、今後の厚生労働省の指針に影響を与えることができると良いと思います。また、このような貴重な会は、WEB会議にして、全国各地で簡単に参加できると良いと感じました。


「女性医師のさらなる活躍を応援するシンポジウム」

日時:平成26年8月24日(日)14:00~16:00
場所:独立行政法人国立国際医療研究センター 研修センター5階大会議室(東京都)
主催:厚生労働省
【プログラム】
主催者挨拶 厚生労働事務次官 村木厚子氏
第一部 基調講演
第二部 意見交換会
 現在、医学部生の約3分の1が女性となっており、これからの医療現場においては、女性医師がますます活躍することが期待されています。厚生労働省では、女性医師がライフステージに応じて活躍できる環境整備の在り方について検討を行っており、本シンポジウムでは、医療や医学の現場で活躍されている女性医師等を迎え、女性医師のさらなる活躍を応援していくため、皆がどのように取り組んでいけばよいのか共に考えます。

このシンポジウムに、南副センター長が参加しました。
<副センター長感想>
 特に医学部生や研修医等が、自らのキャリアパスを主体的に考える機会とする企画ということでしたが、100名ほどの傍聴席には年齢層が20代・30代・40代が各10数%で、その他は50代以上、男性も少人数おられました。
 主催者挨拶は厚生労働事務次官の村木厚子さんで、29年前、育児休業もなく0歳児保育もない時代に第一子を出産したお話や、最近、お孫さんができたというお話もされました。厚労省では、”女性が輝く社会をつくる”という目的で、女性医師のさらなる活躍を応援するために、8/4に構成員の方々の懇談会をもち、本日シンポジウムを開催、これから女性医師がさらに頑張れるようにとのことでした。

 第1部の基調講演では、現在活躍中の女性医師5名が、それぞれの経験に基づいたメッセージを話されました。先生方の話の随所に、納得するところ、これから当センターでも取り組みたいところ、私自身の参考にしたいところがありました。

 第2部の意見交換会は、日本女医会会長の山本纊子先生がコーディネーターを担当され、予定時間を超える活発な意見交換が行われました。女性医師の支援において、日本各地での地域格差があることや、性別役割分担にとらわれている男性・女性がいるため、男性医師には、家庭でのさらなる活躍を求めるべきであるという意見、家事は・育児はもっとアウトソーシングで、シッター・ヘルパーさんを活用する提案や、男性指導者への教育も必要ではないかという意見も出ていました。論文重視の教員評価では、女性管理職は増えないので、ポジティブ・アクションを取らざるをえないのでは?という意見などなど、さまざまな視点から意見が出ました。
 
 これらの意見が、今後の厚生労働省の指針に影響を与えることができると良いと思います。また、このような貴重な会は、WEB会議にして、全国各地で簡単に参加できると良いと感じました。


平成26年長崎県出前講座
「働き方改革が中小企業を救う~ワークライフバランスこそ、生き残り戦略~」
ながさき地域少子化対策強化事業

開催日時/平成26年8月22日(金)10:00~11:30
会  場/長崎商工会議所 2階ホール
主  催/長崎県


講師の渥美由喜さんは、現在東レ経営研究所の研究部長で、ワークライフバランスやダイバーシティ推進企業をサポートしておられるほか、内閣府少子化危機突破タスクフォース政策推進チームリーダーとしても活躍されています。座右の銘は、「市民の三面性=職業人、家庭人、地域人」。講演内容も、いろいろな実体験を交えたお話でした。
2013年3月の長崎市男女共同参画推進センター主催講座でも講演された渥美さんですが、今年は長崎県主催の講座で来崎。今回の講演は、主に中小企業に焦点を当てたものでした。
現在の人口減少社会では、「働き方の見直しなくして、企業の成長なし」と言われるほど、ダイバーシティやワークライフバランスの取り組みは、経営戦略・地域戦略として不可欠なものとなっています。
ただし、「特効薬ではあるが、即効薬ではなく、漢方薬」。このことに気付けるかどうか、日本企業は大きな分岐点に立っています。

<覚えておきたいキーワード>
1.ワークライフバランスとは
「ワーク」の土台が「ライフ」。相乗効果として、質の高い生活が質の高い仕事につながるし、メリハリのある仕事は生活の余裕につながる。ワークのストレスをライフで発散し、ライフのストレスをワークで発散させるという「ストレス相殺効果」もある。従業員の働き方を平準化すれば、時間外は削減できる。
2.中小企業のワークライフバランス
中小企業は、従業員との距離が近いことが強み。従業員とともに課題解決を行うことができ、機動性・柔軟性に富んでいるのも強みとなっている。「トライ・アンド・エラー」を恐れずに行うことが、成功するポイント。
3.中小企業の先進事例
「誰かが職場にいない状態」を当たり前にして、通常の休暇時の対応、突発休暇時の対応を考えて、業務内容を「見える化」する。3Kから「3恵」(従業員満足度、顧客満足度、企業業績の三面で恵まれる職場)へのシフトが、現実に起きている。
4.働く時間や場所に制約がある社員のマネジメント
「貢献なくして支援なし」、「支援は3倍返し」。支援を受けたら周囲に感謝し、次は支援する側に回って3倍返しを。「支援する人」「される人」を固定化させない。それが当たり前となる企業風土づくりが大切。
5.業務改善の考え方
作業後の「振り返り」が大事。時間記録票をつけ、分析し、平準化をすることで業務の効率化を図る。業務状況を見える化し、作業を「マニュアル化」することで、誰でも対応できるようにしておく環境づくりが必要。
6.その業務、時給に見合っていますか
会議コストを見える化(回数×時間×人数)し、無駄を省いてスピード化を図る。時間限定スピーチ(1~5分)を行い、結論→理由の順で話す訓練を。
無駄を取る「やかましい」の手法…やめる、簡単にする、まねをする、してもらう、一緒にする
7.今後、増えるリスク(介護・看護)をどう乗り越えるか
ワークでもライフでも、「良かった」と思える職場環境・生活環境を作る。
 ・会社で働いていて良かった!と思える職場作り
 ・子どもが生まれてきて良かった!と思える環境作り
 ・妻が産んで良かった!と思える環境作り
 ・親が晩年に生きていて良かった!と思える環境作り

<企業子宝率とは?>
実質的な子育てと仕事の両立を示す指標として、渥美さんが提唱した”企業子宝率”。
企業の従業員(男女問わず)が、在職中に持つことが見込まれる子どもの数で、合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産む子どもの数)を参考にした方法で算出します。
従来のように、子育てしやすい職場になるように計画実行する手法ではなく、企業子宝率の結果から、その高い要因を探し出すという逆の手法で、両立しやすい「職場風土」を目指すものです。
平成23年度に福井県が、県内企業を対象に、全国で初めて調査を実施。子宝率2・0を超えた7事業者を、「子育てモデル企業」に認定しました。
渥美さんは、「中小企業の方が、形式にとらわれず、個別の事情に合わせた柔軟な対応で効果を上げている」という分析結果を、企業事例を交えて紹介されました。

icon_redface.gif早速、私たち長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンター職員を例に、子宝率を算出してみました。男性職員が0人という特殊な職場環境ではありますが、2・023となり、福井県では表彰される数値が出ました!
みなさんの職場でも、算出してみてはいかがでしょうか?(ネットで「企業子宝率」で検索してみてください)
☆参考(福井県公式ホームページ)
http://www.pref.fukui.lg.jp/doc/rousei/kodakara.html


<感想>
icon_razz.gif今回は、中小企業の生き残り戦略ということでしたが、「企業・会社」を「病院」に変え、「社員」を「病院職員」に変えて考えると、私たちセンターの今後の活動に役に立つ、大事な考え方・手法を教えていただいたと思いました。

icon_smile.gif団塊世代が後期高齢者へ突入する15年から20年後、日本は介護ラッシュとなり、介護と仕事を背負い、身体的・精神的に疲弊する社員は急増することは目に見えています。そうなった時に後悔せぬよう、1日も早くダイバーシティ・ワークライフバランスに取り組むことが不可欠だと痛感しました。そして、このような講演をもっと多くの男性管理職の方々にも聞いていただき、取り組む時期を逃さぬようにしていただきたいと思います。

icon_surprised.gif今回特に印象的だったのは、「中小企業の方が、むしろ柔軟に、働きやすい職場づくりができている」ということでした。ワークライフバランスというと、大企業の取り組みというイメージがありますが、社員の顔が見える中小企業の方が、一人一人の状況に応じて、働き方を調整できている…という事実は新鮮でした。制度だけで、見た目の環境を整えるのではなく、社内風土そのものを変えているというのが興味深かったです。


平成26年長崎県出前講座
「働き方改革が中小企業を救う~ワークライフバランスこそ、生き残り戦略~」
ながさき地域少子化対策強化事業

開催日時/平成26年8月22日(金)10:00~11:30
会  場/長崎商工会議所 2階ホール
主  催/長崎県


講師の渥美由喜さんは、現在東レ経営研究所の研究部長で、ワークライフバランスやダイバーシティ推進企業をサポートしておられるほか、内閣府少子化危機突破タスクフォース政策推進チームリーダーとしても活躍されています。座右の銘は、「市民の三面性=職業人、家庭人、地域人」。講演内容も、いろいろな実体験を交えたお話でした。
2013年3月の長崎市男女共同参画推進センター主催講座でも講演された渥美さんですが、今年は長崎県主催の講座で来崎。今回の講演は、主に中小企業に焦点を当てたものでした。
現在の人口減少社会では、「働き方の見直しなくして、企業の成長なし」と言われるほど、ダイバーシティやワークライフバランスの取り組みは、経営戦略・地域戦略として不可欠なものとなっています。
ただし、「特効薬ではあるが、即効薬ではなく、漢方薬」。このことに気付けるかどうか、日本企業は大きな分岐点に立っています。

<覚えておきたいキーワード>
1.ワークライフバランスとは
「ワーク」の土台が「ライフ」。相乗効果として、質の高い生活が質の高い仕事につながるし、メリハリのある仕事は生活の余裕につながる。ワークのストレスをライフで発散し、ライフのストレスをワークで発散させるという「ストレス相殺効果」もある。従業員の働き方を平準化すれば、時間外は削減できる。
2.中小企業のワークライフバランス
中小企業は、従業員との距離が近いことが強み。従業員とともに課題解決を行うことができ、機動性・柔軟性に富んでいるのも強みとなっている。「トライ・アンド・エラー」を恐れずに行うことが、成功するポイント。
3.中小企業の先進事例
「誰かが職場にいない状態」を当たり前にして、通常の休暇時の対応、突発休暇時の対応を考えて、業務内容を「見える化」する。3Kから「3恵」(従業員満足度、顧客満足度、企業業績の三面で恵まれる職場)へのシフトが、現実に起きている。
4.働く時間や場所に制約がある社員のマネジメント
「貢献なくして支援なし」、「支援は3倍返し」。支援を受けたら周囲に感謝し、次は支援する側に回って3倍返しを。「支援する人」「される人」を固定化させない。それが当たり前となる企業風土づくりが大切。
5.業務改善の考え方
作業後の「振り返り」が大事。時間記録票をつけ、分析し、平準化をすることで業務の効率化を図る。業務状況を見える化し、作業を「マニュアル化」することで、誰でも対応できるようにしておく環境づくりが必要。
6.その業務、時給に見合っていますか
会議コストを見える化(回数×時間×人数)し、無駄を省いてスピード化を図る。時間限定スピーチ(1~5分)を行い、結論→理由の順で話す訓練を。
無駄を取る「やかましい」の手法…やめる、簡単にする、まねをする、してもらう、一緒にする
7.今後、増えるリスク(介護・看護)をどう乗り越えるか
ワークでもライフでも、「良かった」と思える職場環境・生活環境を作る。
 ・会社で働いていて良かった!と思える職場作り
 ・子どもが生まれてきて良かった!と思える環境作り
 ・妻が産んで良かった!と思える環境作り
 ・親が晩年に生きていて良かった!と思える環境作り

<企業子宝率とは?>
実質的な子育てと仕事の両立を示す指標として、渥美さんが提唱した”企業子宝率”。
企業の従業員(男女問わず)が、在職中に持つことが見込まれる子どもの数で、合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産む子どもの数)を参考にした方法で算出します。
従来のように、子育てしやすい職場になるように計画実行する手法ではなく、企業子宝率の結果から、その高い要因を探し出すという逆の手法で、両立しやすい「職場風土」を目指すものです。
平成23年度に福井県が、県内企業を対象に、全国で初めて調査を実施。子宝率2・0を超えた7事業者を、「子育てモデル企業」に認定しました。
渥美さんは、「中小企業の方が、形式にとらわれず、個別の事情に合わせた柔軟な対応で効果を上げている」という分析結果を、企業事例を交えて紹介されました。

icon_redface.gif早速、私たち長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンター職員を例に、子宝率を算出してみました。男性職員が0人という特殊な職場環境ではありますが、2・023となり、福井県では表彰される数値が出ました!
みなさんの職場でも、算出してみてはいかがでしょうか?(ネットで「企業子宝率」で検索してみてください)
☆参考(福井県公式ホームページ)
http://www.pref.fukui.lg.jp/doc/rousei/kodakara.html


<感想>
icon_razz.gif今回は、中小企業の生き残り戦略ということでしたが、「企業・会社」を「病院」に変え、「社員」を「病院職員」に変えて考えると、私たちセンターの今後の活動に役に立つ、大事な考え方・手法を教えていただいたと思いました。

icon_smile.gif団塊世代が後期高齢者へ突入する15年から20年後、日本は介護ラッシュとなり、介護と仕事を背負い、身体的・精神的に疲弊する社員は急増することは目に見えています。そうなった時に後悔せぬよう、1日も早くダイバーシティ・ワークライフバランスに取り組むことが不可欠だと痛感しました。そして、このような講演をもっと多くの男性管理職の方々にも聞いていただき、取り組む時期を逃さぬようにしていただきたいと思います。

icon_surprised.gif今回特に印象的だったのは、「中小企業の方が、むしろ柔軟に、働きやすい職場づくりができている」ということでした。ワークライフバランスというと、大企業の取り組みというイメージがありますが、社員の顔が見える中小企業の方が、一人一人の状況に応じて、働き方を調整できている…という事実は新鮮でした。制度だけで、見た目の環境を整えるのではなく、社内風土そのものを変えているというのが興味深かったです。

2014年8月13日

日時:平成26年8月8日(金)9:50~12:30
場所:ながさき看護センター(諫早市)
公開研修:看護職のワーク・ライフ・バランス推進ワークショップ

 長崎県看護協会では、平成23年度から「看護職のワーク・ライフ・バランス推進ワークショップ」を実施しています。これまでに県内9施設(すべて病院)が参加し、すでに3年目の結果報告をされた施設もあります。今年度は新しく2施設がワークショップに参加されています。当センターも、昨年に引き続きオリエンテーション講義を聴講してきました。
 副島都志子会長は冒頭のあいさつで、「看護協会では、看護師の離職防止・潜在化防止にも取り組み始めている。良い看護を提供し、患者さんと職員の笑顔を増やすように努力していきたい」と話されました。

<講演1>「ワーク・ライフ・バランスの基本~あなたが変える、組織が変わる~」
 講師:熊本大学医学部附属病院 医療の質管理センター
     副センター長 菊池 健 准教授

 最初の講演は、昨年も好評だった熊本大学の菊池健准教授によるもので、ワークライフバランス(WLB)実現のための実例や具体例を挙げた、分かりやすいお話でした。
 WLB実現のためには、かけ声だけではダメで、具体的な成果を上げなければいけないことを強調されました。WLB推進の立ち上げから、実際の利用、発展まで、どのようにプランを立て、実行・検討・発信していくか、現実的なやり方を教えてくださいました。
 ゴール設定の際、成果指標は必ず具体的な数字を挙げて、視覚化することが大切だそうです。「ベビーステップ」という小さなステップに分解し、進捗と達成を全員で評価することがポイント。評価をして改善するときに、たとえ悪い結果であっても、事実を受け止め、改善に結びつけることが重要だということです。実際に、そのことを行動に移した施設の例も紹介されました。
 つい、会議室にどっかりと座って長時間浪費しがちな各種会議ですが、これも制限時間を設けて短くしたり、思い切って開催をやめたりするのも効果があるそうです。何かあった時はさっと集まって、立ったまま協議すれば、わずか5分で話がまとまることも少なくない、ということでした。
 やりがいのある職場にするために、WLBを意識した人材育成・人材教育を行っていくと、おのずと人が集まってくるようです。看護師も、医師も、やりがいのある仕事だと実感できるような職場環境作りが大事ですね。

<講演2>「知っておくべき労働法」
 講師:社会保険労務士 田川 智砂子 先生

 今年度は、WLBに関連して、知っておくべき法律についての講演もありました。
 まず労働基準法をはじめ、労働契約法、男女雇用機会均等法、育児介護休業法、民法など、関連する法律の紹介があり、続いて雇用契約や労働時間、休日・休暇などについて、具体的に解説されました。
 また、夜勤や宿直に関する日本看護協会のガイドラインについてもお話がありました。夜勤については「拘束時間は13時間以内、仮眠は連続2時間以上を目安にし、夜勤の休息は24時間以上を基準に」、宿直については「所定労働時間に算入されないため、業務密度の低い働き方が原則。週に1回以下に抑えることが望ましい」と述べられました。
 さらに「母性保護にかかわる法律は、将来の社会(年金)を担う子どもを大切に育てるために、必要な措置だと考えるとよい」とも教えてくださいました。
 最近の話題である、長時間労働やメンタルヘルスについても触れられました。ストレスをためない「4つのR」として、リラクセーション(Relaxation…神経を休める)、レスト(Rest…肉体を休める)、レクリエーション(Recreation…心身をリフレッシュする)、リトリートメント(Retreatment…非日常に身を置き、心身を養生する)が有効だということです。ハードな医療現場にあって、心と体の健康を維持することは、とても大事なことですね。

1 2 3