2017年6月6日

 長崎県医師会と長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンターは協働で、長崎県内で働く医師のワークライフバランス(仕事と生活の調和)の実現を目指して活動しております。例年、県内の病院へ両立支援に関する調査を実施しておりますが、今年度はさらに診療所で働く医師を対象に加え、調査を行うことにいたしました。
 また、長崎県医師会の男女共同参画事業の一つとして「男女に関わりなく社会で活躍していくためには、健康であることが大切」であることから、調査項目に「医師の健康診断受診数」を加えております。
 これまで3年間の調査では、100病院以上から回答のご協力を得ています。この場をお借りして深く御礼申し上げます。長崎県で働くすべての医師が「働きやすさ」と「働きがい」を感じて医療に取り組めるよう尽力してまいります。

icon_razz.gif長崎県下医療機関施設長のみなさま、管理者のみなさま、ご協力の程よろしくお願いいたします。

1.<調査の目的>
病院経営者・管理者として、ワークライフバランス施策に対する認識を把握し、長崎県内病院の育児・介護休業制度等の両立支援策の取り組み状況や短時間勤務制度利用等の実態調査を行う。また、医師不足・医師偏在の解決策の一つとして、長崎県内病院と診療所で働く女性医師の勤務状況を把握し、希望者にはキャリアコンサルティングやメールマガジンを通して情報発信を行うことで、就労継続のサポートやキャリアアップの後押しへとつなげる。

2.<対象と方法>
実施日:平成29年6月
※5月31日(水)に、郵送で調査票をお配りしました。回答締切:6月26日(月)
調査対象:長崎県内149病院と、約1,360診療所
調査方法:調査票を郵送し、同封の返信用封筒で回収。
質問内容:常勤・非常勤医師数、子育て中の医師数、医師の健康診断受診率、職場環境の整備について、ワークライフバランス施策の認識についてなど。
調査票①:医師の両立支援状況(病院用)、(診療所用
調査票②:女性医師の勤務状況(PDF)、(word

3.<結果と考察>
あじさいプロジェクトホームページでご報告します。なお、医療機関名は特定されないよう配慮いたします。

2017年6月2日

【平成29年度 第1回復職&リフレッシュトレーニング 6/1(木)開催しました!】

復職&リフレッシュトレーニングは、育児・介護等で休職・離職中の医師に医療現場との気持ちの距離を縮めてスムーズな復職を促すプログラムです。就労中の方も、知識をリフレッシュしたい方はご参加いただけます。

今回は【これは湿疹?蕁麻疹?それとも薬疹?~重症薬疹を見逃さないために~】をテーマに開催しました。参加者は9名で、うち初参加は4名でした。院内から4名、院外から3名、育休中2名でした。

icon_exclaim.gif復職&リフレッシュトレーニングの講義を録画したDVDをレンタルしています。参加できなかった回で視聴をご希望の方は、センターまでご連絡ください。


↑講師の皮膚科・アレルギー科 富村 沙織先生

 今年度最初は、皮疹のお話しでした。皮疹の種類、分類、診断など、専門的なことを理解するのは難しいですが、そう感じたら専門医へ紹介すること、特に重症・重篤になることもある薬疹は遅れることなく専門医へ紹介することをおすすめされました。また、アトピー性皮膚炎の最新の治療法のことや、参加者からの事前質問に挙がっていた疥癬についても、追加して丁寧にお話しいただきました。

 
 

 トレーニング終了後の『ママドクター意見交換会』は、復帰に向けて不安な点や、子育てに関することなど、診療科の枠を超えてママドクター同士がピアサポートし、交流できる機会です。5名の方にご参加いただき、専門資格受験のことや、子どもの保育園のこと、幼稚園のこと、お弁当づくりが必要な中学校のことなど、先輩から後輩へたくさんの情報提供があり、「へぇ~良い事聞いた~icon_eek.gif」と、にぎやかな時間となりました。


<<参加者アンケートより>>
・もうすぐ復職予定で、基本的な事ですら不安を感じているので、こういった講義を開催していただいてとてもありがたかったです。薬疹はよく出くわすものだと思うので、大変勉強になりました。また都合がつけば、参加したいです。託児が利用できるのもよかったです。
・わかりやすい講義で、今後の役に立ちそうです。また今後のリフレッシュトレーニングにも参加したいと思いました。
・これまで子どもを預けたことがなかったので、1時間程試しに預けられて良かった。私も良い気分転換になった。
・とても良くわかりました。ただ皮疹とだけでなく、ちゃんと記載できるようになりたいです。疥癬の質問にも対応していただき、ありがとうございました。


icon_redface.gif託児室でお預かりしたお子さん2人は、お母さんと離れて過ごすことが初めてだったそうです。親子ともはじめは不安そうでしたが、「ベテランのシッターさんが優しい笑顔で迎えてくださり、安心して預けることができました。」とのコメントをいただきました。笑顔で帰っていくお子さんとお母さんを見て、私どもスタッフも癒されました。

復職&リフレッシュトレーニングに関する記事はこちら