プロジェクトメンバー

 準備中
南 貴子

医学博士
循環器専門医
日本医師会認定産業医
長崎大学病院郡臨床研修指導医

 こんにちは、平成26年4月からメディカル・ワークライフバランスセンターの副センター長として仕事をしております。平成4年長崎大学医学部卒業後、循環器内科を専門として、現在は超音波センターでの心エコーの仕事を兼務しております。

 女性医師が3割超の時代となり、いろんなロールモデルを見つけることのできる時代です。情報収集の場として、あじさいプロジェクトを活用いただきたいと思います。女性医師をはじめ、あらゆる職種の医療人が、いろんなライフイベントを迎えても、自分らしく働き続けることができる長崎県、長崎大学病院にしたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

佐藤 荒樹

長崎県福祉保健部医療人材対策室医師確保推進班 参事 

 みなさん、こんにちは。平成30年4月から「あじさいプロジェクト」メンバーとして、行政部門から参加させていただいております。今や全国的に働き方改革が叫ばれる中、それに先駆けて平成24年4月から県内の医師の仕事と生活の両立を実現するための支援と、その環境整備を推進されていることに対し、深く敬意を表します。

 本県は、人口10万人当たりの医師数で見ますと、全国平均を上回っておりますが、小児・周産期医療の分野や、離島をはじめとする都市部以外の地域では医師確保が難しい状況が続いております。このプロジェクトを通して医師の勤務環境が改善され、県民の方々が安心して医療を受けられる長崎県を目指して頑張りたいと思います。

園田 亜紀

長崎県福祉保健部医療人材対策室医師確保推進班 係長 

 みなさん、こんにちは。県からプロジェクトに参加させていただいております。

 長崎県は、自然豊かな離島に囲まれ、オンリーワンの魅力があります。住みたい地域の条件の一つに医療サービスがありますが、離島やへき地での医師確保はまだまだ取組が必要です。

 メディカル・ワークライフバランスセンターでは、細やかな相談対応や両立支援、復職サポートなど、関係医療機関と連携して精力的に取り組んでおられますが、安心して働ける環境が整備されることは、優秀な人材が集まり、医師がやりがいを持って医療にあたることにつながります。これにより、質の高い医療が安定的に提供され、地域の人々が安心して暮らしていくことができます。

 働き方改革により、センターの活動は今後ますます重要になってくることかと思いますが、県内の医師が長く働き続けられるよう一緒に頑張っていきたいと思います。

 →スタート時や以前のプロジェクトメンバー