2016年12月21日

1.<調査の目的>
 出産・育児を経て復職する女性医師などへ仕事と生活の両立に有用な情報を掲載した「両立応援HANDBOOK」を作成するため。
 子育て経験があるロールモデルの生の声を集め、結果をグラフや、実例・実体験コメントとして反映し、仕事と子育ての両立イメージに役立てる。

2.<対象と方法>
 実施日:平成28年9月12日~9月30日
 調査対象:メールマガジン「あじさいプロジェクト通信」の読者のうち女性医師と把握している554名
 調査方法:メールマガジンを配信し、子育て経験がある女性医師はWebアンケートへの協力を依頼、匿名で回収。
 質問内容:年齢層、勤務形態、子育てに関する質問、資格取得と出産のタイミング、第1子出産時の年齢層、パートナーの家事・育児参画状況、時間創出のコツ、母医師として働く後輩へ伝えたいことなど約20項目。

3.<結果と考察>
●WEBアンケート実施のご案内メルマガ配信554名
 開封率:メルマガ開封228名(41.2%)、未開封326名(58.8%)
●メルマガ開封228名のうち
 回答率:WEBアンケート回答あり42名(18.4%)、回答なし186名(81.6%)
● WEBアンケートの集計結果はコチラ
 
●「これから母医師として働こうとする後輩へ伝えたいこと」 原文はコチラ
 
 第1子出産時の年齢層(グラフ図5)について、35歳未満の出産が約80%を占めていることがわかりました。女性は、妊娠適齢期があるため、自分とパートナーのキャリア、妊娠出産のタイミングを一度は考えてみる機会が必要です。

 育児のための休み期間(グラフ図6第1子、図7第2子)は、1年未満での復職が、第1子76.2%、第2子69.0%となりました。回答者42名のうち90%近くが現在就労中の方なので、無理の少ないスムーズな復職期間の目安にできると思います。医師の復帰時期には多様性があります。しかし、医療業界は日進月歩で変容しています。長い期間の休職は、復職した時の苦労が大きくなることも事実です。やる気と努力があれば、ブランクは埋まります。自分に必要な休業期間を考える参考にしていただきたいと思います。

icon_razz.gif<WEBアンケートにご協力いただいた女性医師の皆様へ>
 パイオニアとして苦慮されながらも様々な障壁を乗り越えた先生、または現役ママドクターとして奮闘中の先生方からご提供いただいた両立のヒントやアイデアを「両立応援HANDBOOK」の中で、たくさん紹介することができました。この場をお借りしてご協力に深謝申し上げます。

この調査結果を集約した「両立応援HANDBOOK」の資料請求はコチラ


 子育てをしながら、不安や悩みを抱え、いろんな決断に迫られながらも、ふたたび奮い立ち、歩み始めるママドクターの「今、このタイミング」を応援したい! という気持ちを込めて、この冊子を作成しました。
 子どもを授かると、「子育ても楽しみたい」「子どもにちゃんと関わりたい」「家族を大事にしたい」という想いが生まれるのは、ごく自然なことです。そのため、女性の方が仕事を大きくセーブすることで家族生活を成り立たせていることが、残念ながら少なくありません。
  しかし、子どもはいずれ成長して巣立っていきます。子どもの成長を見守る一方で、自分自身が「こうありたい」とイメージしていた将来像をあきらめず、医師として成長していくことを忘れてはいけません。母親経験のある先輩女性医師の応援メッセージを読んでください! きっと勇気が湧いてくることでしょう。子育てをしながら働いて、「周囲に迷惑をかけるので、きっと戦力外だ」「キャリアにブランクができた」…などと卑屈になることは決してありません。
 この冊子をきっかけに、仕事も生活も充実し、自信を持って活躍するママドクターが増えることを期待します。



ご希望の方(長崎県内の女性医師限定)は、「お問い合わせ・お申し込みフォーム」より、「両立応援 HAND BOOK 資料請求」にチェックを入れ、ご連絡ください。

2016年12月8日

長崎大学市民公開講座
「いまどき男前な生き方 イクメン・イクボスとワークライフバランス」

[日  時] 平成28年12月6日(火)18:00~20:00
[会  場] 長崎大学坂本キャンパス 良順会館2Fボードインホール
[対  象] 一般市民(長崎大学教職員、学生を含む)
[プログラム]
【開 演 挨 拶】 片峰 茂 長崎大学学長
【イントロダクション】 河野 茂 長崎大学理事
【第1部 基調講演】
 <講 師>  川島 高之 氏 NPO法人ファザーリングジャパン理事
                NPO法人コヂカラ・ニッポン代表
【第2部 パネルディスカッション】
 <登壇者>  川島 高之 氏
        藤田 文彦 長崎大学病院准教授
        中富 克己 長崎大学病院助教

 <座 長>  伊東 昌子 長崎大学副学長/ダイバーシティ推進センター長

 NPO法人ファザーリング・ジャパンとは、「Fathering=父親であることを楽しもう」をモットーに、父親の子育てを支援し、働き方の見直し(ワークライフバランス)や企業の意識改革、地域社会の再生、次世代の育成までを目的に活動されている団体です。イクメンやイキメン(地域活動するパパ)の普及に加え、最近ではイクボス(部下のワークライフバランスを応援しながら業績責任を果たす上司)の普及を推進されています。
 9月には、小池百合子東京都知事がイクボス宣言を行い、行政職の課長級以上約3200人にイクボス宣言するよう求めたことがメディア等で注目されました。
 当センターでは、平成27年度あじさいプロジェクト活動報告書(38頁)で、診療科長訪問時に医局内の管理職でイクメン・イクボスの存在を確認させていただいた旨の報告をしました。その際、共通認識のために、ファザーリング・ジャパンの「イクボスとは?」「イクボス10カ条」を同頁に出典掲載しています。

 メディアに多数登場され、影響力のある川島氏の基調講演と第2部の事例発表・ディスカッションを拝聴したセンター職員の感想は以下の通りです。

【第1部 基調講演】
・「子育てはいつも“今が旬”、“期間限定(プラチナチケット!)の特権”。妻だけに任せるのはもったいない。」という冒頭の川島氏の言葉が印象的でした。Life(自分ごと:子育てや家事、趣味、勉強など)やSocial(社会ごと:地域活動や社会貢献など)を通して得るものは、Work(仕事)だけでは得られない経験ばかりです。特に子育て中の方にとって、ワークライフバランスは簡単なことではありませんが、男性はもちろん女性も、「子育てやその延長線上にある地域活動などは“今が旬”の貴重な経験、その経験は仕事力アップにつながる」という意識を持つことが、Work・Life・Socialの充実した循環の第一歩になるのではと思いました。
<心に残ったキーワード>
・妻の夫への不満3K(頭文字)→1、会話(kaiwa)がない 2、家事(kaji)をしない 3、感謝(kansha)しない
・妻が夫に一番やってほしいこと→妻へ感謝の言葉をかける気遣い
・職場だけの人生で定年後に「終わった人」にならないために、現役時代に2つ以上の居場所を見つけておく
・Socialの見つけ方がわからない→自分の行動の延長線上にあるものが長続きする(子育て・趣味・勉強・仕事などの関わり)
・Socialを知ると、いかに自分が狭い視野・領域で生きてきたかを実感する
・「寄せ鍋人生」で、味のある大人に(パパ友、ママ友、地域友、会社友、地元友を持つ)
・イクボス度と組織成果は比例する(個人力・組織力のUP、リスクDOWN)ことを社長時代の事例で紹介
 【第2部 事例発表・パネルディスカッション】
夫:外科医師、妻:行政医師と、夫:内科医師、妻:記者である共働き夫婦2組の経歴や休日のスケジュール、子育て談話などプライベートな面もご紹介くださいました。夫である男性医師お2人にはサプライズだったそうですが、パートナーに座長の伊東昌子先生が直接インタビューを行った様子がスライドや動画で紹介され、パートナーから見た夫のイクメン、イクボスぶりのコメントが発表されました。会場は終始和やかな雰囲気に包まれ、2組の夫婦各々が仕事でも重要なポストを務められながら、家族円満に趣味なども満喫されており、まさに川島氏の勧めるハイブリッドな人生を歩まれていました。

報告記事の詳細は、長崎大学ダイバーシティ推進センターのホームページをご覧ください。

2016年12月1日

リーダーとして活躍している長崎大学医学部卒業医師を紹介。医療、研究や社会活動など多方面での活躍を目指すキャリアの道しるべとしてご覧ください。

VOL.7 濱田 千江子 先生
・順天堂大学腎臓内科学講座 准教授
・順天堂大学男女共同参画推進室 女性就労修学環境支援部門 委員
・日本成人病学会・日本透析医学会・日本腎臓学会 評議員