2018年3月8日

平成29年度 第2回医療勤務環境改善セミナー

日時: 平成30年3月6日(火)
会場: 長崎県庁新庁舎1階大会議室A
対象: 医療機関の長及び管理者、その他関係者
主催: 長崎県医療勤務環境改善支援センター
テーマ:【人】が集まる病院を目指して

講演Ⅰ: 「長崎県内病院の医師の両立支援状況~2017年6月調査結果より~」
長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンター 副センター長 南 貴子

<講演Ⅰの内容>
県内の医療機関の院長、事務長、看護部長等の関係者が集まったセミナーでした。
当センターが2013年から毎年県内病院に依頼している「医師の両立支援状況調査」の2017年度の結果と、課題、今後の提案などについて話しました。

 この数年間で、「ワークライフバランス」という言葉を知らない割合が1%台となり、ワークライフバランス施策を重視していると思わない=重視していない割合は0%になり、意識は変わってきているが、病院にとって負担が大きいと感じる病院は10%未満で存在していることを報告しました。

 男性の家事・育児参加の奨励を行っている病院は少ない現状です。長崎大学病院の男性育休取得人数や、実際に取得した職員の「とって良かった」という感想を紹介し、今後男性スタッフから希望があった場合には、イクボスとして受け入れてほしいとお伝えしました。

 また、子育て中の女性医師の県内分布図を示し、県北以外の全医療圏に子育てしながら働いている女性医師がいること、子育て中の医師の環境と、両立支援に重要と言われている3点セット(院内保育、院内病児保育、柔軟な勤務制度・短時間勤務制度)の現状と課題について話しました。大阪府医師会で発表された基幹型研修病院での上記3点セットの整備状況と、長崎県内の新鳴滝塾の病院の整備状況を比較してみると、長崎県において圧倒的に整備不十分なのは、「病児保育室」であることがわかりました。「院内」病児保育は、少人数を対象とすれば、大がかりではない設備で設置可能であることも説明しました。長崎県内の病院で、院内保育・院内病児保育を充実してほしいこと、また、保育サポーターの導入を検討してほしいことを提案して終わりました。

<講演Ⅲの内容> 
 講師である小倉第一病院の中村秀敏先生のお話しは、中小病院でのスタッフの集め方、育て方、定着させ方についてなど、とても有意義な内容でした。スタッフからも患者さんからも愛される病院づくりを頑張っていらっしゃる院長先生でした。


2018年3月5日

長崎県医師会 保育サポータースキルアップ研修会

日 時:平成30年3月2日(金)13:30~15:00
講 師:長崎市消防局警防課職員
場 所:長崎県医師会館 2階 救護室(和室)
内 容:「子どもの救急救命」
参加者:サポーター10名、センタースタッフ2名、コーディネーター1名

<長崎県医師会 岸川コーディネーターからの報告>
「誰しも目の前で人が倒れたらパニックになります。救急車を呼ぶだけで精いっぱいかもしれません。しかし、救急車が到着するまでの約9分間(長崎市の場合)、その場にいる人が蘇生法をほどこすことができれば、助かる可能性が大きくなります。」そう語る講師のことばが胸に響いたのでしょう。参加者は実技演習も質疑応答も積極的でした。「物をのどに詰まらせた時は?」「おぼれた時は?」など具体的な場面を想定した質問もあり、講師はひとつひとつに実演を交えながら回答してくださいました。お子さんをサポートしている時だけに限らず、身の回りでいつ起こるかわからない「もしもの場合」に、冷静な行動ができるようにこうした講習は必要ですし、繰り返し受講することが大事だと思いました。

 


2018年2月21日

 私たち長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンターの1年間の取り組みをまとめた、平成29年度「あじさいプロジェクト活動報告書」を作成しました。
 長崎県内病院をはじめ、長崎大学内や学外関連機関、あじさいプロジェクトの活動にご協力いただいたみなさまへお届けしました。(お手元に届かなかった方は、ダウンロードもしくは、メールで資料請求をお願いいたします)
 今後とも、引き続きご支援ご鞭撻の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

・平成29年度 あじさいプロジェクト活動報告書

★「あじさいプロジェクト」の取り組みについて、ご意見をお待ちしています。
 お問い合わせフォームをご利用ください。

icon_razz.gif 報告書のダウンロードは・・・
ホームページのトップ画面に、
あじさいプロジェクト刊行物/資料/報告書」のバナーを設置しています。

クリックしていただくと、両立ガイドブックやセンター紹介パンフレット、年度報告書などの資料請求や、一部ダウンロードができます。ぜひご利用ください。


2018年2月8日

リーダーとして活躍している長崎大学医学部卒業医師を紹介。医療、研究や社会活動など多方面での活躍を目指すキャリアの道しるべとしてご覧ください。

VOL.10 髙見 裕子 先生
・九州医療センター肝臓病センター肝胆膵外科科長


2018年2月5日

●第1回 運営委員会(メール会議)
日時:平成29年5月15日(月)
運営委員:12名

審議事項
1.運営委員の編成について
2.運営委員会(メール会議)について
3.平成29年度計画について
4.ワークライフバランス推進員について

伊東昌子委員長が、平成29年度の継続事業や新規事業について、運営委員へメール会議で審議を行い、異議なく了承されました。

●第2回 運営委員会
日時:平成30年2月2日(金)16:00~17:00
場所:長崎大学病院 多目的研修室
出席:10名 欠席:2名
列席:8名(ワークライフバランス推進員等)

議題
1.運営委員の新任紹介
2.センター内規、センター運営委員会内規、組織図の一部改正
3.平成29年度実績報告
4.その他

伊東昌子センター長が、平成29年度のメディカル・ワークライフバランスセンターの活動について報告や説明を行いました。
出席者からは、「医学生など若い頃にワークライフバランスの理念を根付かせる活動は必要」「家庭で父親の関わりも増えてきたので、男性の意見も取り入れながら、家族全員をサポートしているとアピールしたほうが良い」「働き方改革の流れもあるので、予算を確保して、事業の継続・支援対象の拡大をして欲しい」などのご意見をいただきました。

これからも皆様からのご指導、ご鞭撻をいただきながら、各部門との連携を深めつつ、地道な活動を目指してまいります。
何卒よろしくお願いいたしますicon_razz.gif