2016年11月30日

【平成28年度 第3回復職&リフレッシュトレーニング 11/29(火)開催しました!】

復職&リフレッシュトレーニングは、育児・介護等で休職・離職中の医師に医療現場との気持ちの距離を縮めてスムーズな復職を促すプログラムです。就労中の方も、知識をリフレッシュしたい方はご参加いただけます。

今回は【熱と咳のプライマリケア】をテーマに開催しました。参加者は6名で、うち初参加は1名でした。院外から1名、育休中2名、復帰医1名、パートタイマー医員2名でした。

icon_exclaim.gif復職&リフレッシュトレーニングの講義を録画したDVDをレンタルしています。参加できなかった回で視聴をご希望の方は、センターまでご連絡ください。


 ↑講師の総合診療科 中道 聖子先生

 冬季の「かぜ」症候群のシーズン到来に合わせて、熱と咳の診断のポイントを教えていただきました。たくさんのウイルスが原因となり、上・下気道症状や発熱が起こります。基本的に「かぜ」は自然に治る病気ですが、「かぜ」と思って受診する患者さんの隠れた原因を見逃さないように診察することも大事だそうです。百日咳、咳喘息、アトピー咳嗽の違いや、咳の出る疾患の胸部エックス線・CTの画像を見せていただき、気をつけるポイントを勉強できました。

 

 

 今回は、トレーニング後の15分をつかって、『ママドクター情報交換会』を初めて企画、開催しました。復帰に向けて不安な点や、子育てに関することなど、診療科の枠を超えてママドクター同士がピアサポートし、交流できる機会をつくることが目的です。
 子育て中の4名のみなさんが引き続きご参加くださいました。
 はじめに、自己紹介、お子さんの年齢や、復職状況などをお話しいただきながら顔合わせをしました。その後は、フリートークです。病児保育施設の話題では、「長崎大学病院内に病児保育施設が開設できないのはナゼ?」「ある民間の病児保育施設の利用感想」(前日深夜に留守電予約ができ、十分な収容人数で感染症の流行する時期でも断られる心配がなく安心)などについて話し合いました。また、イブニングシッターサービス保育サポートシステムについての質問も挙がりましたが、これらのサービスを”利用中”、”利用検討中”の方が相互にいらっしゃったので、直に利用者の事例を聞くことができ、談笑しながら有用な情報交換会になったのではないかと思います。

icon_redface.gif当センターが各医局のワークライフバランス推進員などからの情報により登録できている休職中の先生方には、メルマガ配信やお電話でお声かけしながら地道に活動しています。県内病院で働かれている女性医師の方も、職場へのスムーズな復職や仕事と子育ての両立を始めたばかりのママドクター同士のピアサポートの場として、当センターの実施するイベントを活用していただけると幸いです。

<<参加者アンケートより>>
・咳止めの薬も安易に出さないようにしようと思いました。
・産科婦人科の患者さんでも(特に妊婦さん)、咳や熱を訴えて来られる方は結構いらっしゃるので、勉強になりました。
・クリニックの外来診療で、咳による来院も増えてきた時期であり、とても勉強になった。 
・日頃、子育てに追われて、なかなか勉強する機会がなかったので、リフレッシュになりました。また、下の子どもを預けるのも初めてで、大丈夫かなと心配していましたが、楽しそうに過ごしていたようで安心しました。参加させていただいて、とても良かったです。


託児室では3名の参加者が利用され、4名のお子さんをお預かりしました。

復職&リフレッシュトレーニングに関する記事はコチラ 

2016年11月25日

長崎大学ダイバーシティ推進センター女性研究者支援部門「キャリア講演会」
~北米の大学における子育て研究者へのサポート体制について~

日時:平成28年11月21日(月)18時30分~19時30分
会場:長崎大学文教キャンパス 総合教育研究棟108講義室


長崎大学ダイバーシティ推進センターのワークライフバランス推進部門員でもある南副センター長からの報告です。

 ”北米における子育て研究者へのサポート体制”というサブタイトルで、北米の進んだ子育て支援制度や、考え方を聴かせてもらおうと思って参加したのですが、そのお話は、目からうろこが落ちる内容でした。
 アメリカ・カナダで20年間、現地の大学・研究機関で研究されてきた五島聖子先生は、子どもができたら、一人前に育てることを第一に考え、子どもとの時間を大切にされてきたそうです。
 その生活をサポートしたのは、北米の大学では普通のこととなっている、オンライン会議やオンライン授業などです。日本の大学、長崎大学での働き方と大きく異なる勤務環境が、子育てと仕事の両立を可能にしたと話されました。
 また、ITサポートも充実していて、24時間体制でサポートスタッフが対応してくれるそうです。
 「子どもとの時間を大切にする子育てを可能にする」北米の働き方が、働き方改革の始まったばかりの日本から長崎に浸透して来るのはいつの日でしょうか…。


子育て中の皆さま、「イブニングシッター」を利用してみませんか?
平成28年度は11月24日時点で、延べ32名のお子さんをお預かりしました。

9月には、当センター主催のキャリアアップセミナー第2回第3回の参加者の方にもご利用いただきました。

 

また、10月・11月にご利用いただいた医師の方からご感想をいただきましたので紹介します。

icon_razz.gif以前から何度か利用したいなと思っていましたが、子どもの人見知りが激しくなかなか私から離れられないため、利用できずに過ごしておりました。
そのような中、徐々に子どもも大きくなったので(2歳5か月です)、念願のイブニングシッターを今回、ようやく利用させて頂きました。
初めは大泣きの息子でしたが、シッターの方も慣れた様子で優しく声をかけて下さいました。その優しい雰囲気や、手作りのおもちゃ・大好きな電車のおもちゃなど沢山準備して頂いていたことから、どうにか預かって頂く事ができました。その後は楽しく遊んでいたようです。勉強会が終わるとすぐにお迎えに行く事もでき、大変助かりました。
また機会があればお願いしたいです

大学病院内で開催されるカンファランスや勉強会、大学院セミナー(坂本地区開催であれば利用可能)の際にご利用いただけます。
対象は長崎大学病院全職員、および関連病院に所属する医師です。
ご利用方法など、ご不明な点は当センターまでお気軽にお問い合わせください。

利用は1週間前までの事前申し込み制となります。
実施の概要につきましては案内状、チラシをご覧ください。
案内状PDFはコチラ
チラシPDFはコチラ
託児申込書のPDFはコチラ
託児申込書のワード文書はコチラ

※申し込み・問い合わせ先
長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンター
E-MAIL:info01アットマークnagasaki-ajisai.jp
    (「アットマーク」を「@」に換えて下さい)

2016年11月22日

長崎大学ダイバーシティ推進センターより、市民公開講座のお知らせです。
私たち長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンターも共催協力しています。

 

 これまで女性の働き方に注目されてきた少子化問題ですが、今や「夫の家事・育児への参画」、そしてそれを実現させる「長時間労働の解消」などの、男性の働き方こそが少子化対策に重要だと、気づき始めました。 しかし「理解はしているけど、なかなか・・・」という男性がほとんどではないでしょうか。
 まずは、男性にも女性にも役立つイクメン・イクボス先輩からのメッセージを聞いてみませんか?

ご夫婦でもぜひご参加ください!
皆様のご参加をお待ちしております。

※200名の定員制のため、事前申込にご協力ください。
長崎大学ダイバーシティ推進センターのホームページ内にある申込フォームからお申し込みいただけます。

【基調講演】
「仕事も私生活も、欲張ろう!」~ワーク×ライフ×ソーシャル=ハイブリッド人生~
Mr kawasima
川島 高之 氏(NPO法人ファザーリングジャパン理事・NPO法人コヂカラ・ニッポン代表)
慶應大学卒、三井物産入社、系列上場会社の社長を6月末に退任、その後独立。小中学校のPTA会長(元)、イクメンのNPO「ファザーリング・ジャパン」代表でもある。
子育てや家事(ライフの視点)、商社勤務や会社社長(ビジネスの視点)、PTAやNPO(ソーシャルの視点)という3つを融合させた講演を実施。
NHKクローズアップ現代、AERA、日経など多数メディアに登場。

[日  時] 平成28年12月6日(火)18:00~20:00(17:30開場)
[会  場] 長崎大学坂本キャンパス 良順会館2Fボードインホール
[対  象] 一般市民(長崎大学教職員、学生を含む)
[プログラム]
【開 演 挨 拶】  片峰 茂 長崎大学学長
【イントロダクション】 河野 茂 長崎大学理事
【第1部 基調講演】
 <講 師>
 川島 高之 氏 NPO法人ファザーリングジャパン理事
         NPO法人コヂカラ・ニッポン代表
【第2部 パネルディスカッション】
 <登壇者>
 川島 高之 氏
 藤田 文彦 長崎大学病院准教授
 中富 克己 長崎大学病院助教

 <座 長>
 伊東 昌子 長崎大学副学長/ダイバーシティ推進センター長

[お申込み、お問い合わせ]
長崎大学ダイバーシティ推進センター (担当:田野・鶴見)
MAIL:omoyai_seminar01★ml.nagasaki-u.ac.jp
            (★を@に変えてください)
TEL:095-819-2179/2889(内3471/2179) FAX:095-819-2159

※長崎大学ダイバーシティ推進センターのホームページには、この他にも様々なイベント企画や各種情報を掲載しています。ぜひご覧ください。
http://www.cdi.nagasaki-u.ac.jp/
前回の長崎大学市民公開講座報告記事はコチラ

長崎県医師会
平成28年度 第1回(通算6回目)保育サポートシステム・保育サポーター研修会

日時:平成28年11月10日(木)16:00~18:30
場所:長崎県医師会館 2階 中会議室

講演 1. 保育サポートシステム概要
    長崎県医師会常任理事 瀬戸牧子先生
   2. 子どもの心の発達
    出口小児科医院 臨床心理士 中村晃子先生
   3. 子どもの病気とホームケア(子育て神話のウソ、ホント?)
     出口小児科医院 院長 出口貴美子先生

<長崎県医師会 岸川コーディネーターからの報告>
サポーター募集&研修会開催をお知らせするため、チラシ設置(市内公民館6館、ふれあいセンター、市立図書館)総数500枚や、長崎新聞「情報コーナー」掲載などの周知活動を行いました。残念ながら、活動期間が短かったせいか、今回やや少な目の15名の参加でした。
出口先生の「子育て神話のウソ、ホント?」というお話しでは、「昭和の子育て常識が今では通用しない」とのことで、参加者の皆さんには新鮮な驚きがあったようでした。例えば、「子どもが発熱した場合は温めて発汗させるよりも先に十分に冷やすこと」、「けがをしたときは消毒するより流水でしっかり洗い流すことが大事」など、保育中に起こりうる具体的な事例を挙げながらのお話しに、”昔と違う”、”参考になった”という声が多く聞かれました。
 今回の研修会は講師の先生方からビデオ撮影の許可をいただきました。
icon_razz.gif聴講をご希望の方は、長崎県医師会にお問い合わせください。
より多くの方に研修を受けていただき、サポーターとして医師の子育てを支えていただきたいと願っています。

●お問い合わせ・お申込み先
長崎県医師会
 E-mail:hoikusupportアットマークnagasaki.med.or.jp
    「アットマーク」を「@」に換えてください

保育サポートシステムの活動報告はコチラ

1 2