2020年12月1日


↑画像をクリックください

患者さんやスタッフとのコミュニケーションは、チーム医療の質や医師の働きやすさにつながる重大テーマであると考えられます。医師のコミュニケーションギャップを解消するためには、どうしたらいいのか。医師が自分の伝えたいことを相手に理解してもらうにはどうしたらいいのか。医療専門の接遇コンサルタントをお迎えして、「接遇向上が医療安全につながる」ことを学び、限られた時間の中で、相手のニーズを聞き出す手法などを教えていただきます。
本セミナーは、長崎大学「ワークスタイルイノベーション」プログラムの一環で開催します。働き方見直しのヒントを見つけてください。

【日  時】  2021年1月19日(火)18:00~19:00+質疑応答
【会  場】  長崎大学病院 第一会議室(定員45名)
        またはオンライン(Zoom)
【実施方法】  オンライン形式 ※講師はリモート参加
【対  象】  長崎大学病院に勤務する医師
【講  師】  福岡かつよ氏
       (医療接遇コンサルタント/ラ・ポール株式会社代表取締役)
       「チーム医療の質を高める 医師の接遇スキル
        ~トラブルを回避し、働きやすい職場をつくるためのコミュニケーション研修~」
【Web申込フォーム】 https://forms.gle/rJpRJFAnGT6m4Kxe7
           ※事前にWeb申込フォームよりお申し込みください。
           申込締切1月12日(火)

★無料託児サービスについて★
 メディカル・ワークライフバランスセンターでは、夕方以降開催の会議や勉強会出席のための託児サービス「イブニングシッター」を行っています。ご希望の方はイブニングシッター「託児申込書」(PDF版・Word版)を利用1週間前までにセンターへご提出ください。

【お問い合わせ】 メディカル・ワークライフバランスセンター
         E-MAIL:info01アットマークnagasaki-ajisai.jp
         (「アットマーク」を「@」に換えて下さい)


2020年11月30日

年1回開催している「スキルアップ研修会および交流会」は、感染症拡大防止のため中止としました。
保育サポーターの皆さまには、お子さんを安全に保育する際に必要な知識の再確認や復習を各自で行っていただけるように、保育サポートに役立つ情報を郵送でご案内しました。

◆1.「保育サポーター研修用DVD」
   2020年度にリニューアルした研修用DVDの貸出を行いました。
   申込:10名

 ・研修①「子どもの心理的サポート」
     吉田 ゆり先生 長崎大学ダイバーシティ推進センター センター長
             長崎大学教育学部 教授
 ・研修②「こどもの応急処置~病院へ連れていく前に~」
     長谷 敦子先生 長崎大学病院医療教育開発センター
             長崎外来医療教育室 室長・教授

◆2.日本赤十字社「WEB CROSS 電子講習室」
   日本赤十字社の幼児安全法を、パソコンやスマートフォンを使って、
   動画やクイズ形式で学べるWebサイトを紹介しました。

icon_lol.gif <保育サポーターの感想>
・何かあってからの処置より、そうならないための事前環境の重要性を再認識しました。
・赤ちゃんから3歳児までの心身の発達、接し方等、再認識することばかりでした。今回学んだことを参考にして、どんな場合も冷静、沈着を忘れず、これからのサポートに役立てたいと思います。
・アタッチメントの重要性と、安全確認の大切さ、私たち保育サポーターの役割を改めて学習することができてよかったです。
・(日本赤十字社のWEBCROSS電子講習室は)AED使用法や気道異物除去等の動画が挿入されていて、何度でも確認ができ、個別に学習ができるのがよかったです。

●長崎医師保育サポートシステムの詳細はこちら

icon_idea.gif子育て中の医師を応援してくださる保育サポーターさんを大募集しています!

お問い合わせや資料請求は、お気軽にこちらからお申し込みください。


2020年11月27日
【2020年度 復職&リフレッシュトレーニング(個別対応)】
今年度は、感染症対策のため、内容を変更して行います。

対 象:長崎県在住の休職・離職中の医師 
     および長崎県内の医療機関に勤務している医師 (男女問わず)

内容①:「トレーニングDVD貸出による自宅学習」

内容②:「仕事と生活の両立に関する個別相談」(電話・Web面談可
メンター:南貴子メディカル・ワークライフバランスセンター副センター長・循環器内科
日 時:第1回6月5日(金)と6月19日(金)
    第2回8月7日(金)と8月21日(金)
    第3回10月2日(金)と10月16日(金)
    第4回12月4日(金)と12月18日(金)
    9:00~16:00の間で1家庭あたり30分程度
場 所:長崎大学病院 メディカル・ワークライフバランスセンター
    ※託児希望の場合は、面談の1週間前に予約ください(託児費無料)

*申込書は下記の様式いづれかをダウンロードし、メールまたはFAXください。

    申請用紙PDF   申請用紙Word

臨床を離れ、現場に戻る前の再スタートの一歩として、ぜひお申し込みください!
トレーニングDVDは、知識のバージョンアップにお役立てください。
復職する前に、仕事と生活の両立に関する情報を集めたい方や、
復職して、両立サポートを利用したい方は、個別相談の希望日時をご予約ください。

託児希望の方はこちらの託児申込書にて別途お申込みください。
託児の申込締切は、開催日の1週間前までとなります。

チラシPDFは コチラ 

過去の復職&リフレッシュトレーニング関連記事はコチラ

トレーニングDVD貸し出し一覧表はコチラ。センターまでお問い合わせください。


2020年11月26日

 メディカル・ワークライフバランスセンターの運営委員会において、「親の介護について、現実味を帯びてきた」というご意見をいただきました。そこで、今年度は長崎大学ダイバーシティ推進センターの「介護コンシェルジュ」にご協力いただき、7月17日(金)と11月20日(金)の2回、長崎大学病院内で教職員相談会を行いました。

 

 今年度の新企画でしたが、参加者は第1回1名、第2回2名でした。
相談内容は、「公的介護保険の仕組みを知りたい」「長崎大学の介護支援制度について知りたい」「仕事を辞めずに両立する方法がわからない」「仕事を休めない(代替要員がいない・長時間労働である)」「介護がいつまで続くかわからず、将来の見通しが立てにくい」「親が一人暮らし・親が高齢・居住地が離れている等の不安」などでした。

<参加者アンケートより>
・今後何が起こるかわからないとう漠然とした不安があり、情報を持っておくために申込ました。制度に関すること、具体的に今できること、いざという時の対応もアドバイスいただき、大変有意義で精神的に楽になりました。申込んで良かったと思いました。
・少しは不安が解消されましたが、私に限らず、40代後半から50代は親の介護の心配や実際に介護を行わねばなりません。役職もあり休暇や休業を取得するのも大変です。大学に勤務する全員の理解が必要だと思います。
・どうするのが一番良いのか悩んでいたのですが、見通しを立てることができました。

icon_exclaim.gif長崎大学ダイバーシティ推進センターには、「介護コンシェルジュ」が常駐しています。
  
介護コンシェルジュは、介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格を持つ介護相談の専門家で、長崎大学で働く職員であれば誰でも相談ができます。現在介護中であるか否か、職種、勤務形態等は一切関係なく、介護状況に応じた【情報提供】や介護が気になり始めた時期、介護に直面している職員は【個別コンサルティング】が受けられます。
相談は事前予約制です。「仕事と介護の両立相談窓口」へ、いつでもお申し込みください。


2020年11月13日

長崎大学ダイバーシティ推進センターより、市民公開講座のお知らせです。

家族がいても、一人でも、介護が必要となっても、どのような場面でも必ず考えなければならない生活の場所や老いの生き方、ケアを受ける・ケアをする両方のあり方について、個人の考えを深め、家族や周囲も含めた地域社会について一緒に考えてみませんか。
みなさまのご参加をお持ちしております。

【日 時】 2020年12月7日(月)13:30~15:30
【会 場】 ZOOMによるオンライン
      サテライト会場:長崎大学文教キャンパス 中部講堂
【対 象】 一般市民(長崎大学教職員、学生を含む)
【プログラム】
 ●基調講演
 「介護すること・されること:当事者主権の立場から」
 <講 師>
  上野千鶴子 氏 社会学者・東京大学名誉教授・
           認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)理事長
  プロフィール:富山県生まれ。京都大学大学院社会学博士課程修了。2011年4月から認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)理事長。専門は女性学、ジェンダー研究。この分野のパイオニアであり、指導的な理論家のひとり。高齢者の介護とケアも研究テーマとしている。

【お申込み、お問い合わせ】
 ダイバーシティ推進センター MAIL:omoyai_staffアットマークml.nagasaki-u.ac.jp
                  (「アットマーク」を「@」に換えて下さい)
 Webサイト申込フォーム   https://forms.gle/zsHbUhQCwgWguLZy8


1 2 3 4 5 6 136


月別アーカイブ