イブニングシッターサービス

長崎大学病院職員および関連病院に所属する医師を対象に、子育て中の職員の皆さんが、夕方~夜間に院内で開催されるセミナーや勉強会などへ参加される際にご利用ください。

実施の概要につきましては案内状、チラシをご覧ください。
対象となるお子さんは、乳児から小学生までで、利用は1週間前までの事前申し込み制となります。利用料は無料です。

託児場所:長崎大学病院 外来棟4F 小児科キッズルーム

勉強机・簡易ベッドの準備もできます。
 

詳しくは、当センターまでお問い合わせください!

※ 申し込み・問い合わせ先
長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンター
E-MAIL:info01アットマークnagasaki-ajisai.jp
      (「アットマーク」を「@」に換えて下さい)



(クリックで拡大)

案内状PDFはコチラ
託児申込書のPDFはコチラ
託児申込書のワード文書はコチラ

 

 ◆利用者の声
 昨年度から利用している、4歳児の母です。
以前は夕方から始まる勉強会や説明会へ出席する際、24時間保育所などを利用していました。普段と違う環境を嫌い、泣き叫ぶ子供に申し訳ない気持ちをいだきつつ・・・。
そんな中、イブニングシッター開始のポスターを拝見し申し込みました。初回から泣かず、大変楽しい時間を過ごせました。先生は毎回異なる遊びを準備してくださいます。
今では、「ママのお仕事の保育園は次いつ行ける?」と楽しみにしています。このような素晴らしいシステムを無料で提供してくださり、本当に助かっています。悩んでいらっしゃる方は、是非利用されてみてください。心からお勧めいたします。

 私は普段は子連れで研究生活を送っています。
しかし講演会や勉強会となると、さすがに月齢の低い子供を連れて行くことができません。
私の実家は遠方で、夫も医師であるため、近くに頼りになる人もいませんでした。
そこでイブニングシッターなるものを知り、まずは気軽な気持ちで利用させてもらいました。病院内に子供を預けるため移動距離も少なく、担当のシッターさんもベテランで、仲介してくれたメディカル・ワークライフバランスセンターの託児担当の方も柔軟に対応してくださり、(おまけに無償)勉強会に参加できました。おかげで夢や目標、医師としての使命感を持ちながら子育てをすることができます。

 医局事務補佐員で6歳の娘がいます。
初めて利用させていただきました。
お魚釣りゲーム、的あてゲーム、ビーズ、折り紙と色々な遊びをしてくださり、とても楽しかったようで、お迎えに行った時は「まだ遊びたい~。明日も来る~。」と、なかなか帰りたがりませんでした。
医師だけではなく、全職員が利用することができて大変ありがたいサービスだと思います。また機会があれば、是非利用させていただきたいと思います。

 →イブニングシッターサービスの情報はこちらで随時更新しております。
ぜひご覧ください。