2016年5月25日

平成28年4月から、長崎県内病院で働く医師の方もマタニティ白衣のレンタルが可能になりました!
レンタル料・送料は無料で、クリーニング代のみご負担ください。

この度、長崎県医師会報5月号に寄稿し、記事を掲載していただきました。
早速ご利用いただいた県北地域で働く医師の方より、素敵なお手紙をいただきましたので、記事でご紹介させていただきました。

長崎県医師会報 第844号 平成28年5月掲載

みなさまの温かいご声援を励みに活動してまいります。
当センターへ様々なご意見をお寄せいただけますと、大変幸いです。

詳しくは、コチラをご覧ください。
ご希望の方は、当センターへご連絡ください。

2016年5月18日

日時:平成28年5月13日(金)15:00~15:30
場所:病院会議室C(歯学部棟8階オープンラボ)
出席者:8名
列席者:7名
欠席者:4名

議題
1、運営委員の紹介
2、外部アドバイザーの廃止と運営委員会について
3、平成28年度月別計画表
4、平成28年度計画について
5、その他

伊東昌子センター長が、平成28年度の継続事業や新規事業について、運営委員へ報告し、異議なく了承されました。
また、南副センター長から、長崎県の委託を受け計画を進めている「日帰り診療応援システム」について、その概要と進捗報告がありました。
「日帰り診療応援システム」とは?・・・NIMAS【長崎離島医師搬送システム】ヘリコプターを使い、要望のあった診療科の主に子育て中の医師を派遣するシステム。
今年度も皆様からのご指導、ご鞭撻をいただきながら、各部門との連携を深めつつ、地道な活動を目指してまいります。
何卒よろしくお願いいたしますicon_razz.gif

2016年5月11日

4月は3名の子育て中の医師の方に「イブニングシッター」をご利用いただきました。

今回初めてご利用いただいた方の、”お送り”の際の様子です。
当日のお子さんの健康状態など簡単なアンケートをご記入いただきます。
 

icon_razz.gifお母さんのご感想
参加必須の講習会があり子連れを覚悟していましたが、 イブニングシッターを院内掲示板で知り、7か月の子どもをお願いしました。
派遣されたシッターさんはおもちゃ等持参され、子どもの扱いにも慣れていらっしゃったようです。 参加の前後で送り迎えができ、安心できました。
夜間の勉強会等は参加を諦めがちですが、預かっていただくと大変助かります。

対象は長崎大学病院全職員、および関連病院に所属する医師です。
この4月より長崎大学病院に新しく来られた職員の皆さんもぜひご利用ください。
ご利用方法など、ご不明な点は当センターまでお気軽にお問い合わせください。

利用は1週間前までの事前申し込み制となります。
実施の概要につきましては案内状、チラシをご覧ください。
案内状PDFはコチラ
チラシPDFはコチラ
託児申込書のPDFはコチラ
託児申込書のワード文書はコチラ

※申し込み・問い合わせ先
長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンター
E-MAIL:info01アットマークnagasaki-ajisai.jp
    (「アットマーク」を「@」に換えて下さい)

2016年5月10日

昨年、平成27年度に初めてキャリアアップセミナー(全4回)を開催しました。
「英語論文のABC」と、「科研費獲得のイロハ」というタイトルで、初級編の内容を講師の先生にお話しいただきました。
参加したみなさんの満足度は高く、”やる気の出るセミナー”と好評でした。
今年度のキャリアアップセミナー企画にあたり、テーマの希望などについてニーズ調査を行い、以下のような結果となりました。

1.調査目的
  キャリアアップセミナー企画の参考とするため
2.対象と方法
◇実施期間:平成28年2月
◇調査対象:長崎大学病院で勤務する助教の女性医師
◇調査方法:メールと院内便で配布し、いずれかの方法で回収した(匿名希望の方は院内便回収)
◇配付・回答数(回答率):16診療科43名 ※育児休業中を除く 回収41名(95%)
◇調査内容:「スタッフとして継続勤務するために、あると助かる研修」
3.結果 ※()内は複数回答・未記入あり
1位:統計セミナー 20名(初級10名・中級3名・上級1名)
2位:科研費・外部資金獲得セミナー 19名(初級10名・中級2名・上級2名)
3位:英語論文書き方セミナー 17名(初級13名・中級5名・上級1名)
4位:臨床試験についてのセミナー 10名(初級4名・中級1名・上級0名)
5位:英語プレゼンテーション方法  9名(初級5名・中級2名・上級1名)
6位:動物実験についてのセミナー 6名(初級2名・中級1名・上級1名)
7位:パソコン活用セミナー 5名
8位:リーダーシップ研修・エンドノート活用セミナー 各4名 

上記の結果を受け、今年も、昨年同様の英語論文と科研費獲得のセミナーに加えて、統計と臨床研究についてのセミナーを検討することにしました。ニーズ調査のご協力をいただきました女性医師のみなさま、大変ありがとうございました。

統計セミナー初級編につきましては、長崎大学病院臨床研究センター主催で佐藤俊太朗先生による開催が決定しているそうです。
(7/8(金)、 8/4(木)、 8/19(金)いずれもイブニングシッターサービスをご利用のうえ受講可能です)
セミナー開催のご案内は、当センターホームページの新着情報でもお知らせします。
なお、メディカル・ワークライフバランスセンター主催の臨床研究セミナー初級編は、長崎大学病院臨床研究センターの福島千鶴先生と佐藤俊太朗先生を講師にお迎えして、秋に開催します。また、英語論文と科研費獲得セミナー初級編については、夏に開催予定です。詳細が決まり次第、追ってお知らせします。


↑統計と臨床研究の講師:佐藤俊太朗先生(長崎大学病院臨床研究センター助教)

icon_razz.gif今年度も、”やる気の出るセミナー”開催のために準備を進めております。
興味のある方、育休中や小さなお子さんがいらっしゃる方も託児完備でお待ちしておりますので、どうぞ安心してご参加ください!

2016年5月1日

リーダーとして活躍している長崎大学医学部卒業医師を紹介。医療、研究や社会活動など多方面での活躍を目指すキャリアの道しるべとしてご覧ください。

VOL.5 有井 悦子 先生
・有井小児科医院院長
・京都造形芸術大学芸術学部子ども芸術学科 教授
・京都小児科医会理事
・京都市学校医会顧問
・京都府保険医協会理事
・NPO法人子どもセンター ののさん理事