2022年11月28日

2022年10月、産後パパ育休(出生時育児休業)が新設され、男性が育児休業をさらに取得しやすい環境が整いました。
長崎大学で産後パパ育休の取得第1号・教授自ら育児休業を取得して「働きやすい診療科」を体現した男性医師へ緊急インタビューを行いました。

No.23男性の育児休業取得編-No.6『教授になって育休をとってみた!分割取得はおすすめで!!』三浦 崇先生


2022年11月19日

長崎大学ダイバーシティ推進センターより、市民公開講座のお知らせです。

多様性の尊重は、誰もが活躍できる新たな組織の在り方や、より創造的な仕事を生み出す要です。本講座では、株式会社メルカリの「無意識バイアスワークショップ」等を通したダイバーシティ推進の取組みに学び、パネルディスカッションを通して、長崎県内の取組や課題を共有し、自分事として、組織の多様性をより豊かに活かす働き方や、組織づくりの在り方を考えます。
どなたでも参加できます。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

↑クリックください

【日 時】 2022年12月1日(木)16:00~17:40
【会 場】 ZOOMによるオンライン
【対 象】 一般市民(長崎大学教職員、学生を含む)
【プログラム】
●基調講演
「多様性が活きる働き方~メルカリの取組みに学び、自分事として考える」
<講 師>
ゲイブ・ベッカーマン 氏(株式会社メルカリ Global Operations Team)
●パネルディスカッション
有吉佳代子(長崎県 男女参画・女性活躍推進室・室長)
松永美佐(十八親和銀行 DE&I推進室・室長)
吉田ゆり(長崎大学副学長、ダイバーシティ推進センター長)

【お申込み、お問い合わせ】
ダイバーシティ推進センター MAIL:omoyai_staffアットマークml.nagasaki-u.ac.jp
(「アットマーク」を「@」に換えて下さい)
Webサイト申込フォーム   https://forms.office.com/r/80YCDa4q3h


2022年11月17日

長崎大学ダイバーシティ推進センターの「介護コンシェルジュ」にご協力いただき、7月8日(金)と11月11日(金)の2回、長崎大学病院内で教職員相談会を行いました。

 

参加者は第1回1名、第2回2名でした。
よくあるご相談は「長崎大学の介護支援制度について知りたい」「公的介護保険の仕組みを知りたい」「仕事を辞めずに両立する方法がわからない」「お金の面」「介護がいつまで続くかわからず、将来の見通しが立てにくい」「親が一人暮らし・親が高齢・居住地が離れている等の不安」などです。

<参加者の声>
・普段、自分の介護している状況など他者に(介護経験のない人)理解してもらうことは難しいと思っている。そのため職場では話すことがほとんどない中、専門の方に聞いてもらうことで気持ちが軽くなり、勇気づけられた。適切なアドバイスをもらい、相談会に参加して良かった。
・先行きの見えない不安を感じていたところ、開催のお知らせを目にし、相談した。介護施設の定義や介護認定の区分、療養型の病院への転院、長崎大学における介護支援制度など、資料と共に丁寧に説明してもらった。自分たちができることが明確になり、不安を小さくする一歩になった。

icon_exclaim.gif長崎大学ダイバーシティ推進センターには、「介護コンシェルジュ」が常駐しています。


介護コンシェルジュは、介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格を持つ介護の専門家で、長崎大学で働く職員であれば誰でも相談ができます。現在介護中であるか否か、職種、勤務形態等は一切関係なく、介護状況に応じた【情報提供】や介護が気になり始めた時期、介護に直面している職員は【個別コンサルティング】が受けられます。
相談は事前予約制です。「仕事と介護の両立相談窓口」へ、いつでもお申し込みください。


2022年11月10日

長崎大学では、女性教職員の積極的な登用に取り組んでいます。新たに教授となられた3名にアカデミック キャリアアップへのアドバイスをいただきましたので、ご紹介します。


2022年11月1日

icon_redface.gifマタニティ白衣のレンタルを開始した2012年6月から2022年9月の約10年間で、利用医師100名を達成しました(長崎大学病院で働く医師65名・長崎大学病院以外で働く医師35名・長崎大学病院で働く職員52名)。現在はスクラブやパンツ、それらのカラーバリエーションも増やし、全3種類(白衣・スクラブ・パンツ)をセットでレンタルしたい方、必要な種類だけをレンタルしたい方など、様々なご要望に対応しています。
昨年2021年度は、過去最多となる26名の利用があり、うち長崎大学病院以外で働く医師の利用は9名と前年同数で過去最多でした。
今年2022年5月には「手術時に着用するスクラブパンツのマタニティ用がほしい」との要望が入り、長崎大学病院の手術部がすぐに対応され利用可能となり、働きやすい環境になりました。

<利用者の声>
・利用した友人(医師)からの勧めで、「あじさいプロジェクト」のサイトを教えてもらいました。正直、ポスター等を院内で見かけることはありましたが、サイトを見たのは初めてでした。白衣だけでなくスクラブ等自分に合った白衣の無料貸出があるのはとても便利だと感じました。また、実際に借りてみて、肩についているロゴを見た先生方から「無料で貸してもらえるの?」「かっこいいね」と声をかけてもらいました。白衣は比較的スムーズに動くことができ、また、2着レンタルできたので、清潔に使用できました。今後同僚等が妊娠した際には教えてあげたいと思います。(長崎大学病院で働く歯科医師)
・妊娠22~38週まで、薄地の白衣、スクラブ、パンツをお借りました。新型コロナウイルス感染予防対策で換気をするために常時窓が開いており冷房が効きにくい環境の中でも、あまり暑さを感じず快適に仕事をする事ができました。また、問い合わせ時の返信から在庫確認、実際の発送までも早く、返却時用の伝票や封筒まであらかじめ同封されており、至れり尽くせりの対応が大変助かりました。このサービスがレンタル料、送料ともに無料で受けられるとは、長崎県で働いていて良かったなと思いました。(佐世保市開業医)
・第2子の妊娠で利用させていただきました。この白衣によって、ゆったりとしたお腹で通常診療を行うことができました。快適でした。申し込んでから迅速に対応してもらえて、貸出や返却の方法がスムーズで利用しやすかったです。マタニティ白衣は、妊娠された医師の強い味方だと思います。(長崎市勤務医)
・申込後すぐに対応いただき大変助かりました。特にマタニティパンツを愛用させていただきました。締め付けず、動きやすく、とても快適に仕事を続けることができました。サイズ調整も簡単でした。他のスタッフにもぜひ勧めたいと思います。(諫早市勤務医)

貸出対象は、長崎大学病院で働く医療に従事する職員と、県内の医療機関で働く医師です。
レンタル料・送料は無料です。クリーニング代のみご負担ください。

icon_idea.gifマタニティ白衣・スクラブ・パンツ貸出の詳細はこちら
妊娠20~23週頃からレンタルされ、産前休暇直前の妊娠32~35週頃まで利用される方が多いです。個人差もありますが、レンタル期間の目安にされてください。

【利用者推移(名)】 2022年10月6日 時点

 利用者数  うち医師
利用数
 2012年度 3 3(-)
 2013年度 6 3(-)
 2014年度 3 3(-)
 2015年度 12 9(1)
 2016年度 15 13(1)
 2017年度 14 7(3)
 2018年度 14 9(6)
 2019年度 21 8(1)
 2020年度 25 18(9)
 2021年度 26 18(9)
2022年4-9月 13 9(5)
合計 152 100(35)

( )の数は、長崎大学病院以外の医師の利用内数


1 2 3 4 5 6 153


月別アーカイブ