2015年9月30日

【平成27年度 第4回復職&リフレッシュトレーニング 9/28(月)開催しました!】

復職&リフレッシュトレーニングは、育児・介護等で休職・離職中の医師に医療現場との気持ちの距離を縮めてスムーズな復職を促すプログラムです。就労中の方も、知識をリフレッシュしたい方はご参加いただけます。

今回は【急変時の対応―BLSと基本的な考え方―】をテーマに開催しました。定員8名でしたが、参加は5名で、うち初参加は3名でした。地域病院から1名、学内から2名で、育休中の方2名でした。

icon_idea.gif 復職&リフレッシュトレーニングの講義を録画したDVDをレンタルしています。参加できなかった回で視聴をご希望の方は、センターまでご連絡ください。

 
↑講師の山下和範先生

今年度、第4回目の復職&リフレッシュトレーニングは、毎年計画、実施してきた「急変時対応」です。
今回も救急医療のエキスパートである、救命救急センター副センター長の山下和範先生にトレーニングしていただきました。
緊急事態に遭遇したら、緊急対応システムを稼動=長崎大学病院内であればハリーコールを要請して、迅速なCPR=胸骨圧迫を行い、AEDによる迅速な除細動を行うことが大事だということです。バイスタンダーCPRの有無で生存率に差が生じ、AEDの普及により、心原性心停止患者さんの生存率は改善されています。みなさんの生活行動範囲のどこにAEDが設置されているか、一度確認してみると良い、と話されました。
シミュレーターを用いて、意識の確認、呼吸の確認、胸骨圧迫、AEDの使用、BVMを用いた換気などを実践し、山下先生よりコツを教えてもらいました。久しぶりにCPRを行い、初めてAEDを触ったという参加者が多く、良いトレーニングとなりました。

 

 <<参加者アンケートより>>
・受講したくてもなかなか腰があがらないので、直接メールでお誘いいただき、良かったです。託児も利用でき、ありがとうございました。
・久しぶりの胸骨圧迫で緊張しました。すでに臨床では実践する機会がないので、いつの日かバイスタンダーCPRができるといいと思いました。

 
↑託児室では、1歳未満のお子さんを3人お預りする予定でしたが、トレーニング当日にお子さんの発熱により欠席されました。
欠席された場合でも、講師の先生よりご了承いただけた回は、ハンドアウト資料を後日郵送でお配りするように対応しておりますので、お気軽にお申し込みください。icon_razz.gif

2015年9月28日

前任の江藤看護部長の”子育て中の看護職員が集う場を作りたい”という想いを、副看護師長会のグループメンバーが2年をかけて温めて形にした企画「第1回パパママミーティング」が開催されるとのことで、9/15(火)見学させていただきました。
未就学児及び低学年児を持つ看護職員で、仕事と育児の両立を頑張っているパパとママを対象に実施され、19名の参加がありました。

まずは、萩原絹子看護部長から開催にあたっての経緯の紹介がありました。

昨年副看護師長会が行った看護部職員へのアンケート調査では、「子供との時間が取れないことへの罪悪感」「仕事も子育ても中途半端になっている気がする」 といった意見が多く出され、今回のパパママミーティングは、「子育て中の看護部職員の不安軽減」「ジレンマ解消」「仕事と家庭の両立を手助けする方法探し」を目的として開催されました。
現在長崎大学病院では、全看護師のうち約10%が、産休・育休・育児短時間勤務制を取得しており、 男性看護師の育休取得者も何名かいらっしゃるそうです。 最近では育休明けの復帰者も100%に近づいてきており、働きやすい職場への転換が進んできているのではないかとのことでした。
また、長崎大学病院では、ホスピレート「働きやすい病院」認定を受けていること、メディカル・ワークライフバランスセンターが、職員の働きやすい環境整備などを行っており、今年6月に開催された国立大学附属病院長会議において、 先駆的な取り組みを行っている部署として報告されたことを紹介してくださいました。

その後は、フリートークとなり、話題に困らないよう工夫されたしかけや、子育て時期に有用な情報も準備されており、主催者側の細やかな気遣いを感じました。

子育て中の方、子育てから手が離れた方、仲間みんなで知恵を出し合い、誰もが働きやすく、よりよい職場環境をに自分たちで改善していきたい、という看護部のみなさんの熱意が伝わってきました。

当日の様子は、看護部のホームページ(復帰支援)をご覧ください。(リンク許諾済)


7月から新たにスタートした「臨時シッターサービス」をご存知ですかicon_question.gif
 詳しくは、臨時シッターサービスページをご覧ください。

今回初の利用者となったのは、看護研修センターによる「育児休業者・長期休業者復帰支援スクール」に参加された育休中の看護師の方です。
「育児休業者・長期休業者復帰支援スクール」とは、育児休業や長期休業などでしばらく臨床現場を離れていた看護師のみなさんが、不安を感じることなく、 安心して職場復帰できるよう、平成27年度より始められた年3回の復帰支援プログラムです。
当日の様子は、看護部のホームページ(復帰支援)をご覧ください。(リンク許諾済)

お預かりしたお子さんは、シッターさんが準備したボールに興味津々で、転がしてみたり、シッターさんに手渡ししてみたり、 楽しそうに遊んでいました。利用された看護師の方からは、「安心して研修を受けることができた。」との感想をいただきました。icon_redface.gif

長崎大学病院全職員などの再教育や復職のための会を主催される場合は、ぜひご利用ください!

2015年9月24日

~2015年キャリアアップセミナー・初級講座~
「科研費獲得のイロハ」

 本セミナーは、「科研費の獲得方法」の初心者向け講座です。主任教授おススメの先生方が、それぞれの視点から“科研費獲得方法”のコツをわかりやすく解説していただきます。科研費についての基礎を学びたい方は、ぜひこの機会にご参加ください。

◆科研費獲得のイロハ◆
【第1回】
講師:救命救急センター 助教 田島 吾郎 先生
日時:10月2日(金)18:30~19:30
締切:9月25日(金)
【第2回】
講師:第一内科 講師 一瀬 邦弘 先生
日時:10月8日(木)18:30~19:30
締切:10月2日(金)

●会  場:長崎大学病院 放射線部カンファレンス室(新中央診療棟1階)
●対  象:科研費獲得方法の基礎を学びたい方
      ※男女問いません。修練医以上若手医師の方など
●申込締切:セミナー・イブニングシッター共に開催日の一週間前
●申込方法:参加申込書に必要事項をご記入のうえ、FAXまたはメールにて下記までお送りください。

icon_idea.gifチラシ(PDFファイル)ダウンロードはコチラ
icon_idea.gif参加申込書(ワード文書)ダウンロードはコチラ

★無料託児サービスについて★
 メディカル・ワークライフバランスセンターでは、夕方以降開催の会議や勉強会出席のための託児サービス「イブニングシッター」を実施しております。ご希望の方はイブニングシッター「託児申込書」にご記入のうえ、参加申込書と一緒にお送りください。
icon_idea.gifイブニングシッター「託児申込書」(ワード文書)ダウンロードはコチラ

◆主  催:長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンター
~お申込み・お問い合わせ先~
長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンター
【mail】info01アットマークnagasaki-ajisai.jp  アットマークに”@”を入力ください
【URL】http://nagasaki-ajisai.jp/ 
【facebook】https://www.facebook.com/nagasaki.mwlb

2015年9月21日


↑チラシ PDFはコチラ

「2020.30実現をめざす地区懇談会-長崎」
~2020.30実現のカギ!ワークライフバランスと・・・~
女性医師が活躍できる職場や社会とは・・・
多様性を大切にし、お互いを思いやり、支援できる
より満足度の高い医療サービスを提供する場所には不可欠なこと
★【2020.30とは】・・・「社会のあらゆる分野において、2020年までに指導的地位に女性が占める割合が少なくとも30%程度になるように期待する」という政府が掲げた目標です。

日  時:平成27年10月5日(月) 18:30~20:30
場  所:<第1部>長崎大学病院シミュレーションセンター(外来棟7階)
     <第2部>長崎大学病院すかいらうんじ ぽんぺ(新病棟14階)
申込用メールアドレス:joi.net.nagasakiアットマークgmail.com
         (「アットマーク」を「@」に換えて下さい)
連絡先&託児申込先:長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンター
・参加無料(当日参加OK)
・託児所あり 事前申込が必要です イブニングシッター用申込書をご提出ください
 託児申込締切:9月28日(月)

主催:長崎県医師会
共催:ながさき女性医師の会、長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンター、 長崎大学医学部医学科先端医育センター、長崎大学病院医療教育開発センター、長崎県、日本医師会

学生・研修医のみなさん お気軽にご参加ください。
男性の参加もウェルカムですicon_lol.gif

ながさき女性医師の会ホームページもご覧ください。

両立に苦慮されている方、キャリア形成の相談など、普段はお忙しい現役の先生方と気軽に交流できる絶好の機会です。
お誘い合わせのうえ、ぜひ、ご参加お待ちしておりますicon_redface.gif

1 2