ワークライフバランス推進員

ワークライフバランス施策の一つとして、長崎大学病院では平成25年度から「ワークライフバランス推進員」が各医局の旗振り役として在籍しています。医局窓口としてメディカル・ワークライフバランスセンターと有益な情報交換や協力関係を築くことで、円滑に職場復帰への道筋を示すことが可能になりました。また、安心してライフイベントを迎え、キャリアを継続できる地盤も固まってきました。この取り組みを平成29年度からは、県内病院にも展開し、協力関係づくりを拡充することで、長崎県内の医師が「仕事と生活の両立を図りながら活躍できる」環境のバックアップ体制を構築していきたいと考えます。

<目的>
 院内に推進員が在籍することで、若手医師のモチベーション維持や自分らしいキャリアデザインのイメージに役立てられる。さらに、各病院へ波及効果が見込め、「長崎県内の病院は、どこも働きやすい」の魅力を伝え、就労環境の平準化により、県内外からの優秀な人材の確保・定着へとつなげたい。
<対象>
 長崎県内の病院に勤務する医師
<役割>
 病院・医局内でワークライフバランスを推進するため、相談窓口、情報発信、企画等の役割を担う。両立に関する病院アピール、センターとの情報交換・医局員への情報発信が主な業務。

icon_razz.gif<ワークライフバランス推進員になりませんか?>
平成29年度は、研修病院である新・鳴滝塾に所属する病院の中から、9つの病院へセンターからお声かけし、ワークライフバランス推進員を推薦していただきました。
これからも、「ワークライフバランス推進員を病院内に配置します!」、「勤務先の病院で推進員として活動します!」と思われる長崎県内病院の医師のみなさまをお待ちしています。どうぞセンターまでご連絡ください。

●ワークライフバランス推進員34名 一覧(敬称略) 2017年7月現在 
長崎みなとメディカルセンター 鎌田 昭江 糖尿病・代謝内科
長崎原爆病院 猪熊 美枝 麻酔科
済生会長崎病院 木下 直江 病理診断科
長崎医療センター 山口 美知子 麻酔科
市立大村市民病院 柴田 由可 救急総合診療科
諫早総合病院 田代 香澄 小児科
佐世保市総合医療センター 野々下 晃子 産婦人科
長崎労災病院 本田 章子 第二呼吸器科
佐世保共済病院 木本 文子 麻酔科
長崎大学病院 野崎 彩 第一内科・脳神経内科
長崎大学病院 牟田 久美子 第二内科・腎臓内科
長崎大学病院 赤澤 祐子 消化器内科
長崎大学病院 松島 加代子 医療教育開発センター
長崎大学病院 泉田 誠也 循環器内科
長崎大学病院 大橋 愛子 精神科神経科
長崎大学病院 佐々木 理代 小児科
長崎大学病院 松本 恵 腫瘍外科
長崎大学病院 崎村 千香 移植・消化器外科
長崎大学病院 富村 沙織 皮膚科・アレルギー科
長崎大学病院 梶山 彩乃 眼科
長崎大学病院 井手口 怜子 放射線科
長崎大学病院 北島 百合子 産科婦人科
長崎大学病院 岡田 恭子 麻酔科
長崎大学病院 泉田 真生 熱研内科
長崎大学病院 中道 聖子 総合診療科
長崎大学病院 岡崎 成弘 整形外科
長崎大学病院 中西 裕美 泌尿器科
長崎大学病院 木原 千春 耳鼻咽喉科・頭頸部外科
長崎大学病院 堀江 信貴 脳神経外科
長崎大学病院 千住 千佳子 形成外科
長崎大学病院 谷川 和好 心臓血管外科
長崎大学病院 波多 智子 原研内科
長崎大学病院 石田 佳央理 病理診断科・病理部
長崎大学病院 猪熊 孝実 救命救急センター

 icon_arrow.gif県内病院のワークライフバランス推進員メッセージはこちら

長崎県内病院の取り組み