2015年7月31日

 平成27年7月17日(金)8:50から16:10まで、長崎大学医学部3年生(男性86名女性42名 合計128名)の「医と社会」教育の一環で、『ワークライフバランス』について講義を担当しました。1時限から4時限までの丸1日をかけて、”医師としてのキャリア継続のため、ワークライフバランスの考え方を知るとともに、医師としての多様な生き方があることを学ぶ”ことを目的として取り組みました。

 
講義風景

 午前は、伊東昌子センター長が「医師にとってのワークライフバランス」と題して講義を行いました。

伊東センター長

 次に長崎県福祉保健部医療政策課から行政医師である宗陽子先生にお越しいただき、長崎県が制作した、ライフプランにおける妊娠出産パンフレット「すてきなあなたへ~自分らしく輝く人生をチョイスするために~」を配布。内容を説明しながら、「晩婚化している現在、不妊治療をしたら妊娠するものではない」ことを学生に説明されました。

長崎県福祉保健部医療政策課 宗陽子先生

 今回のグループワークでは、5月の5年生学生キャリア講習会と同様の「~もしも医師同士で結婚したら~」と想定された事例を4ケース挙げ、医師夫婦の仕事と生活の両立について、問題点、解決策、結論をランチを交えながら討論を行いました。解決策の発表を、ロールプレイング形式にし、夫婦とその親、職場の医師などのキャスティングを考えて決めてもらい、寸劇で発表してもらいました。時間が少々長くなりましたが、なかなか面白く仕上がっており、観る方も演じる方も、楽しめたのではないでしょうか?!
 また、医師夫婦以外の同僚・上司・先輩・後輩役を演じることで、違う立場になった場合の考え方や対応を学ぶ機会になり、将来どこかで役立つのではないかと思いました。

icon_idea.gifグループ討論  仕事と育児の両立を目指す医師夫婦が抱える問題を、10グループに分かれて討論しました。参考資料として当センターが制作した【出産・育児のイロハ】を配布しました。学生たちが近い将来に起こりうる岐路をイメージし、ある程度の想定を立ててキャリア形成を考えていく必要があることを感じてもらえたかと思います。
 
グループワーク              南副センター長が各グループ訪問

 午後は、本日のランチをご提供くださった長崎県医師会瀬戸牧子常任理事より、日本医師会の「ドクタラーゼ」”医学生がこれからの医療を考えるための情報誌”(リンク許諾済)の紹介がありました。


 その後、現役でご活躍の院内の医師5名に加わっていただきました。グループワークの結果発表に対して、ご自身の経験から貴重なご意見、アドバイスをいただきました。

<事例ケース1>
子どもが病気になったときの対応ですが、発表グループには、理解のある上司(今で言うイクボス?)がいて、朝から妻が病児保育施設に連れて行き、遅れて出勤、夕方は夫が早く仕事を切り上げてお迎えに行く。という結論でした。夫の職場で仕事をカバーすることになった同僚・後輩の医師が、「え~っ!」という発言まで考えてありました。参加医師からは、年に1回くらい、感染症の流行時期には長崎市内の病児保育施設が定員いっぱいで預けられないことがある、というシビアな現実を教えていただきました。

~上司に早く帰宅してよいか交渉中~
<事例ケース2>
後期研修の選択ですが、忙しい診療科であっても、やりたいことはあきらめず、夫の実家に近い病院で、夫の両親が孫の面倒を見るという結論でした。参加医師から、やりたい診療科をあきらめない姿勢を評価されました。

~夫婦で相談し、夫の両親に子育ての協力を依頼しようか検討中~
<事例ケース3>
妻の長期国内研修についての検討では、子どもが「母親と一緒がいい」という意見を尊重して、母子で国内留学という結論でした。Skypeを使って遠距離でも家族のコミュニケーションをとれるようにしたらどうか、との対策が挙がりました。

~子どもにパパとママとどちらと一緒に暮らしたいか確認中~
<事例ケース4>
長崎大学の医師をモデルにした映画「風に立つライオン」(2015年3月14日公開)からイメージして設定しました。夫のアフリカ留学と妻の資格試験受験等についての検討では、結局、アフリカへは行かないという結論でした。途中、嫁と姑の確執もありました。結局、夫が希望していた留学が叶わなくなったことに対して、参加医師より、将来、喧嘩の火種とならないか?と心配する意見がありました。

~上司からアフリカ留学を打診されている様子~

学生の発表に対して、先輩医師のアドバイスがありました。
 
第一内科 原口愛先生          第二内科北村峰昭先生
  
小児科 北村温子先生          医療教育開発センター 松島加代子先生

 続いて、ロールモデル医師として2名の先生からご講演をいただきました。


講演1:感染制御教育センター・安全管理部 栗原慎太郎先生
テーマ:「No risk No life」
栗原先生の含蓄のあるお言葉は、男子学生さんの胸に響いたことでしょう。
 
講演2:臨床研究センター・移植消化器外科 崎村千香先生
テーマ:「女性外科医の希望と展望~まだまだ未熟な医師経験の中で~」
仕事も子育てもどっちも楽しい!という崎村先生の明るく前向きな姿勢は素晴らしいと思いました。

特別講演として、東京女子医科大学 心臓血管外科 冨澤康子先生をお招きしました。

特別講演:東京女子医科大学 心臓血管外科 冨澤康子先生
テーマ:「ロールモデルの役割とワークライフバランスの重要性」

 女性医師の歴史、ロールモデルがいなくてもやる気があればどうにかなること、組織のトップに向かって発言していく必要があることなど、パワフルな講義で、活力をいただきました。

 そのほか、講義前後アンケート、キャリア&ライフ未来年表、医学生のWLB意識調査など盛りだくさんの内容でした。学生の皆さん、夏休み目前でしたが、記憶に残る授業になったでしょうかicon_rolleyes.gif

~学生講義を終えて~
◎講義前後アンケートの集計結果抜粋
 講義前アンケートでは、「男女共同参画」について聞いたことがない割合は9%、「ワークライフバランス」については、34%が聞いたことがないという結果で、昨年度の3年生、今年5月の5年生での結果と比較して、言葉の浸透度は一番高い結果でした。また、言葉も内容も知っているという割合もこれまでで一番高かったです。「男女共同参画」は小・中・高の授業で知り、「ワークライフバランス」は、2年前の平成25年度の1年次に伊東センター長から「ワークライフバランスとダイバーシティ」という講義を受けていたため、耳に残り、記憶していたようです。まだまだ周知する必要はありますが、認知度はあっという間に上がってきているようです。

 講義後のアンケートの感想欄には、「将来を考えるよいきっかけとなった」「たくさんの医師からの話を聴くことができて、参考になった」「面白かった」「有意義であった」という意見をたくさんいただきました。また、「自分の将来に不安があるか」の回答は、講義前が「はい」の不安があるが48%から34%へ減少し、「いいえ」の不安がないは、22%から37%へ増加し、講義によって不安が解消された学生がいました。


◎学内協力医師よりコメントをいただきました
●第一内科 原口愛先生
学生さんがいろいろな視点を持っていて、勉強になりました。学生時代からワークライフバランスについて考えていくことで、医師として働き始めたときに、いろいろな選択肢を考えられると思います。
●第二内科 北村峰昭先生
ワークライフバランスについて、自分自身かなり家族に迷惑をかけているなと感じました。反省です。学生のころから考えることは大切なことと思いました。
●医療教育開発センター 松島加代子先生
はじめてロールプレイを取り入れた回でしたが、みなさんの演技力に楽しみながら参加させてもらいました。 男女が交代していた(男性が女性役をしていた)グループなどあり、学生時代ならではの柔軟な発想に驚きましたし、演技をしてみることで相手の立場を考えるきっかけになったのではないかと思います。 将来、社会人になったみなさんと一緒に、ワークライフバランスを考えていけたら、もっと新しい視点で発展していけるのではないかと思いました。楽しみに待っています!!
●小児科 北村温子先生
学生の頃からワークライフバランス、男女共同参画等を講義で習うことは素晴らしいことだと思います。 学外から見学参加された熊本大学の後藤理英子先生がアドバイスされていましたが、「ぜひ、自分のやりたい道を選択してほしい。そうでない道を選択したとき、後々何かあったときに「こんなはずじゃなかった」と後悔するかもしれない。」と話されましたが、本当にそうだと思います。 やりたい道に進めば、きっとなんとかなるのではないかと思います。柔軟に、臨機応変に。学生さんたちが、自分が進みたい進路を選んでくれることを願っております。

◎学外からのご見学・ご協力いただいた皆さまよりコメントをいただきました
icon_lol.gif長崎県医師会常任理事 瀬戸牧子先生
楽しい機会を与えてくださってありがとうございました。 何よりリアルなロールプレイができる学生さんがたくさんいる事に驚き!ました。私が学生の時にはとてもできなかったと思います。楽しませてもらいました。 いろんな立場に自分の身を置いてみて、その立場で考えるというのは、限りなく世界を広げていく事ができますよね。面白い試みだと思います。 いっぱいの経験をして欲しいし、足りないところは更にたくさんの本も読んだり、話しを聞いたり、世界を知って欲しいと感じました。
icon_razz.gif長崎県医療政策課 宗陽子先生
学生の頃から、医師としてのライフプランを考える機会を持てることは素晴らしいことだと思いました。 どのような医師になりたいのかしっかり考えて将来の見通しを持つことが、選択しなければならない、いろんな分岐点で役に立つと思います。 今回、妊娠・出産には適齢期があることをお伝えしましたが、そのことも、ライフプランを考える上で意識していただけると嬉しく思います。 メディカルワークライフバランスセンターの皆さまのご尽力に感謝します。
icon_surprised.gif久留米大学 守屋普久子先生
とても有意義な時間を過ごさせていただき、誠にありがとうございました。とても勉強になりました。
icon_smile.gif熊本大学 後藤理英子先生
学生さんたちが真剣に考えて作り上げていらっしゃって、今後ぜひ当大学でも取り入れたいと感じました。
icon_biggrin.gif神戸大学 橋本富美子様
長崎大学の学生さんは素直で講義に熱心に取り組まれておられました。とてもいい講座で多くの学びを頂きました。

icon_exclaim.gif冨澤先生、崎村先生と、伊東センター長は、偶然にも、同じ雑誌のシリーズ「研修医通信」のインタビュー企画「キラキラ輝く女性医師」に取材された実績のある先生方で、若手医師のみなさんのキャリア形成のお手本になることと思います。(転載許諾済)
 

 

2015年7月30日

両立サポートの掲載内容の充実を図るために、「利用者の声」を集めました。
快くご協力くださいました皆さま、大変ありがとうございました。
ぜひご利用を検討されている方がいらっしゃいましたら、ご紹介ください。

長崎県の病児保育・病後児保育施設
 近隣の病児保育施設を利用されたことのある医師と、預けられたことのあるお子さんからの感想を掲載しました。

マタニティ白衣貸出
 マタニティ白衣の特徴とサイズ、ご利用の感想を掲載しました。また、マタニティ白衣の左上腕に刺繍であじさいの花と「NAGASAKI AJISAI PROJECT」の文字を入れました。

2015年7月22日

長崎大学病院 耳鼻咽喉科 木原千春先生のインタビューを追加しました。


~2015年キャリアアップセミナー・初級講座~
「英語論文のABC」と「科研費獲得のイロハ」

 本セミナーは、「英語論文の書き方」と「科研費の獲得方法」の初心者向け講座です。主任教授おススメの先生方4名をお招きし、それぞれの視点から“英語論文”と“科研費獲得方法”のコツをわかりやすく解説していただきます。英語論文や科研費についての基礎を学びたい方は、ぜひこの機会にご参加ください。

◆英語論文のABC◆
【第1回】
講師:診療情報管理室・消化器内科  助教 赤澤 祐子 先生
日時:8月21日(金)18:30~19:30
締切:8月14日(金)
 【第2回】
講師:医療教育開発センター・腎臓内科 准教授 小畑 陽子 先生
日時:8月27日(木)18:30~19:30
締切:8月20日(木)

◆科研費獲得のイロハ◆
【第1回】
講師:救急救命センター 助教 田島 吾郎 先生
日時:10月2日(金)18:30~19:30
締切:9月25日(金)
【第2回】
講師:第一内科 講師 一瀬 邦弘 先生
日時:10月8日(木)18:30~19:30
締切:10月1日(木)

●会  場:長崎大学病院 放射線部カンファレンス室(新中央診療棟1階)
●対  象:英語論文と科研費獲得方法の基礎を学びたい方
      ※男女問いません。修練医以上若手医師の方など
●申込締切:セミナー・イブニングシッター共に開催日の一週間前
●申込方法:参加申込書に必要事項をご記入のうえ、FAXまたはメールにて下記までお送りください。

icon_idea.gifチラシ(PDFファイル)ダウンロードはコチラ
icon_idea.gif参加申込書(ワード文書)ダウンロードはコチラ

★無料託児サービスについて★
 メディカル・ワークライフバランスセンターでは、夕方以降開催の会議や勉強会出席のための託児サービス「イブニングシッター」を実施しております。ご希望の方はイブニングシッター「託児申込書」にご記入のうえ、参加申込書と一緒にお送りください。
icon_idea.gifイブニングシッター「託児申込書」(ワード文書)ダウンロードはコチラ

◆主  催:長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンター
 ~お申込み・お問い合わせ先~
長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンター
【mail】info01アットマークnagasaki-ajisai.jp  アットマークに”@”を入力ください
【URL】http://nagasaki-ajisai.jp/ 
【facebook】https://www.facebook.com/nagasaki.mwlb

2015年7月21日

女性の大活躍推進フォーラム
「経営戦略としての女性活躍~多様な人材の活躍できる働き方へ~」

開催日時/平成27年7月14日(火)13:50~15:20
会  場/佐賀県立男女共同参画センター(アバンセ)1階ホール
主  催/女性の大活躍推進佐賀県会議、佐賀県

 昨年12月に行われた「ながさき女性活躍推進フォーラム」に続き、佐賀県でも同様のフォーラムがあり、当センターも参加してきました。

 佐賀市で行われた女性の大活躍推進フォーラム内で、株式会社ワーク・ライフバランス代表取締役社長の小室淑恵氏の講演会が行われ、これからの“働き方”について密度の濃いお話を伺うことができました。
 講師の小室淑恵氏は、これまでに900社以上の企業にコンサルティングを行い、ワーク・ライフバランスの普及に尽力されています。また、ご自身も2児の母として子育てをしながら効率よく短時間で成果を上げる働き方を実践されていて、親族の介護のためにホームヘルパー2級の資格を持ち、仕事と子育て、さらに介護と、まさに現代社会の働き方改善の必要性を身を持って体験されていて、現実味のある表現でお話くださいました。

 フォーラムは、女性の大活躍推進佐賀県会議共同代表の内田健氏と佐賀県知事山口祥義氏の挨拶で始まりました。佐賀県は中小企業や小規模事業者が多く、ワーク・ライフバランスの推進について懸念されていたそうですが、小室氏から小さな企業ほど効果が表れやすいと伺い、講演を楽しみにされていました。

 まず、小室氏の会社のワーク・ライフバランスに関するエピソードを話され、ご自身や女性社員の子育て中の勤務経験から、残業ゼロ、有休消化率の向上などを積極的に取り入れた結果、創業以来、増収増益とのことでした。

 その後、講演は3つのテーマに沿って進んでいきました。

◆テーマ1.日本が女性活躍に本腰を入れた理由
 ハーバード大学のデービット・ブルーム氏が10年前から提唱している人口ボーナス期、人口オーナス期の話があり、現在オーナス期に入っている日本は早急に働き方を変えていかなければならない、そのためには今までとは真逆の働き方(女性の活躍、労働時間の短縮、多様性のある人材確保)に変更していく必要があるとのことでした。タイムリミットとしては、団塊世代が70代に入る2年後と、団塊ジュニア女性の出産があと3~4年くらいなら可能ということで、その2つの時期が目安だということでした。また、晩婚化により育児と介護が重なる可能性が高くなっていることもワーク・ライフバランスの普及を急ぐ要因のひとつということでした。

◆テーマ2.政府の対応
  現在、内閣府男女共同参画局にある「女性の活躍見える化サイト」では、全上場企業(及び未上場の調査協力企業)を対象とした役員・管理職への女性の登用、仕事と生活の両立推進等に関する調査の結果を公表しています。調査に協力した企業の従業員や役員、管理職の女性の比率、女性登用に関する目標の有無、勤続年数、育休や産休取得者数などが掲載されていて、ワーク・ライフバランスを重視しているがどうかが一目でわかるようになっています。
 こうした背景から、先進企業は優秀な人材の確保に向けて「選ばれる会社」になるために、真新しい実績を残すこと、公表できる数値を揃えることに注力しているようです。

◆テーマ3.ワーク・ライフバランスの実践方法

 ワーク・ライフバランスを職場に普及させる具体策として、「朝夜メール*」や「カエル会議*」の導入、管理職の意識改革を促すマネージメント研修、女性に自信を持たせるための女性向け研修などが効果的だということでした。(*は長崎県主催労働セミナー参照)
  また、コンサル事例として、評価基準を期間単位から時間単位に変えたことで、残業なしで業績が上がり、女性の管理職も増え、出産数まで増加したという企業の紹介もありました。

icon_razz.gif<参加した当センター職員の感想>
◎小室氏は、TEDxTokyo2012や国会でもプレゼンされたり、安倍内閣の産業競争力会議でも提言されるほどワーク・ライフバランスの領域で認知度の高い方です。最近では、企業のコンサルタントから、地方創生交付金の影響で行政からのコンサルタント依頼が増え、大変ご活躍されているとのことでした。先日参加した長崎県主催労働セミナーで講演された松久晃士氏の代表取締役社長になります。
 日本全国でコンサルタントしてきた企業の経営転換期の事例と結果を実績とし、個人、企業、国が抱える問題をワーク・ライフバランスの観点からわかりやすく、「感覚ではなく、エビデンスを持って呈示できるようになってきた」とのことで、とても納得し、理解できました。
 働き方の見直し案として、時間や場所の柔軟さを考えて「ワークライフバランス」という新しい報酬を与える、管理職になりたがらない若手男性のために、上司が率先して魅力あるライフスタイルを示したり、育児に参画できる時間帯に退勤させる、時間内で成果のある働き方をして、仕事を「見える化」し、業務を共有するなど、様々なヒントをいただけました。
 ~お知らせ~
・「ゆう活」(政府広報オンライン)・・・政府が国家公務員を対象に始めた取り組み2015年7月~試行
・「女性の活躍見える化サイト」(内閣府男女共同参画局)・・・各企業の現状を投資家、消費者、就活中の学生等から「みえる」ようにし、女性の活躍推進を企業が積極的に行うよう内閣府が設置。

◎日本がなぜ他の先進国と比べて、人口ボーナス期から人口オーナス期へ急速に移行したのか、また、人口オーナス期にどうすれば経済発展できるかを、分かりやすく説明していただきました。
 「残業=会社のため」から「短い時間で効率よく成果を出す」という意識に変えるために、まず、なぜ時間内に仕事ができないかその理由を考えさせると、実は外的要因より内的要因が多かったというお話には耳が痛かったです。知識とスキル不足を時間でカバーしても成長はできないということ、また、人の集中力は起床して13時間までしか持たず、それ以降は酒気帯びと同じ集中力、という言葉が非常に印象に残りました。

◎時間単位で評価されるのは、男性よりも真面目と言われる女性に有利なように感じましたが、女性が自分を過小評価して、自分が上げた成果を素直に受け入れない傾向があるというような話は、とても共感を覚えました。男性はほとんどそのようなことがないということに大変驚かされ、女性躍進の問題はいろんな課題を抱えていると感じました。
 また、晩婚化により育児と介護が重なる可能性が高くなることは意外と盲点になっているように思いました。このようなケースは今後増えると思いますので、やはり早急な対策が必要だと強く感じました。

1 2