2018年9月14日

当初、マタニティ白衣の利用対象は長崎大学病院内でしたが、2016年度からは長崎県内の医師も利用可能とし、2017年度にはマタニティパンツも貸し出し可能になりました。

県内の主要病院に在籍しているワークライフバランス推進員の連携協力により、センターの活動が広く周知され、佐世保・大村や離島の病院でマタニティ白衣の利用希望の情報が入るなど浸透してきたことを実感しています。

利用者の増加に伴い、必要数が増えたことや白衣が古くなり新品購入が必要な時期となり、あじさいプロジェクト活動の連携機関にあたる長崎県医師会にご相談したところ、白衣購入費の補助を快諾していただきました。早急にご対応いただき、誠にありがとうございました。

icon_redface.gif新たに4着分(1名に2着貸出×2名分)が増え、「貸し出し待ち」の状況も緩和されると思います。

マタニティ白衣の詳細はこちら

【利用者数推移(医師+長崎大学病院スタッフ)】
・2012年度  3名
・2013年度  6名
・2014年度  3名
・2015年度 12名
・2016年度 15名
・2017年度 14名
・2018年度  9名(8月時点)



ながさき女性医師の会より、お知らせです。
シカゴで活躍中の実証社会学の第一人者の講演です。

日本BPW連合会主催 60周年特別記念講演
「男女賃金格差はなぜ生じているのか?」
講師 山口 一男 氏 シカゴ大学ラルフ・ルイス記念特別社会学教授


日時:平成30年9月30日(日) 11:00~15:00
会場:京王プラザホテル・錦の間
参加費:10,000円(昼食費含む)
申込締切:9月25日(火)
※ただし定員150名になり次第締切

申込み・問い合わせ:BPW連合会事務局 電話03-5304-7874


2018年9月12日

【平成30年度 第2回復職&リフレッシュトレーニング 9/10(月)行いました!】

復職&リフレッシュトレーニングは、育児・介護等で休職・離職中の医師に医療現場との気持ちの距離を縮めてスムーズな復職を促すプログラムです。就労中の方も、知識をリフレッシュしたい方はご参加いただけます。

今回は【乳がん~先生、胸にしこりがあるんですけど~】をテーマに開催しました。申込は7名でしたが、参加者は5名で、うち初参加は4名でした。地域病院から2名、学内から2名、休職中1名でした。

icon_exclaim.gif復職&リフレッシュトレーニングのDVDを貸し出ししています。視聴をご希望の方は、センターまでご連絡ください。


↑講師の乳腺・内分泌外科 久芳 さやか先生

近年、本当に患者さんが増えている「乳がん」についてのお話でした。がん治療の目的とはなにか、患者さんの立場になると、医師にどのような説明を求めるかなど、グループディスカッションの場も設けられました。乳がんの治療法は複数あり、その選択については、患者さんに正しい知識を理解したうえでの判断をしてもらう、医師もその選択に納得することが必要だと話されました。20代、40代、70代の患者さんでは、生活背景が異なり、優先したい希望が異なるため、個々の患者さんに寄り添った治療を行う必要があると話されました。

  

 

<<参加者アンケートより>>
・とても興味深かったです。
・患者さんに寄り添ったEBMを実践できるようになりたいと思いました。検診の場でも、必要以上に恐がらせることのないよう心がけたいと思います。
・治療の目的、患者さんの思い、説明の際に注意すべきことなど、改めて考える良い機会になりました。がん治療は専門外ですが、すべての病気に通じることだと思いました。

トレーニング後のママドクター意見交換会には、講師の先生を含め6名に参加していただきました。保育園の話、シッター・サポーター・学会託児の話、大学院生の研究と育児の両立についてなど、お互いの不安に思っていることに対して、コメントやアドバイスが飛び交いました。


icon_redface.gif託児室では、休職中の方1名のお子さんをお預かりしました。

復職&リフレッシュトレーニングに関する記事はこちら


2018年9月6日

 長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンターは、長崎県内で働く医師のワークライフバランス(仕事と生活の調和)の実現を目指して活動しております。例年、県内の病院へ両立支援に関する経年変化調査を実施しておりますが、今年度はさらに政府が提唱する「働き方改革」や「女性活躍推進」について各病院での取組事例を挙げていただき、みなさまと情報共有ができればと存じます。

※長崎県は女性の活躍推進や誰もが働きやすい職場環境づくりに向けて女性活躍推進法の行動計画策定・実行を通じた取組推進を図るため、説明会等を開催して、計画策定に直接係わる企業の人事労務担当者を支援しています。詳しくはこちら

 これまで4年間の調査では、100以上の病院から回答のご協力を得ています。この場をお借りして深く御礼申し上げます。長崎県で働くすべての医師が「働きやすさ」と「働きがい」を感じて医療に取り組めるよう尽力してまいります。

icon_razz.gif長崎県下医療機関施設長のみなさま、管理者のみなさま、ご協力の程よろしくお願いいたします。

1.<調査の目的>
病院経営者・管理者として、ワークライフバランス施策に対する認識を把握し、長崎県内病院の育児・介護休業制度等の両立支援策の取り組み状況や短時間勤務制度利用等の実態調査を行う。また、労働環境改善を意識した各病院の先進的な取組を把握して、メールマガジンを通して情報発信を行うことで、個人や組織に新しい職場環境づくりを促す。

2.<対象と方法>
実施日:平成30年9月
※8月28日(火)に、郵送で調査票をお配りしました。回答締切:9月20日(木)
調査対象:長崎県内150病院
調査方法:調査票を郵送し、同封の返信用封筒で回収。
質問内容:常勤・非常勤医師数、子育て中の医師数、育児休業・介護休業を取得した職員数、職場環境の整備について、ワークライフバランス施策の認識についてなど。
調査票:医師の両立支援状況調査

3.<結果と考察>
あじさいプロジェクトホームページでご報告します。なお、医療機関名は特定されないよう配慮します。


2018年8月31日

ながさき女性医師の会主催「先達に学ぶ夏の夕べ 日本初の女医 楠本イネに思いを馳せる」があり、南副センター長が参加しました。

ながさき女性医師の会の報告記事をご紹介します。こちら
ながさき女性医師の会 ホームページ



月別アーカイブ