2019年11月15日

県内の医師へ育児支援(一時預かりや送迎など)を行う「保育サポーター」を幅広く募集するため、DVD視聴による説明会および研修会を行います。

ご自身の子育て経験や保育士などの資格を活かしたい!両立に苦慮する医師家族を支えて社会貢献したい!と思ってくださる方のご参加をお待ちしています!!

お誘い合わせのうえ、お気軽にお越しください。
※2019年度は10⽉末までに32名の保育サポーターが活躍中︕

icon_lol.gifぜひ、子育て支援の活動に力を貸してくださるようなお知り合いの方に、開催をお知らせください♪

長崎医師保育サポートシステム
 保育サポーター募集!説明会&研修会(DVD受講)開催!
 ◆日時:第1回 2019年12月16日(月) 9:30~12:30
     第2回 2020年 1月31日(金)14:30~17:30
  
※どちらかにご参加ください。ご都合が合わない方は、センターへご相談ください。
 ◆場所:長崎大学病院 多目的指導室 中央診療棟2階
  ※駐車場は患者さん優先のため、なるべく公共交通機関でお越しください。

 ◆DVD視聴内容
  ・システムの概要
  ・子どもの心の発達や、病気時のホームケア

 ※説明会・研修会にてシステムの詳細をご確認後、保育サポーター登録の可否を
  決めていただいて構いません。

 ◆申込方法 各回開催日の前日までに電話またはメールにて、
       お名前(ふりがな)と電話番号をお知らせください。
 
※メール申込の方には、申込受理の返信メールを送ります。
  数日経っても返信がない場合は、お手数ですが、センターへお電話ください。

<お問い合わせ先>
 あじさいプロジェクト事務局
 長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンター コーディネーター:有馬
 お問い合わせフォームはコチラ

保育サポートシステムの詳細はコチラ 活動報告はコチラ

2019年11月14日

長崎大学ダイバーシティ推進センターより、キックオフセミナーのお知らせです。

長崎大学は、平成27年度に採択された文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)」に引き続き、2019年度文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(先端型)」に採択されました。

事業開始にあたり、男女関係なくみんなが自分らしく生きていけることがダイバーシティであり、誰にも遠慮せずとことん頑張れる社会の実現を目指し、また、長崎大学で働くすべての人々がそれぞれの能力を十分発揮できる「ダイバーシティ・マネジメント」について考えるキックオフセミナーを開催いたします。皆様のご参加をお待ちいたしております。
※本セミナーに関心のある方はどなたでも参加いただけます。

【日 時】 2019年12月16日(月)13:30~15:30(開場13:00~)
【会 場】 長崎大学文教キャンパス 中部講堂
【対 象】 長崎大学教職員・学生、一般の方
【プログラム】
 [開会挨拶] 河野 茂 長崎大学学長
 [来賓挨拶] 文部科学省 科学技術・学術政策部 人材政策課(予定)
 ●基調講演
 「男女共同参画はゴールか ツールか?」
 <講師>
 上野 千鶴子 氏 東京大学名誉教授
          認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク理事長
 プロフィール:富山県生まれ。京都大学大学院社会学博士課程修了。平安女学院短期大学助教授、シカゴ大学人類学部客員研究員、京都精華大学助教授、国際日本文化研究センター客員助教授、ボン大学客員教授、コロンビア大学客員教授、メキシコ大学院大学客員教授等を経る。1993年東京大学文学部助教授(社会学)、1995年から2011年3月まで、東京大学大学院人文社会系研究科教授。2012年度から2016年度まで、立命館大学特別招聘教授。2011年4月から認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)理事長。
専門は女性学、ジェンダー研究。この分野のパイオニアであり、指導的な理論家のひとり。高齢者の介護とケアも研究テーマとしている。

 [閉会挨拶] 吉田 ゆり 長崎大学副学長

【お申込み、お問い合わせ】
 ダイバーシティ推進センター TEL:095-819-2179 FAX:095-819-2159
 Webサイト申込みフォーム  https://www.cdi.nagasaki-u.ac.jp/top_seminar/

長崎大学ダイバーシティ推進センターより、市民公開講座のお知らせです。

近年、女性活躍を積極的に進めている企業や団体が増えてきました。しかし、女性は働きながらも、家事・育児の主体となっている状況、さらに職場や地域社会の主要ポストのほとんどを男性が占拠している状況が女性の活躍の機会を拒んでいます。また、「男性は外で働き、女性は家にいて家事育児」という伝統的な性別役割分担は、女性の社会進出を阻むだけではなく、男性が疲弊し、生きづらさを抱えることにつながります。
皆が生き生きと活躍できる長崎をつくることについて、株式会社A and Live代表取締役 髙田 明氏からご講演をいただきます。どうぞこの機会に、長崎の未来を考えてみませんか。

【日 時】 2019年12月10日(火)15:30~17:30(開場・受付15:00~
【会 場】 長崎大学文教キャンパス 中部講堂
【対 象】 一般市民(長崎大学教職員、学生を含む)
【プログラム】
 ●基調講演
 「夢持ち続け日々精進~変える勇気と行動を~」
 <講 師>
  髙田 明 氏  株式会社 A and Live 代表取締役
  プロフィール:2015年に「株式会社 ジャパネットたかた」の代表を退任し、同時に
  「株式会社 A and Live」を設立。2017年には、プロサッカークラブ「株式会社 V・
   ファーレン長崎」の代表取締役社長に就任。

【お申込み、お問い合わせ】
 ダイバーシティ推進センター TEL:095-819-2179/2889 FAX:095-819-2159
 Webサイト申込フォーム   https://www.cdi.nagasaki-u.ac.jp/public/

2019年10月16日

長崎大学ダイバーシティ推進センターより、LGBTフォーラム開催のお知らせです。

講演やパネルディスカッションにより、性的指向や性自認の多様性や今の課題について当事者の生の声をお聞きし、お互いを尊重し合う社会づくりを一緒に考えてみませんか。
※長崎大学内だけでなく、地域のみなさまのご参加もお持ちしております。

【日 時】 2019年11月20日(水)13:00~16:30(受付12:30~)
【会 場】 長崎大学文教キャンパス 中部講堂
【対 象】 すべての方
【内 容】
 (1)講演「児童・青年期における性的指向と性別違和」を学ぶ
    講師 日高 庸晴 氏(宝塚大学看護学部 教授)
   〈プロフィール〉
    宝塚大学看護学部教授、日本思春期学会理事、厚生労働省エイズ動向委員会委員
    法務省企画の人権啓発ビデオの監修や、文部科学省が2016年4月に発表した性的
    指向と性自認に関する教職員向け資料の作成協力、文部科学省幹部職員研修、
    法務省の国家公務員人権研修、人事院のハラスメント研修などの講師を務め、
    国や自治体の事業に従事している。

 (2)パネルディスカッション
    4名のパネリストが登壇し、それぞれの思いを語ったり今の課題や互いが生き
    やすい社会づくり等について協議します。
  [パネリスト]
    儀間 由里香 氏:Take it ! 虹 代表
    健崎 まひろ 氏:佐賀大学 CARASS 代表
    晃  眞智子 氏:LGBTの家族と友人をつなぐ会
    石川 于津子 氏:株式会社ウエディング石川 常務取締役
  [アドバイザー]
    日高 庸晴 氏:宝塚大学看護学部 教授
  [コーディネーター]
    中島 ゆり 氏:長崎大学ダイバーシティ推進センター 副センター長 准教授
【申込方法】
  県の人権・同和対策課あて
  電話 :095-826-2585
  メール:s03080*pref.nagasaki.lg.jp(*をアットマークに変えて送信ください)
  ※詳しくは県の人権・同和対策課ホームページをご覧ください。

主催:長崎県、長崎県教育委員会  共催:国立大学法人長崎大学

2019年5月29日

県内の医師へ育児支援(一時預かりや送迎など)を行う「保育サポーター」を幅広く募集するため、説明会および研修会を行います。

ご自身の子育て経験や保育士などの資格を活かしたい!両立に苦慮する医師家族を支えて社会貢献したい!と思ってくださる方のご参加をお待ちしています!!
お誘い合わせのうえ、お気軽にお越しください。※ご都合が合わない方は、センターへご相談ください。

icon_lol.gifぜひ、子育て支援の活動に力を貸してくださるようなお知り合いの方に、開催をお知らせください♪

2019年 長崎医師保育サポートシステム
 保育サポーター募集!説明会・研修会同時開催!
 ◆日時:2019年6月13日(木)13:30~16:00
 ◆場所:長崎大学病院 第一会議室 中央診療棟2階

 ◆プログラム (敬称略)
  13:30~ 説明会
   
南 貴子 長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンター 副センター長
   瀬戸 牧子 長崎県医師会 常任理事
  14:00~ 研修会
   
すくすく支援セミナー ~赤十字幼児安全法~
   樺山 智子 日本赤十字社長崎県支部 参事

 ※説明会・研修会にてシステムの詳細をご確認後、保育サポーター登録の可否を
  決めていただいて構いません。

 ◆申込方法 6月10日(月)までに電話またはFAXにて、
       お名前(ふりがな)と電話番号をお知らせください。
 
※FAX申込の方には、申込受理の確認として、記載の電話番号に
  センターからご連絡します。数日経っても連絡がない場合は、お手数ですが、
  センターへご連絡ください。誤送信には、十分ご留意ください。

<お問い合わせ先>
 あじさいプロジェクト事務局
 長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンター コーディネーター:有馬
 お問い合わせフォームはコチラ

保育サポートシステムの活動報告はコチラ

1 2 3 4 6