2015年2月26日

メディカル・ワークライフバランスセンターの関連機関である「ながさき女性医師の会」より開催報告がありました。

平成26年度 ながさき女性医師の会 市民公開講座報告
日時:平成27年2月13日(金) 19:00~20:30
場所:長崎市立図書館 多目的ホール

 

基調講演「妊活って?晩婚・少子化時代に生きる貴女へのメッセージ」

講師:村島温子先生(国立成育医療研究センター/周産期・母性診療センター)

母性内科とは… 著書『アラフォー安産35歳過ぎても元気な赤ちゃんを産む方法』を書いたのは、「アラフォーでも安産が可能」と言うつもりは全然なく、「30代までに出産しましょう!」と伝えたくて、自身が診療している母性内科の紹介のために書いた。かつて、膠原病の若い女性患者に出会い、“膠原病の女性は妊娠をあきらめなくてはいけなかった”時代、この不条理へ挑戦しよう!と、母性内科に関わることになった。

女性のライフサイクルと健康トラブル ホルモン環境によって、思春期~成熟期~更年期~老年期という目まぐるしい変化があるのが女性。成熟期には、比較的安定しているが、それ以降は、残念ながら、多くの健康トラブルが出てくる。50歳過ぎると、高血圧が必発で、胎児も育たない。しかし、成育医療センターでは、50代での妊娠・出産が年間数名(?)ある。20代の若い女性では、膠原病や甲状腺疾患など、免疫が関係したものが目立っており、女性の1~2割に発生している。何度も流産した女性が、検査を受けて、甲状腺機能低下症がわかった例もある。

なぜ、妊活? 高齢になると、妊孕性の低下、染色体異常の増加、慢性疾患の合併、子宮がん・乳がんの発生など、ハイリスク妊娠となりやすいからである。妊娠適齢期は、年齢別周産期死亡率から考えると、22~32歳であり、妊産婦死亡率からみると、20~32歳と言える。いずれにしても、女性は妊娠を前提としたヘルスケア(=プレコンセプションケア)を行う必要があり、これは女性自身にとっても、非常にいい健康管理法である。また、海外では、若年層の肥満が大問題になっているのに対し、日本では痩せた・痩せすぎた女性が増えていることが問題でもある。近年、出生数の減少に加えて、新生児の出生時体重が減っており、この原因は、やせの女性と関連あると考えられている。

妊娠はストレステスト! 妊娠による健康状態の変化によって、将来が読め、慢性疾患の発症を早期から予防できることになる。健康寿命延長のためには、重篤な心・脳血管障害と大いに関連している、高血圧症や糖尿病を予防することが大切だが、妊娠によって、このリスクがわかれば、若い時代から予防ができるのである。

妊娠・授乳とくすり 世の中には、妊娠中だから、授乳中だからと、薬をのまずに辛い症状と戦っている妊婦や母親がたくさんいる。医師もあまりわかっていない。その呪縛から解放して、安心して薬を服用して、快適な毎日を送れるように“妊娠と薬情報センター”を設立して、インターネットで情報発信しているので、参考にしてほしい。

 

追加発言1「婦人科クリニックから見る 長崎女子妊活事情」

講師:安日泰子先生(やすひウィメンズヘルスクリニック院長)

長崎の女性たちの声は… これまでは、若い女性たちを対象に性教育の話をすることばかりで、避妊の話はしていたけど、妊娠を勧める話をしたことはなかったので、周囲の人たちにいろいろ聞き取り調査をしてみた。長崎で、最近の女性たちが、結婚や出産に対して、どんなイメージをもっているのか…?と。昔と変わらず、人並みに結婚。出産を適齢期にしたいと願っている人がほとんどであった。ただ、長崎以外の働く女性たちは、職場や自分の夢から先延ばしにする傾向もみてとれる。

データからみる長崎の実態  長崎市女性未婚率は、各年代で全国平均より高い。その理由は、同年代の女性に比べて、男性が少ないという声があるが、調べてみると、10年前も同じ状況であり、30年前は、もっともっと男性が少なかった。大学生男子も、女性も同じような回答。男女ともに結婚する意思はあるが、結婚できない状況が背景にあるのでは…。その問題は、セックスレスや、草食系から絶食系男子と言われるが、大きな問題の一つは、雇用と経済の問題(お金がない=先立つものがない)。もう一つは、仕事と結婚観の男女のギャップ。(女性は働き続けたいと思うのに、男性は自分だけで稼いで養うべき…と。男性のジェンダーの呪縛から解放が必要。)

がんばっている女性たちを支援するために 経済状況の悪化からの教育の二極化、望まない妊娠・早い離婚・シングルマザーの増加・世代間連鎖など、問題が悪循環の輪でつながってしまっている。それぞれを断ち切るための思い切った施策が必要だし、そのためには、多様な価値観の人を政策決定の場に!つまり、女性の政治家を増やさなくてはいけない!

 

追加発言2「卵子は老化する!」

講師:長谷川ゆり先生(長崎大学病院産婦人科)

長崎における高齢出産の状況 高齢妊娠に、厳密な定義はないが、一般に、初産婦で35歳以上を、高齢妊娠という。その比率は、長崎県 20.7%(全国23%)。長崎大学病院では、4割が35歳以上で、40歳以上の人も増えてきている。分娩方法としては、35歳未満は、経膣分娩が多いが、35歳以上はかなりの数が帝王切開である。

高齢妊娠のリスク 高齢だと、妊娠の継続もできないことも多く、データ的にも、38歳が境目で、妊娠率、生産率、流産率に大きな差が生じる。日本全体で、もっと妊産婦の死亡を減らそう・なくそうとしている。ただし、高齢妊娠のメリットもある。(精神的にも、経済的にも余裕ができてからの妊娠・出産は、子育て・教育にいい影響が現れている。決して、悪い事ばかりではない。

生まれた赤ちゃんが大変 長崎県内では、NICUが4か所で27床しかない。現在、長崎大学に母体・胎児ICUとして、MFICUをつくる予定である。妊娠・出産をして、そこで終わりではない。それからがある。ここから、また新たなスタートであることを認識しておかなくてはいけない。

 ながさき女性医師の会ホームページ→http://nagasaki-joi.net/

2015年2月16日

長崎大学病院 病理診断科 安倍邦子先生のインタビューを追加しました。

2015年2月12日

長崎県医師会保育サポートシステムでは広報活動の一環として、「保育サポートシステム通信vol.2」を発行しました。
当システムの活動報告とサポーターや子育て中の医師にとって、有益な情報を提供し、よりよいシステムにしていくための情報交換の場になればと考えております。
ぜひ、ご一読ください。

2015年2月9日

長崎県医師会 第3回保育サポートシステム・保育サポーター研修会

日時:平成27年2月5日(木)14:30~17:00
場所:長崎県医師会館 2階 中会議室

講演
1、保育サポートシステム概要
  長崎県医師会常任理事 上戸穂髙
  長崎県医師会保育サポートシステム・コーディネーター 岸川しずか
2、子どもの心の発達
  長崎大学保健・医療推進センター カウンセラー 富永ちはる 
3、子どもの病気とホームケア
  出口小児科医院 院長 出口貴美子

第1回、第2回と同様に富永先生、出口先生のご講演で、34名の方に参加していただきました。
熱心にメモをとられる姿が見られ、講演会終了後、サポーター登録について質問に来られた方もいらっしゃいました。

保育サポートシステムについて 詳しくはこちら

2015年2月3日

長崎県医師会 第1回保育サポータースキルアップ研修会

日時:平成27年1月22日(木)13時~15時
場所:長崎県医師会館 3階 大会議室
講師:日本赤十字社長崎県支部 指導員

「子どもの看病と手当ての仕方(一次救命処置を含む)」
1、子どもの事故や病気の予防
2、起こりやすい症状と手当について 
3、一次救命処置
4、まとめ、質問等

すでに登録している保育サポーターが対象で、30名の方が参加されました。一次救命処置の方法では、乳児と幼児の人形を使って実習をしました。サポーターさんからは、「頭で理解していても、講習通りに動けない、難しい」という感想が聞かれました。指導員さんからは、「いざというときに対処できるよう、3回は実習を受けて体で覚えてほしい」というお話がありました。

長崎県医師会 第1回サポーター情報交換会
日時:平成27年1月22日(木)15時15分~16時
場所:長崎県医師会館 3階 大会議室

第1回保育サポータースキルアップ研修会に引き続き、サポーター情報交換会を開催いたしました。
7名の活動経験者から、実際のサポートの様子や、その中で感じたことを発表していただきました。
「信頼の積み重ねが大事」「子どもをしっかりと見ることが大切」「実家のお母さん代わりと思ってもらえている」「(お子さんが)膝に乗ってくれたときは嬉しかった」などの感想があり、安全面に気配りする目と、愛情たっぷりの目でサポートされていることが伝わってきました。
発表の後、自由に歓談する場面では、情報を共有し、共感しあうことで参加者同士がすっかり打ち解けた様子で、サポーター同士のつながりが、今後の活動に活かされていくと感じました。